2017年 12月 11日

五柳


五柳の万年青鉢です。
久し振りに入荷しましたが
園に持ち帰る前に
商談済みに
少しは、楽しませて頂きたかったが
これだけは、しょうがあるまい。

しかしいつ見ても素晴らしい
江戸後期に焼かれた作品だが
こうゆう魂の入った絵付けを見てしまうと
現代のものが、オモチャに見てしまう。

ましてや、プラスチックの鉢に
入れられている蘭を見ると
可愛そうで見て居られない。


古典園芸を趣味とするなら
本物を見て勉強して
この世界の本質を
見直して頂きたいと思う。

好きになって購入した大事な蘭を
少し増えたら、ちぎってヤフオク〜
そんな実利ばかりを考えている方には
本物の世界には、
一生辿りつけないのでは
あるまいか?

江戸時代の旦那集に
見ていられても、
恥ずかしくない数寄者、商人に
成ろうではないか。

繊細で真面目に描いた
芸術的な作品を見て居ると
こちらの背筋も
ピリっとしてしまい
襟を正さなくてはと
思ってしまうのだった。

園主


c0211318_12532751.gif



# by 0130hide | 2017-12-11 07:53 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 10日

竹本蘭鉢


氷裂青磁亀甲雲鶴蘭画文下方

明治の陶工 竹本隼太の蘭鉢
釉薬の味を楽しむ竹本には珍しく
絵付けの入った逸品です。

繊細で品の良い亀甲雲鶴と
春蘭の花の絵付け

金彩にて王者の香と
描かれております。

こちらの商品は
お問い合わせください。

園主

c0211318_10472527.gif



# by 0130hide | 2017-12-10 10:46 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 12月 08日

御鉢拝見


佐野大助の
五彩 東海道五十三次 揃い

友禅染めの職人さんが
盆栽鉢に描いた世界

関西で、富貴蘭を拝見後
拝ませて頂いてきました。

さすがにまとめて見せられると
迫力がある。

作家の意気込み
魂が何か訴えてくる
空気感が凄い

これをオーダーされた旦那さんは
どんな遊び人だったのか

描いた作家も
どんな遊び心があった方なのか
色々想像してしまいます。

作家の魂の入った名作と云うのは
そう何点もあるわけではないし
脂ののった作品も
限られるものです。

私も、五十三歳なのですが
やっと日本橋から
京都に着いたくらい
人生の折り返し地点かなと

さて次の宿場は、どこになるのか
どこに向かうのか

本日は、お客様と忘年会ですので
今年一年も、振り返り

これからの方向性を
模索したいと思っております。

園主



c0211318_22135694.jpg

c0211318_22135853.jpg



追伸

こちらは今年販売させて頂きました
天樹の親木です。
最高の縞柄の物と
覆輪になりそうな木と
二鉢嫁に出しましたが

お買い上げ頂きましたお客様への
参考画像になります。

縞柄の天樹から
覆輪の天優が生まれている状態です。
参考にして頂けましたら、幸いです。

魅力のある蘭でしたので、
交渉させて頂きましたが
最後の一鉢になりましたので
栽培されるそうです。

そりゃそうですよね・・
言った私が、野暮でした・・・

増えた時には、また
お願い致します。



c0211318_22140031.jpg

c0211318_22140285.jpg



# by 0130hide | 2017-12-08 08:13 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 07日

冬支度

師走入って
夜温が10度を切る様になってきました。
ぼちぼち冬越しの準備に入ります。
来年の春から順調な成長を望むのなら
しっかりとお休み期間を設けてる事も
大事ですね。

昼間の温度があまり上がらない様にします。
昼と夜の温度差が出来るだけ無い様に
するのがいいと思います。

天井には90%の遮光ネット
棚は、断熱材で囲います。
ベッドの下には農電マット
5℃キープするようにサーモをセット
温度が高くならない様に
昼間は、窓を開けてます。

昔風の栽培では、
水を切ったりしますが
当園ではしません。

冬も1週間に一度くらいは
タップリかけます。
ただ出来るだけ乾かない様な
環境にした方がいいですね。

春の芽出しは、最低が12℃
最高が25℃
このくらいの温度差を蘭が
感じると動き出します。

休眠期はこの温度差に近ずかない様に
しないといけません。

昼と夜出来るだけ一定にするのが
理想的です。

園主

c0211318_10223089.gif
c0211318_10225290.jpg

c0211318_10225454.jpg

c0211318_10225619.jpg



# by 0130hide | 2017-12-07 10:21 | 蘭亭 コラム
2017年 11月 30日

駿河湾から富嶽を望みながら

鯛を釣る

毎度お馴染み
山梨の親分

今日は3キロオーバーをゲット
これは、今年の最高記録

目出鯛出来事なので
皆さまにも、ご報告

これで
来年も良い年を迎えて
頂きたいですよね。

下のチビ鯛は
息子さんが初めて釣ったもの
おめでとう御座います。
祝㊗️

園主



c0211318_14365847.jpg

c0211318_14365991.jpg

c0211318_14370115.jpg



# by 0130hide | 2017-11-30 14:36
2017年 11月 28日

楽しみたいなら、眼を肥やす。

古典園芸は
学術的分類は
あまり役に立たない世界

c0211318_10060681.jpg


骨董品の中で
例えば、焼物
釉薬の溶け具合や
雰囲気が大事で

一概にに時代が古ければ
価値が高い訳ではない

伊万里にしても
信楽にしても
九谷にしても
備前にしても
出来のいい物と
出来の悪い物と
千差万別です。

作家物にしても
出来のいい物もあれば
良くない物もある
c0211318_10040761.jpg

富貴蘭
一番大事なのは雰囲気
あまり学術的分類を
するものではないし
それに頼っても駄目だ

蘭の名前だけに
踊らされるのも
絶対に駄目

専門書等で
少しかじったくらいで
初めて2〜3年の方々が
一番危なっかしくて
見ていられない。

ヤフオクで餌食に成っても
其れは、自業自得と云うもの

この世界には、昔から
偽物を売る日曜商人は
山ほどいらっしゃっるし
骨董界での偽物の多さは
蘭界の比ではない。
c0211318_10071647.jpg

業者と趣味者の境が
ハッキリしていない世界だから
こうゆう落とし穴も
あるんですね。

業者も趣味者も
現物を沢山見て
眼を養うしか
無いんですね
c0211318_10092192.jpg

わたくしも
日々精進して
騙されない様にしないと
いけませんね。


園主
c0211318_10073967.jpg



# by 0130hide | 2017-11-28 07:30 | 蘭亭 コラム
2017年 11月 27日

建国殿白覆輪

通称、建白冠と呼ばれる
建国の白覆輪

下葉は墨が強く焼けているようです
元々端正な葉型で
雰囲気の良い姿ですので
覆輪に成っても
カッコイイですね。

覆輪に成って来ると
やや太刀葉に変化してきております。

細い葉型ですが
肉厚なのが
金牡丹系、建国系

葉幅が広く
雰囲気がいいのは
大江丸、豊明殿
ではないかと
思いますが…

こちらの商品の価格は
販売済み
になります。

園主


c0211318_09142291.jpg

c0211318_09142349.jpg

c0211318_09142481.jpg

c0211318_09142555.jpg



# by 0130hide | 2017-11-27 09:14 | NEW MODELS SALE
2017年 11月 26日

建国系芽変り

前回に引き続き
建国系の変わった個体を
ご紹介しますね。

親木は、中通しの割とハッキリとした縞
子が抜けのイイ中透けです。

明治、大正時代に出現したなら
これが本当の五十鈴川なんだよ
なんて呼んでいた
かもしれませんね

伊勢神宮の横を流れる川の名前とは、
天晴れ、天晴れ
カッコイイ命名ですよね。

でも、昭和の五十鈴川の解説には
羆と同じ木で
環境に寄って柄の冴えたものと
あります。

さてこちらは、
建国個体から出たものですが
羆錦建国(ルビー根の出ないタイプ)
と思っております。

前作者様は、ルビー根を確認済み
と云う事ですが
来年の春に再確認してみたいと
思っております。

何処かの商人さんは、
このタイプを五十鈴川と
ラベルに記載されていたのを
思い出します。

いずれにしても
この抜けのイイ柄で
ルビー根が出てきましたら
また新ジャンルのご登場と云う
事になるかと思います。

園主


c0211318_14111422.jpg



# by 0130hide | 2017-11-26 05:10
2017年 11月 25日

No 1 系 建国殿 建国羆付き

じぃ〜と眺めていると
ワクワクドキドキする
建国羆付き
No 1系

親木の柄筋がとてもいい
何がイイかと云うと

縞が葉先迄抜けていないで
止まっているところ
プロは、こうゆうところに、
こだわります。

つまりこれから出て来る子も
中透けを出しやすい
とても上等な縞質の個体なのです。

親の縞柄は、最高のレベル
綺麗で美しいです。

金牡丹黒牡丹系変化種と
建国 系羆系変化種

この二つの分野の人気は
永遠に不滅でしょう。

何故なら、私達数寄者の想像を超えて
無限に変化し続けており

今までの富貴蘭界の定義の枠の外に
ある個体が、まだまだ沢山あるからです。


こちらの商品の価格は
¥800,000-になります。

子の羆芸は、株分け出来るだけの
根がありますが
このまま栽培して
頂けるお客様に
販売させて頂きたいと思います。

ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

園主


c0211318_09295689.jpg

c0211318_09295724.jpg

c0211318_09295969.jpg

c0211318_09300387.jpg

c0211318_09300410.jpg



# by 0130hide | 2017-11-25 09:29 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 11月 22日

出石焼き


白磁陽刻に
染付け
雲足が可愛い

大きさは、3,3寸位で
使い勝手が良さそうです。

こちらの鉢の価格は
¥65,000-


中の亀金
¥150,000-

になります。

園主
c0211318_13190959.jpg

c0211318_13191192.jpg

c0211318_13191226.jpg

c0211318_13191371.jpg

c0211318_13191466.jpg



# by 0130hide | 2017-11-22 13:18 | NEW MODELS SALE
2017年 11月 16日

天領

三本子付きになります。
親の天葉が最上で上がって来ました。
小さい子も、柄がいいですよ。

大きな子二本が
派手と地味です。

宮崎県綾産
天領、月輪、龍泉、共に
昔は高千穂の縞と言っていた時代がありましたが

今は区分けもしっかりとついております。
中でもこの天領は
覆輪に成るとかなり高価な品種です。

綾産らしい湾曲葉
梨子地の葉地合いに
卵黄色の縞が、
とても美しい品種になります。

こちらの商品の価格は
¥135,000-
になります。

商談済み

園主


c0211318_14463452.jpg

c0211318_14463691.jpg

c0211318_14464476.jpg

c0211318_14464690.jpg















# by 0130hide | 2017-11-16 06:46 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 11月 14日

初心者さまに

今日は地元のお客さんが
まだ初心者だった頃に
購入して作っていた蘭を
何点かご紹介します。

これから富貴蘭をはじめて
みようと思っている方向きの商品です。

富貴殿
¥ 30,000-
販売済みになりました。
地元のお客さん自然作りの蘭です。
後々作りやすと思います。



c0211318_10235526.jpg



満月

同じ作者の蘭です。
子はまだ派手ですね。

¥30,000-

販売済みになりました。
c0211318_10235695.jpg


金広錦

¥15,000-
ご予約頂きました。

柄の良い株です。
c0211318_10235786.jpg

c0211318_10235943.jpg

金孔雀

¥20,000-
ご予約頂きました。

20本以上はあると思います。
柄も良く出て綺麗ですね。


c0211318_10292128.jpg



豊明殿

¥25,000-

販売済みになりました。
かなり作り込んだ株
20本以上はありますね。
実生だと思います。
c0211318_10292272.jpg



# by 0130hide | 2017-11-14 10:23 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 11月 09日

鉢にこだわりませんか?その三

九谷赤絵金彩山水図

主に描かれているのは松
九谷らしい細密画の鉢です。

覆輪の連城丸を合わせてみました。
富貴殿や満月なんかにも
映りがいいと思います。

こちらの商品の価格は
¥65,000-
なります。
ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。


c0211318_10554659.jpg

c0211318_10554819.jpg

c0211318_10555058.jpg

c0211318_10555297.jpg



# by 0130hide | 2017-11-09 10:55 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 11月 08日

鉢にこだわりませんか? その二

千野さんの透かし鉢
縄縁白胴
サイズ⒊3寸

地味な色の鉢が多い作家さんですが
この鉢は、明るめの色なので
気に入って入れてきました。

最近、千野さんは、
お米作りが忙しいようで
年間数鉢しか作っていないようです。

現状、入手し難くなっている
おります。

3本立ちのコンパクトな蘭でも
丁度いいサイズです。

¥75,000-
ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。


c0211318_09385263.jpg

c0211318_09385475.jpg

c0211318_09385618.jpg



# by 0130hide | 2017-11-08 07:00 | NEW MODELS SALE
2017年 11月 07日

鉢にこだわりませんか?


藤掛雄山
瑠璃釉円窓五彩山水図
サイズ⒊8寸
こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。
¥45,000-

足の作りがシャープで
カッコイイです。
深みのある瑠璃釉は
黄縞や、牡丹芸の富貴蘭を
引き立ててくれるでしょう

小品盆栽の鉢を作っている
作家さんです。

金牡丹なら5-6本立ち以上
黄色の強い縞、覆輪に映りがいいと思います。


園主
c0211318_09160389.jpg

c0211318_09160516.jpg

c0211318_09160713.jpg



# by 0130hide | 2017-11-07 09:14 | NEW MODELS SALE
2017年 11月 03日

お棚拝見 東北

トゲトゲサボテンの横で
富貴蘭を栽培されている
お客様の所に遊びに行って来ました。

多肉とトゲトゲは、40年以上のベテラン
多肉業者さんなら誰でも知っているという
富貴界では、後藤アニキみたいな存在
Sさんのお棚です。

c0211318_09064239.jpg


三香園さんから来た黒牡丹と
当園から嫁入りした亀金
c0211318_09064660.jpg


円窓も子供を沢山産んでますね。
c0211318_09065147.jpg


ナンバー1系の黒牡丹
子が分けられるようになったら
お願いしまーす。
c0211318_09065522.jpg

匂威も順調に増殖しております。
奄美の白系がお好きだそうです。

c0211318_09065844.jpg



# by 0130hide | 2017-11-03 09:06 | お棚拝見
2017年 11月 02日

愛くるしい豆葉

不二丸
豆葉では人気の衰えない
舞鶴と肩を並べるレベルの
実生品種

この子、可愛いい!と
女性愛蘭家に人気です。

富貴蘭は、
ジャパニーズ多肉植物
もっともっと
大衆化して行きたいものです。

なんでアフリカのハオルチアや
メキシコのトゲトゲサボテンが
BOOMなのか

当園お客様の中でも、
多肉植物を始めた方が
何人かいらっしゃるのですが
約一年で皆様
富貴蘭や古典植物に
お戻りになりました。

日本人は、やっぱり日本の蘭が
良くないですか?

私は
日本の蘭
日本の女性
が一番好きです

こちらの商品の価格は、
¥45,000になります。
ご予約頂きました。

園主

c0211318_09275896.jpg

c0211318_09280014.jpg

c0211318_09280208.jpg

c0211318_09280495.jpg


日本が一番と言いながら
お店の番犬は
ミニチュアシュナウザー
ドイツかな

ブリーダーさんが
人間の脳を持つ犬と言っておりましたが
そんな事は、ありませんでした。

でもヤマトのお兄さんが
配達に来た時は
とても便利です。


カットは私がやってます。
今度タテ髪、モヒカン風に
しようと思ってます。
また画像をアップしますね。

うちの特別貴品  チャコ♀
c0211318_09491795.jpg




# by 0130hide | 2017-11-02 09:27 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 11月 01日

作って楽しめる実生二点


羅紗系の矮性散り斑縞
紅孔雀の実生からでた散り
覚王山の矮性品種

実生品も此処まで進化すると
中々良いものです。

作るには楽しい蘭
子新芽1つ付いております。

価格は、¥180,000-
になります。

c0211318_08030252.jpg


c0211318_08030597.jpg


翠華殿の実生から出た散り斑
親の翠華殿自体、
葉型がとてもよろしいので
愛嬌満点

春割のウブ木ですので
これから子を沢山出して下さい。

姿の良い株を作る為の
素材としてはよろしいかと思います。

栽培しやすく
価格もお手頃なので、
初心者さまにも
オススメです。

ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。



c0211318_08030634.jpg

c0211318_08030813.jpg





# by 0130hide | 2017-11-01 08:02 | NEW MODELS SALE
2017年 10月 27日

富貴蘭独特の渋さ観



古朝鮮

少々艶消しの豆葉

三光中斑が入っている

そこに墨汁を流し込んで

染まった感じの

飽きの来ない質感

こちらの商品の価格は
販売済になります。

 園主

c0211318_21374980.jpg

c0211318_21375086.jpg

c0211318_21375202.jpg



# by 0130hide | 2017-10-27 21:37 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 10月 26日

兜丸覆輪


艶やかな萌黄色の覆輪

青軸の青根の兜丸

子芽の当たりも含め

3本の子が付いております。

無肥料の自然作りですが

良く出来ております。

こちらの商品の価格は
¥85,000-
になります。
こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

園主

c0211318_05353811.jpg

c0211318_05353936.jpg

c0211318_05354046.jpg



# by 0130hide | 2017-10-26 05:35 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 10月 25日

珍しい物が、入りました。


赤花 猩々の縞です。

とても綺麗で完成度の高い柄です。

お客様のところで、何回も咲いておりますので

折紙付きです。

縞が出て来ると葉幅が出てくるのか

ガッチリとした姿になっております。

こちらの商品の価格は
ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

園主

c0211318_09262803.jpg

c0211318_09262946.jpg

c0211318_09263042.jpg





# by 0130hide | 2017-10-25 09:26 | NEW MODELS SALE
2017年 10月 23日

於多賀中斑



夜中、台風が去って

今朝は、秋にしては割と強い日差しが

蘭小屋にの中に降り注いでいる

蘭の根がまた成長し始め

私の普段の生活にも

活力を与えてくれる



若い時、蘭を大事にして養うと

老いてから蘭に養って貰える

と言う言葉を

誰が最初に言ったか、知らないが…

養うと云う事は

人間の生活そのもの

世のミセス達も

子供達に手が掛からなくなると

パンジー買ってプランターで

楽しみ出したり

メダカや金魚に

ご飯をあげたり

最近では、多肉植物でしょうか

富貴蘭、東洋蘭は

大人の男達の限定になりますね。



作り難くて
枯らす方の多い品種

長生蘭の於多賀中斑です。


この品種を養い切ったら
本物になれます。

2鉢入荷しました。
我と思う方は、お問い合わせくださいませ。

園主


c0211318_10521363.jpg

c0211318_10521534.jpg

c0211318_10522647.jpg

c0211318_10522849.jpg



# by 0130hide | 2017-10-23 10:51 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 10月 21日

小さいのから育てていくのも

とても楽しいものです。

今日は、金孔雀の縞

親木は天葉が飛んでいる
子は、発色も綺麗で
とても元気

秋は、建国殿も綺麗になるけど
そのせいか、こうゆう感じの色目の品種に
眼が行ってしまいがちだ。

プリっとしていて可愛い
こちらの商品の価格等は、
お問い合わせくださいませ。

園主



c0211318_12021701.jpg

c0211318_12021873.jpg

c0211318_12022097.jpg

c0211318_12022302.jpg

親はこんな感じです。
c0211318_12022580.jpg



# by 0130hide | 2017-10-21 05:02 | NEW MODELS SALE
2017年 10月 20日

秋にイイ感じになってくる品種


緑彩宝は、天冴え
こちらの賀宝は、後冴えです。

秋になって紫外線が強くなるのと
寒暖の差により柄の浮いてくる建国殿と
同じような縞柄の性質

ぱっと見美しい緑彩宝と
対象的な味わい深い雰囲気です。

子4本がバランスよく出てきました。
親木は櫛目縞です。

こちらの商品の価格等については、
お問い合わせくださいませ。

園主

c0211318_06550175.jpg

c0211318_06550254.jpg

c0211318_06550467.jpg



# by 0130hide | 2017-10-20 06:54 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 10月 19日

大きな丸い窓


円窓

奄美系の一世を風靡した品種です。
来年の銘鑑には、新登録される事になりました。

しかし立派な個体
根も充実しているので
来年は沢山の子供を産んでくれそうです。
やっぱり覆輪ものは
この位地味でなくては
安心して作できませんね。

因みにこの娘は、今年の日本富貴蘭会
美術品評会にて雛壇に上がった株立から
割った子です。
紅の美しさ抜群の綺麗な株立でしたが
無理を聞いて頂き分譲
先日当園に嫁に来てくれました。

栃の葉書房さんの季刊誌
伝統園芸にこの秋に掲載されております。

こちらの商品の価格は
ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。




園主

c0211318_13164222.jpg

c0211318_13164475.jpg

c0211318_13164663.jpg

c0211318_13164800.jpg

c0211318_13165027.jpg



# by 0130hide | 2017-10-19 13:16 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 10月 17日

贅沢な富貴蘭 セット

金、 白 、 黒  、牡丹

金は金でも、亀金さま
亀金さまは
墨の少なく
葉肉あつく
大型になるタイプです。

親の天葉が抜けて
4本の子が出て来ました。
勢いのある元気な木です。

こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

園主


c0211318_08383336.jpg

c0211318_08383413.jpg


白牡丹は真砂系です。
下葉に縞がありますが、
上の三枚の葉は
真っ白
血統がイイものは
新芽の出始めは紺覆輪で出て来ます
この木の下葉も
そのなごりが残っております。

¥580,000-

c0211318_08383590.jpg

c0211318_08383623.jpg


大型の黒牡丹です。
左右バランス良く子が出てくれました。
大型の割に墨も程よく入っております。
兄弟木は、イイ縞が入り出して
全国各地に嫁に行きました。
現状は縞がすこーしですが
栽培しやすい個体ですので、
将来性は期待出来ます。

¥155,000-
c0211318_08383979.jpg
c0211318_08473715.jpg

贅沢セット価格
¥850,000-


園主
クオリティーの高い富貴蘭を探すのも
中々大変でなことです。
ヤフオクとかで、品質のわるいものや
紛い物を掴んでしまうと
やる気もなくなります。
そんな遠回りをして泣きを見ている趣味家さんも
沢山いらっしゃるようです。
ヤフオクでは、園の看板をあげている業者さん
出来れば、日本伝統園芸協会加盟店
をお勧め致します。
愛蘭家さん同士の取り引きの中には、
偽物の増え木が、偽物のまま流通している
時も沢山あります。

奥行きの深い蘭の世界
末永く楽しみたい趣味だからこそ
良いパートナーを
見つけてください。
楽しみ方も倍増すると思います。











# by 0130hide | 2017-10-17 08:36 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 10月 16日

漆黒牡丹

墨のイイ香りのする金牡丹
親は豆葉の様な姿
半年くらい水を掛けて来ましたが、
成長速度もまずまずで
作り難い感じもありませんでした。

金牡丹は、年2回花がくる事がありますが
これも健康的な証拠かな

墨の無い大型が好きか
味わい深いこんな蘭が好きか
好みの別れるところです。

私は、最近見る事が少なくなった
こうゆうタイプ、結構好きです。

こちらの商品の価格は、
¥180,000-になります。

やっぱり
金チャン、黒チャンは
色々なタイプがあるので
栽培中の変化が楽しい品種ですよね。

ああそれと、建チャンもね‥‥

園主

こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

c0211318_07264448.jpg

c0211318_07264585.jpg

c0211318_07264643.jpg

c0211318_07264746.jpg



# by 0130hide | 2017-10-16 07:26 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 10月 15日

短冊屋

短冊屋万年青鉢

富貴蘭に合いそうな京楽の古鉢です。
渋く控えめの雰囲気は、
合わせる蘭を選びません。
古典植物ーーーはやっぱり
楽ですかね。

こちらの商品の価格等については
お問い合わせください。

園主
c0211318_12432226.jpg

c0211318_12432448.jpg

c0211318_12432779.jpg



# by 0130hide | 2017-10-15 07:37 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 10月 14日

粘り負けた‥

お気に入りの金牡丹櫛目黄縞です。
画像では、あまり良く見えないと
思いますが
千筋の櫛目

半年以上水を掛け
陽に当てたり
風の加減も調整し
肥料と活力剤もまめにあげて
今年のめちゃ暑い夏を乗り越えて
来た

このレベルって
全国区の私でも
中々巡り会えない逸材

非常に愛着が湧き
出来れば、まだ作りたかった‥‥

株立ちにしたかったなぁ

イイ芽当たりが両サイドに出て来て
これからと云う時だっただけに

お客様の熱意に負けました。

最近、趣味家気分の
園主でした。

c0211318_18531860.jpg

c0211318_18532203.jpg



# by 0130hide | 2017-10-14 07:33 | 蘭亭 コラム
2017年 10月 13日

山水赤絵京焼六角鉢

山水赤絵京焼六角鉢

火屋留め縁のある御庭焼タイプの富貴蘭鉢

緑釉の鬼面足がアクセントになっていて
良い雰囲気を醸し出すております。
以前紹介させて頂きました、
瑞芝の赤絵の鉢と
ほぼ同サイズ
よくある偕楽園鉢と比べると
一回り小さくて
富貴殿、万月クラスのボリュームの蘭ですと
15本〜20本立ち位の
美術株に合いそうです。

白系、黄系、青物
どれにも合うと思います。

貴方の作った蘭に
いつか晴れ着をきせてあげて下さいませ。

こちらの商品の詳細につきましては、
お問い合わせください。
園主
c0211318_08591528.jpg

c0211318_08591777.jpg

c0211318_08591916.jpg



# by 0130hide | 2017-10-13 08:45 | 古美術鉢