2011年 09月 18日

コラム その5  *朝顔の絵日記*

コラムと称して、言いたいことを勝手に書き綴ったが、少々ネタ切れ。
何か良いネタは無いかと、グーグルで「富貴蘭」と検索をかけてみた。

業者のホームページは飛ばし、趣味者と思われるブログを覗いてみる。

栽培日記の様なものが多かった。
とても面白い。
小学生の時に、朝顔の種を撒いて、観察絵日記をつけていた、あの頃を思い出し、懐かしく、童心に戻った感覚だった。

蘭を手に入れ、それが数年に渡り、大きく育って行く画像が、パラパラと展開して確認出来るサイトもあり、参考になる。

おもわずサイトの蘭が欲しくなってしまった、何故だろうか。こんな1本立ちを買って、大事にしてあげると半年後はこうなります。

そして3年後はこんなに素晴らしくなると、画像で見せられると、成長の遅いフウランも、こんなに増えるのと説得力がある。

柄の良く成るもの、派手に成って天葉が枯れると思ったら、下から子が一気に吹き出した。

ホント楽しい。

自分のブログと比較した、完敗である。

先日も高知の後輩に言われた『業者が売ろうとして書いているのと、趣味者の視点で書いているのでは、説得力が違うよ。趣味者が見た時は、同じ趣味者でも、自分よりレベルのちょっと高い人の書いたブログのほうが、共感を得られるでしょう。』

ナルホド。あの時の彼の発言を、今日やっと本気で納得し、心から受け入れた自分がいる。

愛蘭家の方々、大いに富貴蘭の楽しみ、又、その楽しみ方を多くの方々に分けてあげてください。
楽しいブログ、これからも宜しくお願いします。

最近のめざましい富貴蘭人気は、多くのブロガー様方に支えられていたんですね。やっぱり、お客さまは、神さまで御座います。

追伸 公開するかしないかは別として、ご自分のコレクションを栽培記録として、ブログに綴るのもいいものです。

やってみてはいかがでしょうか。

毎日見ていても少しも増えない蘭が、画像に残して振り返ってみると、違いがわかって面白いですよ。

by 0130hide | 2011-09-18 02:13 | 蘭亭 コラム
<< 大会御礼の挨拶 とコラムその6... 大会のお知らせ   静岡富貴蘭... >>