2011年 09月 29日

コラム その8 *老舗*

秋らしくなった今日この頃。

秋は、やっぱり食欲の秋ですよね。

暑くて食欲のなかった頃と一変して、体調も季節に順応するものです。

秋の味覚の一つに、栗があります。

以前、知り合いに頂いて、ハマった*栗鹿の子*と言うお菓子があるのですが、ご存知でしょうか?

明治時代から続く信州、小布施の名産品です。
            obuse

一つの商品で、100年続いているって素晴らしいですよね。

私、老舗が大好きです。

好きと云うか、勉強になるので、たのしいです。

100年続いたと云うことは、100年間、人に必要とされたってことですか。

きっと責任感の有る方達が、守り続けているのでしょう。

店舗も時代感があったり、人にも興味が湧きます。

*栗鹿の子*ネットのオンラインショップで注文しようと思っていたのですが〜

やっぱり行って、老舗の空気を感じてきたいなと思っています。

伊豆からは300km。

お菓子買いに、往復6時間。

100年、300km、人を引きつける*栗鹿の子*  

タダモノではないです。

いや、それを作り、守り続けた方々が、素晴らしいんですよね。

わたくしも、かくありたいものです。

by 0130hide | 2011-09-29 01:12 | 蘭亭 コラム
<<               *... 残雪 淀の松白縞 >>