2012年 08月 20日

◇ 至楽 SIRAKU ◇   販売済みになりました。ありがとうございました。

先日、出張先でのこと

『至楽には野趣がある・・・』と後輩

『野趣って何?』と私

『自然のおもむきってこと、富貴殿とか白牡丹等は完成された蘭、まるで作り物の造花って感じ』

『それはそれで、また良いんだけどね・・・』

『なるほどね・・・春蘭等の花にはそうゆうこと感じていたが、葉芸物にもそうゆうの

 あてはめて表現すかね・・・』

 
 コイツやっぱりただものではないわと関心して帰ってきた。

 花物の交配では、人間の考えでいいとこ取りをして作ることが多いので、

 交配が進むごとに、いやらしくなる。

 結果・・・野趣どころではない。

 似た花でも、山で自然交配、突然変異した物は、どこか足りないけど飽きなかったりするのは

 野趣があるからなのか・・・

 ただの2芸品、3芸品でも駄目か・・・

 

 野趣のある飽きない蘭・・・

 これからは、そんな感覚を感じながら、仕事もたのしんで行こうか・・・

 奄美の自生地を見に行ったのも、自分の中のそんな感覚を目覚めさせてくれたかも知れない・・・。

 



c0211318_22462671.jpg
c0211318_22461229.jpg
c0211318_22455775.jpg


by 0130hide | 2012-08-20 23:23 | 販売済 蘭 美術鉢
<< 手島製縄縁蘭鉢   ◇金樓閣墨◇     販売済み... >>