2013年 06月 11日

漆黒の‥‥京楽

漆黒の鴨黒釉が、しっとりとしていて、

時代感の良い、落ち着きのある楽です。

桃山時代の漆絵の雰囲気が御座います。

三枚の紅葉の葉が、流れのなかに‥‥

以前当代、短冊屋さんのご主人に伺いましたが当時、京には楽鉢を焼く窯は五軒位、存在したそうです。

こちらの鉢、楽鉢としてはかなり初期のものと鑑定させて頂きます。

ほのぼのとして、あっさりした絵を味とみるか‥‥

この鉢を当時オーダーした方は、どんな富貴蘭をコレクションされていたのでしょうか?

あっさりした絵ではないと、上の蘭が引き立たないことも、ちゃんと計算されております。

見る眼のあるコレクターさんではないでしょうか‥‥

このコレクターさんの思惑道理、植わっている蘭を非常に引き立ててくれるいい鉢だと、私も想像致します。

すーっと延びている、足の形もなかなか、よろしゅう御座います。

紅葉漆絵京楽富貴蘭鉢 ⒊8寸
江戸中後期

秋に紅の刺す品種や、建国系統、墨芸のものには、特に写りが宜しいかと思います。

古典園芸品には、やっぱり古い楽デスね。

こちらの商品の価格は、¥ 250,000ーになります。

こちらの商品は、5/12 ご予約頂きました。ありがとう御座いました。 園主

c0211318_23502763.jpg

c0211318_23502839.jpg

c0211318_23502921.jpg

c0211318_23503015.jpg

c0211318_23503068.jpg

c0211318_23503110.jpg

c0211318_23503155.jpg

c0211318_23503293.jpg


by 0130hide | 2013-06-11 22:58 | 販売済 蘭 美術鉢
<< 樹上の蘭に美学を求めて・・・白... 至楽を検証・・・その2 >>