2013年 06月 15日

初期の作品…駿河山正

小品盆栽の鉢を焼かれていた山正さん。

もう25年前になりますか、富貴蘭鉢を焼いてみないかと、私がオーダーさせて頂いたのが始まり…

常滑の土を使い形成し、半生の状態で彫り込みます。

型で造ったものとは、彫った時のエッジの鋭さが違います。

後には御本人も色々研究されて、透かし彫りの技法を会得され、味の良い作品も残されましたが…

残念な事に数年前に他界されました。

この作品は、私がオーダーしていた頃の初期の作品です。

歪み、窯傷など無くきちっとした仕上り、未使用の状態で御座います。

こちらの商品の価格は、¥ 38,000ーになります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。 ありがとうございました。 園主

大江丸の縞株立ち等の登録品種に、写りが良いかもしれません…
c0211318_816646.jpg

c0211318_816723.jpg

c0211318_816722.jpg

c0211318_816818.jpg

c0211318_816829.jpg


by 0130hide | 2013-06-15 07:48 | 販売済 蘭 美術鉢
<< もうすぐ開花です。 花纏 紅刺を刺す女葉…舞妓 >>