2013年 07月 31日

五柳よりいいかも…

江戸時代に、こんなクレージーな幾何学模様を、伝統園芸の万年青の鉢に描かせる方々がいらっしゃいましたかと思わせる図柄。

少しエロチックな色彩感覚は、浮世絵の絵師の流れでもくむものなのでしょうか…

亀甲や、波文柄の一つ一つは、定石の古紋なれども、全体を見渡すと、ありきたりの絵のまとめかたとはひと味違う物です。

ぶっ飛んでおります。

さぞかし、粋でオシャレな方の特別注文なのでしょう。

最近思う事なんですが、私どもが感じて来た歴史的な背景ってものに、少し疑いの目で見ていかないと行けないかも…と思う時があります。

この鉢何かもそうですが、現代の職人さんなんかが、思いつかない様な柄です。

今までの感覚ですと、江戸時代は今より遅れている時代と思っておりましたが、けしてそうではない。

今の時代より素晴らしい手仕事がたくさん御座います。

現代人の真似出来ない様な物が、鉢に限らず沢山ある事です。

富士の雪等の中葉の万年青を入れる為に作られた鉢です。

普通の万年青鉢と比べますと、胴が太いので大株の富貴蘭には、ピッタリです。

何を合わせるかが問題ですが、銘品でいえば雲龍の滝、奄美系統ですと雪龍(白頭冠)などですと、バッチリきまるのではないかと思います。

吟風なんかも良いかもしれませんね…

ハマった時には、凄く上を引き立ててくれるいい鉢です。

又、鉢だけ見ていても、非常に存在感の有る逸品で御座います。

細かい線の一つ一つも勢い良く描かれていて、筆の走りが気持ち良く、
繊細な仕事をされている細密画は、きっと脂の乗り切った作家さんが、相当気持ちが乗った時でないと完製出来ない物では、ないでしょうか…

サイズ内径10cm。

こちらの江戸時代の京楽の古鉢の価格は、

¥ 350,000-になります。

こちらの商品は、ご成約頂きました。ありがとう御座いました。 園主

c0211318_23373830.jpg

c0211318_23373915.jpg

c0211318_23374034.jpg

c0211318_23374022.jpg

c0211318_233741100.jpg

c0211318_23374240.jpg


by 0130hide | 2013-07-31 22:49 | 販売済 蘭 美術鉢
<< クマモン… 暑中お見舞い申し上げます。 >>