2013年 11月 22日

麒麟丸の…

少し下世話な話…

20数年前に、高知市内のあるお棚で芽変わりした麒麟丸。

師匠の松岡氏に案内して頂いて、初めて見た時の感動は、今でも記憶している。

麒麟丸の素一が、4〜5万円している時に、180万円でお譲り頂きたいと願い出たが、その時の交渉は不正立に終わった。

一年後に、雅草園さんが買い出した話を聞いて、何ともやり切れない思いをした。

一蘭商としては、敗退したと云う、誠に苦い思い出である。

当時は27歳位だったと思うが、誰にも負けない勢いと向こう気はあった。

負けじと次のチャンスを狙って、時の来るのを待っていた。

3年後、当期が再来した。

増え芽が四国の棚に出たのを聞いて、勝負に出た。

今は亡き、長谷昇天さんの処に有り金を全部持って出向いた。

私が声をかけて同行した仲間にも、有り金全部持って来て欲しいと、頼んでおいた。

二人で麒麟丸の残り全部を買い出すつもりでいた。

私は、一発2000と云う数字を提示した。

これには、長谷さんも少しビビってしまった様子で、逆に今日のところは勘弁して欲しいと言われた。

その代わりに、来年外れる二本の子を必ずこちらにまわしてくれると約束してくれた。

翌年約束通りに、最上柄の子二本が入荷することとになった。

一本は、その時に同行した仲間に渡して、残りの一本は、暫らく自分で栽培していた。

豆葉の縞が芽変わりして、この世に初めて出てきたときの思い出である。

この世の中、諦めなければ何とかなるものだと、私の中では良き教訓となった。

同行した仲間は言うまでも無いが、錦麒麟の登録者の一人である。


さて、前置きがながくなってしまいましたが…

天然種麒麟丸の芽変わり、錦麒麟の割子一作。

小さい子にも柄が来ている様子です。

柄の継続性は、けして良いとは云えない品種ですが、この木は上に行く程にイイ感じです。

ここ20年の間に、出揃った感じのある豆葉の縞ですが、良いクオリティーのものが、沢山出来たかと言うと、非常に疑問です。

縞柄の揃った株というと、展示会等でも中々見られませんです。

本当の意味での人気というのも、まだまだこれからという感じがしますね。

こちらの錦麒麟の価格は、¥ 380,000-になります。

画像では大きく見えますが、3寸鉢に入っておりますので、宜しくお願い致します。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。 園主




c0211318_2253152.jpg

c0211318_2253225.jpg

c0211318_225326.jpg

c0211318_2253397.jpg

c0211318_2253331.jpg

c0211318_2253413.jpg

c0211318_2253438.jpg


by 0130hide | 2013-11-22 17:48 | 販売済 蘭 美術鉢
<< かわいいのが入荷しました。 ヒグマモン? >>