2014年 04月 05日

マニアックなお客さまから・・・

蘭の解説が届きました。


南米エクアドルからコロンビアの標高2000~2500メートルの雲霧林のコケむした木々に着生。
湿度が高くウンカのような数少ない極小さな昆虫に頼り受粉させるため奇抜な色彩の花または1キロメートル先まで芳香する花まで存在するといいます。
栽培下では同種間で種をとることは困難ですが他花受粉は容易みたいです。よって自然下では無数の種が生産されてるみたいです。

c0211318_875487.jpg

c0211318_88690.jpg


by 0130hide | 2014-04-05 08:10 | 蘭亭 コラム
<< つぶやき…. 読書投稿そのニ…九州の田舎スタイル >>