2014年 08月 12日

大人のおもちゃ…

焼き物好きの私…

お客様が来園してくれた時に使っている、道具を紹介させていただきます。

先ずは、ヘレンドのカップ&ポット

シノワズリーシリーズ

東洋文化に憧れて造られた、ハンガリーの焼き物

伊万里を写したマイセン的な感覚のシリーズです。

ヨーロッパだけど、オリエンタルな感じが好きです。

c0211318_9473254.jpg

c0211318_9473266.jpg


宝尽くし
c0211318_9473330.jpg


こちらは、柿右衛門のカップです。

和の柄に入れて頂く珈琲も、中々洒落ていて良いかも…

工房物ですが、これで我慢しています。

濁し手だったら、良いのですがね。

とてもお高いので、今のところはこれで…
c0211318_9473349.jpg


園を改装した時に、建具屋さんから頂いた蕎麦猪口のケース

お陰様で、重宝しています。

園内で蕎麦を食べる事ってありませんが、珈琲、冷抹茶、煎茶なんでも使えて、色んなサイズがあると、とても便利です。

時々、古伊万里好きのお客様におねだりされて、お持ち帰りされる方もおられます。もちろん私からのプレゼントです。

c0211318_9473439.jpg


短冊屋さんに遊びに行った時に、GETした黒楽茶碗です。

お抹茶も、時々出させて貰います。

作法は、自己流ですが…
c0211318_9473578.jpg


囲炉裏のテーブルと鉄瓶です。

春蘭の鉄瓶は、福井のご隠居さんからのプレゼントでした。

手前の鉄瓶は、春蘭の山の端を世に出した里山行人さんから昔譲って頂いたもので、小さい方は、五柳鉢のコレクターさんから譲って頂いたものです。

何かみんな蘭絡みですね。
c0211318_9473553.jpg


エルメスのウキの柄の灰皿です。

釣り好きな私のささやかなお宝です。
c0211318_9473618.jpg


どうしても欲しくて、お客様におねだりしてしまった初期伊万里の猪口

京都の一流の古美術商さんが、誂えてくれた仕覆がまたいいんですよね。
c0211318_9473776.jpg


凌ぎ柄を描く、迷いの無い筆の走りが素晴らしいです。

江戸初期にて、このモダンな感覚のデザインが、泣けてくる位、素晴らしいと思います…
c0211318_9473738.jpg


永楽の香炉です。

うちの親父の古い友人から譲って頂いた物です。

蘭鉢なら良かったのですが…

たまに、箱から出してみてあげます。

c0211318_9473821.jpg


これは、盆栽、水石、古鉢を教わった私の師匠から譲って頂いた呂鈞窯の筆洗いです。

蓮の葉が枯れて行く感じがいいんですが…

師匠は、凄くセンスの良い方でした。

色んな事を教わりました。
c0211318_9473840.jpg


展示棚に掛けている、蛙の茶掛けです。
c0211318_9473998.jpg

c0211318_9474037.jpg

c0211318_9474043.jpg

c0211318_947419.jpg


by 0130hide | 2014-08-12 08:07 | 蘭亭 コラム
<< 古伊万里の嫁ぐ先… 冴えの良い建国殿… >>