2014年 10月 28日

亀金・・・


亀谷系の金牡丹・・・とは、

出芽の黄金色の素晴らしい、大型になるタイプです。

葉幅も立派になります。

安城の故磯貝氏→J園さん→S園さん→亀谷氏と云う来歴ですが

実は、全国に多々あります。

わざわざ、系と云う程のものでもありませんが・・・



先日アップしました白縞、牡丹錦系の金牡丹も大きくなりますが・・・

基本的には、墨が少ない木が大型になると思って良いかと・・

墨が少ない方が、縞の出る確率は、高いようです。



c0211318_23163934.jpg

小さいのも入れると10本位立っております。

金牡丹や至楽や白牡丹等は、この位根が充実して来ますと、良く増える蘭です。

1本立ちにすると、力が落ちてしまいます。

高価な蘭は、株分けしてしまいがちですので、中々増えない・・・と云うことです。

有る程度の株に成ると、一気に増え出します。

お手持ちの蘭も、少し辛抱してみてください。


c0211318_23163659.jpg
c0211318_23163338.jpg

バランスも割と良くて、良い株に成ると思います。

美しい一鉢です。
c0211318_23163007.jpg



こちらの商品の価格は、¥ 400,000ーになります。



こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとう御座いました。園主

by 0130hide | 2014-10-28 23:37 | 販売済 蘭 美術鉢
<< 金牡丹に成りきれない、黒牡丹縞 牡丹錦って金牡丹の白縞でしたヨ... >>