2016年 12月 27日

京焼金彩雲鶴文八角富貴鉢

大名が、京都に注文をだしたお庭焼き。

縁は、古清水に使われる、

綺麗なブルーの釉薬で、筒書きされております。

如何にも大名が好みそうな、雰囲気ですね。

豪快で、豪華。

江戸時代、

狩野派の軸の前に据えるには、

このくらい華やかでなくては、まけてしまうのでしょうね。

昔は大きめの鉢に、

3本立ち位の蘭を入れていた様です。

傷、直し、無しの完品になります。

こちらの商品の価格は、¥480,000-になります。

園主

c0211318_08392231.jpg
c0211318_08392486.jpg
c0211318_08392684.jpg
c0211318_08392807.jpg
c0211318_08393167.jpg


by 0130hide | 2016-12-27 07:13 | CLASSIC MODELS SALE
<< 鮒に始まり鮒に終わる 九谷雲鶴文赤絵六角鉢 >>