2017年 06月 17日

微弱

変化し続ける牡丹系

近ごろ、墨無大型巾広の人気があるが、

最近私の好みは、微弱墨の紺地の良いもの

強墨だと根も伸び難く、

あまり増えてくれない。

人間の欲望とは、きりのないもの

女性は、色白がいいが、

風蘭は、緑色が濃い方が好みだ。

最近の私の答えは、この辺で落ち着きそう。

元来、飽き性なもので

半年、一年後に

云う事が変わっているかもしれないが…‥‥‥

そこは蘭商、正直に言うと

その時に売れるものが好きになってしまう。

これは、商人のサガでありますので

御許しくださいませ。

普段の仕入れで蘭のどこをみているか

キーワードは、ロングセラー、ロングラン

末永く、

多くの愛蘭家さまに支持して頂けるか

人気が永く継続するか

毎朝の水掛けが、楽しいか

そんなところを感じながら

やらせて頂いております。

ちょっと趣味家気分の園主でした。

明日は、明日の風が吹くでしょう…‥‥‥




c0211318_08472044.jpg


親が素晴らしく地味な串目

このレベルだと、出てくる新芽は

最高の見栄えの縞に成ってしまうのです。

蘭は、1鉢1鉢微妙に違うもの

その辺は、こだわってセレクトしております。

うちの娘たちは、おあとがよろしいようです。

c0211318_08472268.jpg
c0211318_08472471.jpg
c0211318_08472700.jpg


by 0130hide | 2017-06-17 08:15
<< 水無月 みなづき 白曙白縞ルビー根 >>