2017年 06月 27日

友禅錦の行き着いたところ

登録友禅は、後眩みの縞でしたが

最近は、その殆どが金ボタン化している状態

黒牡丹が、金牡丹に成って行くのと同じ道を

辿っているようです

この友禅は所謂、黒牡丹の黄縞(黄牡丹錦)化した個体

墨だけの友禅を100鉢、10年作っても

出るか出ないかと云う・・・

価値にみて頂ける方には、お宝ですが

興味の無い方には、ただの縞・・・


この芽変わり

初めて見て以来ずっと

私の眼の奥から、残像が消えない

吉永小百合さん的な・・・

憧れのマドンナでした。

一目惚れってやつですかね。

恋焦がれていましたが

先日

遂に手元に来ました。

諦めず追いかけ続けると

いつか願いは叶うものですね

寅さんは、毎回失恋してボロボロになって

また旅に出るんですが・・・


あまり他の品種と比べたくは

ありませんが

葉型に品があって

私は好きです。

次のご紹介は、5年位先になるかと思います。

園主


c0211318_07174737.jpg
c0211318_07174272.jpg
c0211318_07174560.jpg
c0211318_07180594.jpg


by 0130hide | 2017-06-27 08:03 | 蘭亭 コラム
<< 金牡丹黄縞 水無月 みなづき >>