2017年 06月 29日

鉢合わせ、姫合わせ、

古色の京楽短柵屋

加茂黒に、白牡丹、小菊

金色の凌ぎ文が、少し豪華に魅せる。

古い鉢には、同じ時代の古典品種が

良く写るが、そこは一捻り入れて

八州の月としよう。

大八州は江戸時代からの品種

八州は、平成になってからの

大八州の芽変わり

この鉢が受け入れてくれる許容範囲には

十分入っているだろう…‥‥‥

我輩、遊び心には、

全力で向き合うように

普段から心掛けている

鉢合わせとは、お洒落するのと一緒

可愛い娘に着物を着せてあげる事と

さほど変わらない事である

沢庵くさい古女房も、

綺麗な着物と高い化粧品と

韓国エステにでも通わせれば

良く見える……

かも…‥‥‥

鉢合わせは、

女の子が、リカちゃん着せ替え人形に

夢中になるのと、さほどかわない遊びである。

購入した蘭の価格は、黙秘権。

大人の隠れ家道楽である。

なので家の中では、

肩身の狭い思いをされていらっしゃる輩も

多いのではないか…‥‥‥



マンションなんかだと

洗濯物を干すから、

邪魔!とか言われながら、

値段を知らされていない女房に

蘭を、粗末に扱われ

偉い目にあった輩を

私は、何人も見てきた。

江戸時代も、現代と同じで

肩身の狭い思いをして

コソコソと、やっていたかも知れない。

何時の時代も、男は弱いものです。

8……女は、怖いですよ…‥‥‥


蘭道楽は、

不倫なんかするより

割りと安上がりかも知れません…‥‥‥

あれ、何の話でしたっけ??

心にツンツンきた方々

只今当園では、

夏のボーナス一括払い

受付中でございます。



                 園主


c0211318_11135740.jpg
c0211318_11140040.jpg
c0211318_11140769.jpg
c0211318_11141026.jpg


by 0130hide | 2017-06-29 10:06
<< ノンフィクション その1 金牡丹黄縞 >>