2017年 07月 14日

白砂青松

はくさせいしょうと読む

この名前は、イメージが膨らんで

中々いいと思う。

島根県、仁摩地方

琴ケ浜産のこの蘭は、

新葉が、玉子色の中に

松を散らして出てくる

この斑色の状態では、ルビーを出し

後々濃い紺通しが入り出すと、


泥根に変わっていく

品のいい芸を魅せてくれる。


海の画は、

先日サイクリングに行った

沼津市の千本松原

白い砂浜

どこまでも続く松の林…‥‥‥

それから根の色は

何を思い浮かべるかと云うと

松林の中に点々とはえている

ハゼの木。

オレンジから紅に移り変わる

初秋の紅葉が、とても美しい

時々、お客様の棚で、この子を見ると、

左耳の後ろから、

優しくくすぐってくれる様な感じかする。

神秘的な蘭のひとつ…‥‥‥


出雲の國は、神の國…‥‥‥

こんもまた

神さまのいたずらでしょうか‥‥‥

…‥‥‥


                 園主
c0211318_17371760.jpg
c0211318_06535536.jpg



c0211318_17371977.jpg
c0211318_06535825.jpg



c0211318_17372213.jpg
c0211318_06540006.jpg


by 0130hide | 2017-07-14 07:37 | 蘭亭 コラム
<< 夏の呟き…‥‥‥ あれから1ヶ月 >>