2017年 08月 16日

関東の若手愛蘭人Tさん

夕暮れ時 傍らに腰かけヒグラシを聞きながらボ~っと蘭を眺めてる時が堪らなく好きです。

子供の頃から動植物好きで、山野草や高山植物を育てていました。最初の富貴蘭は学生の時に買った舞鶴で、葉重ね良く株立ちになった経年美に一目惚れでした。

日々の生活も出来る限り四季折々、自然の移り変わりを肌で感じていたいので、蘭も代謝効率を上げやすい環境に置いて発色良い綺麗な引き締まった木を作りたくて、早朝から朝陽が差し、風がよく動き、西陽の当たらない出来るだけ夜温の下がる場所という条件で3年前に現在地へ越しました。
季節ごとに陽の差す時間、角度、範囲を把握して、品種ごとの置き場を決めたら、一切機器類は使用せず、日々の水やりと成長期の各月1回ずつの液肥、殺虫剤を施し、夜温10℃を切らなければ、この外気棚に出したままです。
休眠期は薄明かりの間接光が入る蘭舎に取り込み毎朝の打ち水とたまの霧吹きなりゆきの温度【12℃~2℃くらい】で凌いでいます。

園主とは数年前に古伊万里鉢の問い合わせをして以来、先輩方の御棚巡りや蘭に限らず多岐に渡り良い刺激をいただき、今後とも粋な遊びの数々をより深めていけたらなと思っています‼


釣りの雑誌のライターも、やっておりました。
c0211318_12505505.jpg
自宅は、山の手
c0211318_12511822.jpg
日本庭園に最近はまってます。
c0211318_16092708.jpg
キノコ取りも大好き
c0211318_16093045.jpg
御棚も、綺麗にお手入れされております。
c0211318_16093246.jpg
c0211318_16093523.jpg
熊も飼ってます。
c0211318_16093744.jpg


Tさんは、織物関係のデザイナーをされております。こだわりの仕事がピッタリの超変わり者。
釣り情報と、蘭の栽培方法は、人の意見を鵜呑みにしないで、自分で確かめ、探り、決めるものだそうです。これには、私も同感いたします。
キノコ取りが忙しくなる10月になると、山に入ってばっかりで、音信不通になってしまうTさんでした。
                    園主


# by 0130hide | 2017-08-16 12:21
2017年 08月 11日

フウキランカフェ


『毎朝起きたら、まず一杯のcoffeeを点てて

ショートホープを一服しながら。

蘭の成長を鑑賞する。

仕事のストレスは、これで解消出来るんです。』

とおっしゃるのは、

幕張メッセの近くにお住まいのAさん。

お仕事は、映画のセットや、

ディズニーランド等の

アミューズメントパーク専門

ペインティング会社を経営されております。

富貴蘭以外も、非常に多趣味。

お家の中は、街の骨董屋さんみたいです。

外の御棚は、こんな感じ
c0211318_07151249.jpg



居間の前のサンルームが、

特にお気に入りの蘭が置いてある

居心地が良い空間だそうです。

c0211318_07151466.jpg



白牡丹は、良い子が出てきて親孝行もん

c0211318_07151510.jpg


不老白は、最高の柄です。

豊明殿の特長が、よく出ている天葉。
c0211318_07151766.jpg


珍品好きのAさんお気に入りの、朝鮮鉄の縞。

c0211318_07151808.jpg


金剛宝も、柄が良く割れていて素敵です。
c0211318_07152084.jpg


今年の春、入棚された横綱白縞。

特に豆葉の縞系が、お好きだそうです。

c0211318_07152182.jpg


そして極めつけは、古鉢のコレクション

五柳が2枚と、五足の白牡丹図。

c0211318_07152273.jpg


いつか晴れの日を夢見て、

この衣装を着せる

可愛い娘達を、栽培中です。



これだけのコレクションがあったら

皆さん、もう満足ではありませんか?

でも、まだまだコレクション癖が収まらない

とおしゃる、Aさんなのでした…‥‥‥

                 園主



# by 0130hide | 2017-08-11 07:04
2017年 08月 09日

単身赴任で趣味三昧


今日は、東京から大阪に出稼ぎに来ている

I様を、ご紹介しますね。

ご本人からのプロフィールです。

単身赴任先の大阪、マンションのベランダで、富貴蘭を始めて3回目の夏。豆葉一筋、あっという間に、100鉢を突破してしまいました。中でも、雨蛙、御神渡、金剛宝、加賀童、黒潭あたりが、お気に入り。毎朝、早起きして、額に老眼拡大鏡、右手にルーペ、新芽、当たりの様子をジロジロ観察するのが、楽しくて仕方ない、50男です。15年以上、楽しんでいる盆栽に比べると、富貴蘭は、あまり手がかからず、かえって淋しく感じてしまいます。日の出から午前9時ぐらいまで直射光、風通しを気にしながら、ごくごく薄い液肥と活力剤を水やりごとに、かけています。過剰な世話は逆効果、と自分に言い聞かせながら、試行錯誤の毎日です。梅原園主を相手に、栽培のコツから、品種の由来、賢い入手法まで、グイグイ、質問攻めにして困らせるのも、これまた楽しい、蘭の道。さらに、深みに、はまってしまいそうです。実に怖い世界ですね〜。



c0211318_06462572.jpg


最初は、この加賀童を探してくれと云う依頼でした。

そして、まだ欲しいまだ欲しいで

こんな事に…‥‥‥何鉢も。

もう、宜しいんではと、

私がストップを掛けた位…‥‥‥

異常な童マニア

c0211318_06462993.jpg


園にアルミの廃材があったので、

昨年、ベランダ栽培用に棚を作ってあげました。

どうやら、活躍してくれているようですね。

もう、満員状態ですね。

c0211318_06463420.jpg
c0211318_06463731.jpg




豆葉、豆葉の縞系以外は、興味ないそうです。

金牡丹も、富貴殿もない新人類マニアさんです。



こちらは最近、お気に入りの2点、

雨蛙

c0211318_06463919.jpg



御神渡

c0211318_06464146.jpg


東京のご自宅で、栽培されている盆栽棚

綺麗にお手入れされていますね。

盆栽から、富貴蘭に入って来た方ですので

子の付き方や、向き、全体の姿に

こだわりを持っておられます。

いつも、ちょっと難しいご注文を頂きます。

私に取って、仕事のしがいがあるので

うれしいです…‥‥‥


c0211318_06464483.jpg
c0211318_06464670.jpg



彼は、報道関係のお仕事をされているので、

これから世間に、富貴蘭を広めていく戦略の

相談にも乗って頂いております。


狭いベランダに富貴蘭100鉢と

盆栽があり、エアコンの室外機の風が当たってしまうと

この猛暑の日々を、氷枕だけで乗り切るそうです。

それなら、室内に蘭を入れて、

ベランダで寝てもいいかもしれませんね(笑)


                  園主


# by 0130hide | 2017-08-09 06:02
2017年 08月 08日

台風一過後は、

南から湿った空気が入って

蒸し蒸し状態になりやすいので、

c0211318_11101571.jpg


今朝は、殺菌剤を散布しました。

c0211318_11102302.jpg


100鉢位でしたら、1L入るハンドスプレーが便利です。

c0211318_11123505.jpg
c0211318_11123666.jpg


スポイトに1メモリで、1,000倍ですので、

棚の側に引っ掻けて置けば、気になった時

直ぐに使えます。

c0211318_11123708.jpg


私は、リキダスや、メネデール等の活力剤もこれでやります。

暑い時は、素焼き鉢の中が、出来るだけ水分保持するように心掛けております。

無理に光線も採りません。

c0211318_11123926.jpg


そして扇風機も回しっぱなしにしております。

先日、お客様の御棚で、蟻が発生。

一生懸命、蟻退治のクスリを撒こうとしておりました。

蟻は、貝殻虫を食べに来ているので、

スプラサイドか、スミチオンで、殺虫してください、と申しあげました。

そうすれば、蟻は自然といなくなります。


それと、鉢の中に水分がありませんと、

クスリの倍率が高く成ってしまいますね。

薬害の原因になります。

灌水後の散布をお奨めします。


では皆さん、お彼岸までは、気を抜かないで、

頑張って、作してください。

                   園主


# by 0130hide | 2017-08-08 10:51
2017年 08月 07日

東京の若手愛蘭家さんをご紹介

板橋区のOさん(38歳)

プロフィール
蘭歴は11年
きっかけは、営業の仕事で外回りをしていた時に、偶然見つけたお店が都内にある荒川園さんでした。見かけない植物に惹かれて購入したのが、富貴蘭の宝生殿で、時間があればお店に伺い、話を聞いて蘭を買って帰る日々でした。
子供の頃から盆栽を育ててました。松柏類が好きで、五葉松、瑞祥、杜松などを実家で。仕事で都内に出て来ましたが、マンションでは栽培が厳しく、傷める事も多く、富貴蘭に出会ってからは
バルコニーで充分育てられるので完全に切り替えました。
家族は富貴蘭があるのが当たり前になっております。結婚する前に富貴蘭を始めておりましたので、子供達も大きくなったら育てると言ってます。

ベランダ栽培の様子

c0211318_12295355.jpg
c0211318_12295682.jpg
c0211318_12300222.jpg


ご自慢の蘭の数々

富貴殿

c0211318_12301167.jpg


龍泉錦

c0211318_12303736.jpg



金牡丹

c0211318_12305611.jpg


芸西の縞

c0211318_12310049.jpg


昨日、じっちゃん宅へ、御棚拝見エスコートさせて

頂きました。

栽培の参考になったと、喜んで頂きました。


手前はOさん、じっちゃん、奥はじっちゃんの娘婿エツ兄さん、切り花の輸入、卸業をされております。
御棚拝見後、夕食をご馳走になり、雑談して帰ってきました。

どちらかと云うと、
蘭の話より、雑談の方が盛り上がっておりましたが…‥‥‥

Oさん、ご苦労さまでした。

c0211318_07033267.jpg




# by 0130hide | 2017-08-07 07:23 | お棚拝見
2017年 08月 06日

琥珀殿と朱天王白縞

綺麗な白虎が出て、

涼しげな、琥珀殿。

春に割った1本立ちです。

こちらの商品の価格は、¥55,000-になります。

c0211318_03485659.jpg
c0211318_04073470.jpg
c0211318_04074081.jpg



親は葉幅を引いてカッコいい

子の雪白柄も、とても綺麗な

朱天王白縞。

こちらの商品の価格は、¥75,000-になります。



c0211318_04074642.jpg
c0211318_04075035.jpg
c0211318_04075630.jpg



発送は、翌日午前中着地域以外の方は、

要相談、涼しくなるまでお預かりも承ります。

宜しくお願い致します。

                   園主

# by 0130hide | 2017-08-06 03:36
2017年 08月 05日

五柳会茶寮

私の好きな魯山人翁も愛した

加賀群青聚楽塗りを意識して作りました。


c0211318_10171432.jpg


皆様、お茶しに寄って下さい。
c0211318_10022415.jpg


トム・クルーズと、ルビーちゃんのイラストも待ってます。
c0211318_10022980.jpg



殿様カエルも…‥‥‥
c0211318_10023254.jpg



狩野川で鮎釣りの際は、エスコートさせて頂きます。

c0211318_10023692.jpg



今日は、虫籠と、鳥籠のお掃除。

c0211318_10024094.jpg




山梨の姉さんに、古布で作って頂いた、

堤籃カバー。

これで秋からパワーアップ…‥‥‥

c0211318_10024618.jpg


# by 0130hide | 2017-08-05 09:51
2017年 07月 28日

金彩宝尽くし亀甲文白胴京楽古鉢

暑い夏に、涼しげな白胴の鉢

胴の幅が広いので、富貴蘭使いに

ピッタリのオモト鉢です。

打出の小槌、宝珠、巻物、丁子
c0211318_08193116.jpg



軍杯、宝珠、丁子
c0211318_08193992.jpg



隠れ笠、宝珠、丁子
c0211318_08195181.jpg


亀甲模様
c0211318_08195662.jpg
c0211318_08200180.jpg


優しい黄色の品種、黄玉殿等

白系の色目の古典品種、至楽、白牡丹等

に写りがいいと思います。

外径12cnになります。

c0211318_08200540.jpg


こちらの商品の価格は、¥300,000になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
            
                  園主




# by 0130hide | 2017-07-28 20:27
2017年 07月 28日

富貴蘭パパ

今日は、親子で富貴蘭作りに励んでいらっしゃる

九州の若手愛蘭家Tさん(33歳)を、ご紹介しますね。



象さんのお鼻で、葉っぱ折らないようにね。
c0211318_23374190.jpg



おーきくな~れ‼
c0211318_23374791.jpg


リキダスは、お姉ちゃんの役目?
c0211318_23375132.jpg



c0211318_23375866.jpg
日々栽培研究は、続く
c0211318_23380230.jpg
コレクション


c0211318_23380626.jpg




c0211318_23380914.jpg



Tさんと不老白…‥‥‥
c0211318_23381231.jpg



Tさん談

素人なりの作について。

春先は遮光40~50%
根が動きだして一発目に濃い目のリキダス500倍くらいをたっぷりと、その後は毎朝2000倍の霧吹き散布。
肥料は松永蘭園の固形肥料を溶かした液肥を品種に分けて500~1000倍のを2日に1回。風は上方四方から、夏は棚下からミストを出して工業用扇風機で拡散させてます。気温が35度を越える時には夕方も霧吹き散布をして、棚の温度と蘭の火照った身体を冷ませてあげます。これをする事で休眠せずに真夏でも根がとまりません。ただ、根が動いていると葉の成長が今一なのは見て解るので、この作は良し悪しなのかな?と思っている次第であります。



以下は、園主談

彼の棚場に初めてお邪魔したのは、一昨年でした。
九州は、大分県の海の側で、近くに仲間もいないようでした。
とりあえず、山口大会に来ませんかと、お誘いしました。会ってビックリ。イメージは角刈りのオッサンかなと思っていましたが、今時の若者でした。性格も、九州男児そのもの。画像通りのいい男です。彼は、造船関係の仕事をしている若社長で、普段は軽トラに乗って仕事しております。私が福岡空港に着くと言ったら、わざわざ、レンタカーを借りて迎えに来てくれました。小川ガーデンさんと、宮崎在住のお客様の御棚拝見に、2日間付き合ってくれました。九州は、いい人が多いですが、彼は、特に私のお気に入りです。お客様に対して、失礼な物言いになるかもしれませんが、大事な娘を嫁がせるからには、嫁ぎ先を選ばせていただきたい、というのが、私の流儀です。
増えた子は、また引き取って仕事をさせて頂いたり、長いお付き合いになるからこそ、やはり人間関係が一番大切と考えております。しっかりとしたポリシーを持って、富貴蘭作りに取り組んでいる姿を拝見して、私も希少な蘭を、お預けする気になりました。また、後日ヤフオク被害の蘭100鉢も、すべて引き取り、先見性のある品種に絞り作って見てはと、提案させて頂きました。東洋蘭は、奥が深い世界ですので、商人でも作り屋さんでも、愛蘭家仲間でもいい、誰かと二人三脚で楽しまれる方がいい結果が出るように思います。私も自分のお客様には、出来る限りご訪問して、フェースツーフェースで、意見交換、お付き合いさせていただきたいと考えております。

         
                   



# by 0130hide | 2017-07-28 06:10 | お棚拝見
2017年 07月 26日

つぶやき

暑い温室内、どうしたものかと…‥‥‥

夏は、来園されるお客様も少ないですが…‥‥‥

只今、冷暖房の効く、談話室を制作中

園内工事の為、

暫くはおやすみです。

今日は、ここまで出来ました。

                   園主

c0211318_17545381.jpg


# by 0130hide | 2017-07-26 17:50 | つぶやき
2017年 07月 25日

つぶやき

メタボ対策のチャリ

2台目…‥‥‥

c0211318_10045622.jpg


談話室を造る工事が始まりました。

c0211318_10050028.jpg
 


御抱え大工さん

園内はこの人に何時も頼んでいます。

c0211318_10050391.jpg


元気に成ってきた、金牡丹黄縞

c0211318_10050540.jpg


# by 0130hide | 2017-07-25 09:46
2017年 07月 23日

つぶやき

毎朝、このイスに座って

モーニング儀式

扇風機に煽られながら

珈琲を飲み


c0211318_08214347.jpg


一服する。

永い夏休みが始まった

今日は、何をしようか…‥‥‥

c0211318_08214668.jpg


鳥取から来た、渋い色目の

黒牡丹覆輪芸

最近は、牡丹系の変わりに、

首ったけ

変化に奥行きが在って

大人の夏休み自由研究には

もってこい。

c0211318_08214907.jpg


蕾の弁先に紺がまわっている。

柄の変化とともに、花も変化していくのかな

開花までは、後3日くらい…‥‥‥


c0211318_08215164.jpg


# by 0130hide | 2017-07-23 18:49 | つぶやき
2017年 07月 23日

つぶやき

山梨の親分のお友だち

盲導犬クイ-ルの原作者さん

秋元良平さんと、鮎釣りでご一緒しました。

氏の仕事は、カメラマン

私の釣り姿も撮影して貰いました。

日本では、公開済の映画ですが、

これから、世界中で公開されるそうです。

どこの国の人々にも、共感を呼ぶ

心温まる作品なんですね。

先日の上野グリーンの展示会にも

来てくれたので、風蘭赤花をプレゼントしました。

これから一緒に、いい仕事が出来ると

楽しいですね。

私が鮎釣りを手解きしたので、

一番弟子にしてあげました。

                   園主

c0211318_07033664.jpg
c0211318_07033904.jpg


# by 0130hide | 2017-07-23 06:32
2017年 07月 22日

つぶやき…

温室内、あつーくて脱出

風を感じに、プチツー

c0211318_17405052.jpg


バリカンで、サマーカットしたら、

何犬か判らなくなった。

c0211318_17405359.jpg
c0211318_17405885.jpg


暑さに強い金牡丹ちゃん

お彼岸までの辛抱じゃ…

c0211318_17410045.jpg


八州の月が、いい覆輪に成ってきた。

江戸時代からある品種の芽変わり。

c0211318_19520428.jpg


# by 0130hide | 2017-07-22 07:30 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 21日

夏の呟き2

奥飛騨の川で夏休み

もろもろの欲を洗い流す

毎年恒例の大事な行事

c0211318_10500554.jpg


四国の川でも夏休み

アフターバーベキュー

らんと、釣りの好きな人に、悪い人はいない。

来月は、九州の川で、

お洗濯…‥‥‥

c0211318_10500738.jpg


# by 0130hide | 2017-07-21 10:37 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 20日

夏の呟き…‥‥‥

山梨の山の上は、紫外線が強くて、柄の発色もいい

それにしても、何この根…‥‥‥

大型黒牡丹は、4本立ちだったのが

芽当たり5本って、何それって感じ

販売しないで作っとけばよかった。

金剛宝も綺麗やね~

                 

c0211318_18294220.jpg



c0211318_18294537.jpg







# by 0130hide | 2017-07-20 07:17 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 14日

白砂青松

はくさせいしょうと読む

この名前は、イメージが膨らんで

中々いいと思う。

島根県、仁摩地方

琴ケ浜産のこの蘭は、

新葉が、玉子色の中に

松を散らして出てくる

この斑色の状態では、ルビーを出し

後々濃い紺通しが入り出すと、


泥根に変わっていく

品のいい芸を魅せてくれる。


海の画は、

先日サイクリングに行った

沼津市の千本松原

白い砂浜

どこまでも続く松の林…‥‥‥

それから根の色は

何を思い浮かべるかと云うと

松林の中に点々とはえている

ハゼの木。

オレンジから紅に移り変わる

初秋の紅葉が、とても美しい

時々、お客様の棚で、この子を見ると、

左耳の後ろから、

優しくくすぐってくれる様な感じかする。

神秘的な蘭のひとつ…‥‥‥


出雲の國は、神の國…‥‥‥

こんもまた

神さまのいたずらでしょうか‥‥‥

…‥‥‥


                 園主
c0211318_17371760.jpg
c0211318_06535536.jpg



c0211318_17371977.jpg
c0211318_06535825.jpg



c0211318_17372213.jpg
c0211318_06540006.jpg


# by 0130hide | 2017-07-14 07:37 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 13日

あれから1ヶ月

今世紀最大の奇跡

白色三光中斑の金牡丹

美しい天葉が出てきました。

金牡丹に三光中斑の柄が、

残ると…‥‥‥

仕上がった時の姿を創造すると

たまりませんです、ハイ。

                 園主

c0211318_06545739.jpg
c0211318_06545910.jpg


# by 0130hide | 2017-07-13 06:45
2017年 07月 12日

文人趣味

先日、地方のお客様のところで

板に春蘭が描かれた

鉄斎の絵を見せて頂いた。

とても愛着の湧く

ほのぼのした描写に

心を打たれた。


人間は、50を過ぎると余力で生きるものだと

先輩に、教わった事がある。


c0211318_06415585.jpg


何時までも、欲の皮が突っ張っていても

格好がわるいし…‥‥‥

早くこんな絵が描ける様な人の

境地にたどり着きたいものだ。

上野のイベントは無事に終わったが、

来そうで来ない、私の夏休み

c0211318_06415743.jpg


今年の夏、皆さんは

何を計画されていらっしゃいますか?

私は、楽鉢の絵付けでも教わって

と思うのだが、

鉄斎の様な雰囲気が出せるには

まだまだ自分を磨いて、

かどが取れないと…‥‥‥

いけませんね…‥‥‥

c0211318_06420114.jpg


                   園主

# by 0130hide | 2017-07-12 05:58
2017年 07月 09日

可愛い後継者

先日、不老白を入棚された

九州の若手愛蘭家から

何とも愛らしいお嬢様の画像が届きました。

お客様は、今から三姉妹に

蘭の世界の魅力を伝授、

愛培の技を、仕込んでいるそうです。

末は、ルビーさん(徳島の可愛い叔母さん愛蘭家)

はたまた、女寅さんか、

歳頃に成っても、

興味を持ち続けてくれるのを願うばかり

もしも、女寅さんに成りたいと、言ってくれたら

私の30年使っている堤籃篭を託したく思います。

いや~夢があっていいじゃありませんか

お客様の家では、高額な蘭を購入する事、

奥さま公認だとか、

羨ましいかぎりです。

私はまだ、今シーズン奮発して買った

鮎竿の値段を、妻が恐ろしくて

言えてませんからね。


それにしても

この円満な雰囲気。

今月末には、第四子がお生まれになる

ご予定だとか、

蘭を愛で、大切にすると

富貴な人生、円満な家庭を築けると云う

お後がよろしいようで…‥‥‥

                   園主

c0211318_15214383.jpg


# by 0130hide | 2017-07-09 17:31
2017年 07月 08日

今年は花もの

が沢山。

とても、充実感のある展示会になりました。

c0211318_10460133.jpg


当園のブースです。


c0211318_10460303.jpg


# by 0130hide | 2017-07-08 10:42
2017年 07月 07日

満員御礼

入場時間前から、この熱気。

東京は、都民ファースト気分で

良い雰囲気。

皆さん、ご自分のお好み富貴蘭を

一生懸命探して、物色されておりました。

歯切れ良く気分で買うのが、江戸っ子。

細かい事は、いいません。

元々、山の草を求めるんですから

値切ったりは、野暮と云うもの

七夕の夢もかなって

良い1日で、ありました。

ご自分の蘭さまも、大事にしてください。

きっと良いことが、待ってます。

明日は、9時~15時迄です。

宜しくお願い致します。

                    園主

c0211318_22560584.jpg
c0211318_22560629.jpg
c0211318_22560895.jpg
c0211318_22561047.jpg


# by 0130hide | 2017-07-07 22:41
2017年 07月 06日

池之端の盆栽会館

上野グリーン倶楽部にて展示即売会です。

明日は、13時からですので、

神田あたりでお蕎麦でも、食べてから

のんびり遊びにおいでくださいまし。

梅雨明けで、暑くなりそうですので

メタボなわたくしには、

気合いを入れないといけない2日間と

なるでしょう。

天気予報では、2日間曇りですので

傘は、要らないかな、でも

おあしは、たぷっり持ってきてくださいね~


c0211318_08462676.jpg


楽しい即売会になるといいな~

このイベントが終われば、

蘭屋さんは、夏休みです…‥‥‥

小さい頃夏休み夢中になった、朝顔の観察

大人なったら、蘭の自由研究と、

洒落こみませんか?

それでは謹んで、御待ちしております。

園主

# by 0130hide | 2017-07-06 08:16
2017年 07月 05日

追記

残雪

蘭としての解説 



眼に付けたのは、

素材の内面的な素質


その1 葉型

多くの豆葉の中で、大江丸を少しコンパクトにした容姿、淀の松は、玉金剛より品もあって個人的に好きだった。

その2 柄質

実生の新種また、山取りの新種を始めて眼にした時に、登録在来種の内、どの品種の柄質に近いかを判断する。残雪の柄質は、どれにも属さなかった。富貴蘭の縞柄の多くは、いずれ覆輪になる運命だから、覆輪でも焼けない柄質かを、縞の状態で判断した。


その3 根の色

これも在来種と似たものがないかの判断基準になる1つ。柄質同様今まで無いタイプ。


その4 紅葉

白色系に、アントシアンの出ると、美しさが倍増するから、紅葉しても葉が焼けず、水を引かないかがポイントになる。他の品種では、紅を引く以前に葉が汚く焼けてしまう。こうなると美しいものではなくなり、ただの珍しいものに成ってしまう。

その5 創造力

以上の事を、頭の中で、統合して仕上がった姿をイメージする。そして自分がいいと思ったら、ゴーサインを自分にだす。残雪の場合、自分の中では、まだ理想像までは到達していない。

個人的に、あの名作者のところで栽培したら…‥‥‥と云う願望もあるが、こればっかりは、相手の好みもあるので、難しいところでもある。


                   園主


# by 0130hide | 2017-07-05 10:45 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 04日

ノンフィクションその3

ボチボチ、上野グリーンの準備も

しなくてはいけないし、

台風も来そうだし

今日位で、残雪物語も締め括らなくては…‥‥‥

そう事件は、お客様のところで起きた、

蘭が駄目に成ったと云う話ではない。

お客様が悪質なマッチポンプ式で誘ってくる

未公開株詐欺にあい

大損をしたのだ。

結局、全ての蘭を手放す事になり

私が全部引き取ることに。

お客様は、私が小学生の低学年の頃から

園に来ていた、と云う記憶がある。

少し歳上のうちの親父を慕い、

盆暮れには必ず、

私の実家に顔を出してくれていた。

親戚以上に毎年、毎年、キチキチと。

とても堅い性格な方だった、

からショックも大きく…‥‥‥

人生、何処に落とし穴があるか

わからないものである。

結局この残雪は、10年良い子が1本も出来ずに、

次のオーナーさんの所に行くことになる。

このブログでも、度々紹介している

東京の、じっちゃんの蘭舎にお引っ越し。

蘭と云うのは、不思議な生き物で

引っ越して、棚が替わった途端に、

立て続けに3本、良い柄の子を産んでくれた。

昔の話で恐縮だが、こんな事もあった。

所は、日本海の城崎。

川端康成の雪国で、登場する温泉街

その少し先で、羆を栽培されていたお客様がいた。

藤井先生から、直接譲り受けた蘭だが、

10年栽培するも、あおい子ばかり、

その熊を、私が譲り受け、

東京の御棚にお引っ越し、

な、な、なんと、その木も引っ越した次の年

素晴らしい本芸の子が上がったのだ。

蘭は時々、置場所を変えると

刺激に成って良いのかもしれない。

以上は、本当にあったお話。

商人とはいえ、本気になって仕入れた蘭は、

金額以上に思い入れが

湧いて来てしまう。

来歴と云うよりは、

人の人生が掛かっていたりする。

こちらも損なんか気にしないで

良いものには、飛び込むし…‥‥‥

蘭と心中する位の気持ちでやらないと

蘭も私も、モノにはならないだろうと考えている。

お陰様で、色々ありましたが、

あの時、損はたぶん

帳消しなったと思うが…‥‥‥

毎年、同じ事の繰返しをしているので、

結果は、退職でもしないとわかりませんね。

普段、寅さんやっておりまが、

私、一様、会社役員ですので…‥‥‥

では、これにて失礼いたします。

話が蘭とは、関係のない

脱線気味のコラムになりましたが、

ながなが、お付き合い頂き、

ありがとうございました。



                    園主

c0211318_12365221.jpg


# by 0130hide | 2017-07-04 11:32
2017年 07月 02日

ノンフィクション その2

c0211318_14012166.jpg

お前は、たし算も出来ないのかと

言われそうだが、

実はあまり金に、

執着が無い方もかもしれない。

私の場合、仕事は相手が喜んでくれれば

結構満足してしまう。

合算の結果は3つ半。

まさかの原価割れ…‥‥‥

しかし下取り品を買って頂いた

業者さん、お客様も喜んでくれたので

まぁ、良いか、

いいんでないかい?

気持ちを切り替えていくしかないし

損して得取れとコトワザもあるし

出世しそうな蘭が、

うち以外浮気をしないお客様の所にあることだし

いずれ増え芽をお友だち価格で

分けて頂ければ、この損は

いつか、返って来るだろうと

その時は、それで一区切りした。


が、それから永い苦労が始まりであった。

湘南のお客様、確かに栽培はよろしいのだが

肝心の良い柄の子が

中々出来てくれないのだ、

親に成った残雪は、とても素晴らしく

あおい子しか出さない木には

到底見えないのだが…‥‥‥

お買い上げ頂いてから約10年は、

あおい子ばっかりで…‥‥‥



残雪栽培のお客様以外のお得意様も

まだかまだかと待っているし

御用聞きの度に、尻を叩かれるのだ、

こちらもあの当時の損を、

大きく取り戻そうと云う気持ちがあるから

数名のお得意様には、

今度いいものを

ご覧に入れますからねと

その気にさせるだけ…‥‥‥

待たされるほうも、

最初の1~2年は気に止めてくれるが

3年以上はたてば、あれはどうなった?と

声も、掛からなくなるのが

世の中と云うもの

そんな折り、栽培家のお客様に、

1つ事件が起きた。

                  つづく










# by 0130hide | 2017-07-02 13:02
2017年 06月 29日

ノンフィクション その1

昨夜、豆葉好きの愛蘭家さんから

残雪の話を聞きたいとご依頼があり、


c0211318_11510068.jpg


では、少し…‥‥‥

もとは韓国で出来た、淀の松実生

20年前に、白縞の入った3本の内

1本に、眼を付けて購入した。

私が見る前、

日本の業者さんが既に

値段を付けたが、希望価格に達しないので、

販売しなかったそうだ。

持ち主の希望価格は、4つ

日本の業者さんが付けたのは、2つ半

私は話半分と感じていたが

4つで買ってみた。

まずは買ってみて

自分の物にしないと、何も始まらない。

日本に帰ってから、

湘南にお住まいのお客様に薦めてみた。

蘭舎が、海から近い5階の屋上で

豆葉の縞の栽培には、

とても良いロケーションなのだ

そのお客様は、当時高額だった玉響で、

既に成功されていたので、

私もお勧めしやすかった。

5つ半で、話は成立。

どれでも好きな蘭を持って行けと言われる。

わかりました。と私

以前買って頂いた蘭の増え芽で

直ぐに換金出来そうな品種を

みつくろい、持って帰った。

さあ、これからが仕事である。

下取り品といっても

交換会でさばく様な

価格の品物ではないので、

欲しそうな方々に声を掛けることに

その中には、お客様もいれば、業者さんも

1週間位で販売出来たが

合計してみると、

その金額をみて、唖然となった…‥‥‥



                つづく



# by 0130hide | 2017-06-29 17:21
2017年 06月 29日

鉢合わせ、姫合わせ、

古色の京楽短柵屋

加茂黒に、白牡丹、小菊

金色の凌ぎ文が、少し豪華に魅せる。

古い鉢には、同じ時代の古典品種が

良く写るが、そこは一捻り入れて

八州の月としよう。

大八州は江戸時代からの品種

八州は、平成になってからの

大八州の芽変わり

この鉢が受け入れてくれる許容範囲には

十分入っているだろう…‥‥‥

我輩、遊び心には、

全力で向き合うように

普段から心掛けている

鉢合わせとは、お洒落するのと一緒

可愛い娘に着物を着せてあげる事と

さほど変わらない事である

沢庵くさい古女房も、

綺麗な着物と高い化粧品と

韓国エステにでも通わせれば

良く見える……

かも…‥‥‥

鉢合わせは、

女の子が、リカちゃん着せ替え人形に

夢中になるのと、さほどかわない遊びである。

購入した蘭の価格は、黙秘権。

大人の隠れ家道楽である。

なので家の中では、

肩身の狭い思いをされていらっしゃる輩も

多いのではないか…‥‥‥



マンションなんかだと

洗濯物を干すから、

邪魔!とか言われながら、

値段を知らされていない女房に

蘭を、粗末に扱われ

偉い目にあった輩を

私は、何人も見てきた。

江戸時代も、現代と同じで

肩身の狭い思いをして

コソコソと、やっていたかも知れない。

何時の時代も、男は弱いものです。

8……女は、怖いですよ…‥‥‥


蘭道楽は、

不倫なんかするより

割りと安上がりかも知れません…‥‥‥

あれ、何の話でしたっけ??

心にツンツンきた方々

只今当園では、

夏のボーナス一括払い

受付中でございます。



                 園主


c0211318_11135740.jpg
c0211318_11140040.jpg
c0211318_11140769.jpg
c0211318_11141026.jpg


# by 0130hide | 2017-06-29 10:06
2017年 06月 27日

金牡丹黄縞


紺地の良いタイプ

子は覆輪になりそうな面白い木

孫の芽当たりも確認出来ます。

先日ご紹介の微弱墨の系統ですので

小豆と紺地と縞のコントラストが

とても良い感じです。

葉先も少し丸止めで

コロコロしいていて愛嬌があります。

園主


c0211318_10061354.jpg
c0211318_10060677.jpg
c0211318_10061940.jpg


c0211318_10055153.jpg

友禅黄縞とツーショット

c0211318_10125777.jpg






# by 0130hide | 2017-06-27 10:26 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 27日

友禅錦の行き着いたところ

登録友禅は、後眩みの縞でしたが

最近は、その殆どが金ボタン化している状態

黒牡丹が、金牡丹に成って行くのと同じ道を

辿っているようです

この友禅は所謂、黒牡丹の黄縞(黄牡丹錦)化した個体

墨だけの友禅を100鉢、10年作っても

出るか出ないかと云う・・・

価値にみて頂ける方には、お宝ですが

興味の無い方には、ただの縞・・・


この芽変わり

初めて見て以来ずっと

私の眼の奥から、残像が消えない

吉永小百合さん的な・・・

憧れのマドンナでした。

一目惚れってやつですかね。

恋焦がれていましたが

先日

遂に手元に来ました。

諦めず追いかけ続けると

いつか願いは叶うものですね

寅さんは、毎回失恋してボロボロになって

また旅に出るんですが・・・


あまり他の品種と比べたくは

ありませんが

葉型に品があって

私は好きです。

次のご紹介は、5年位先になるかと思います。

園主


c0211318_07174737.jpg
c0211318_07174272.jpg
c0211318_07174560.jpg
c0211318_07180594.jpg


# by 0130hide | 2017-06-27 08:03 | 蘭亭 コラム