2017年 06月 22日

水無月 みなづき

日本列島やっと梅雨らしくなってきました。

富貴蘭の成長も楽しい季節です。

品のいいお庭の奥にある

蘭小屋の脇では、紫陽花も咲いて

しっとりとした風情のある空間です。

お客様との蘭談義、

嫁に出した蘭と、久しぶりの再会

どれだけ増えたとか、

これは栽培が難しいとか、

これからどんな品種が欲しいとか、

夜な夜な、きりのないお話をして、

地鶏と芋焼酎を御馳走になって…‥‥‥

これは果して仕事と云えるのか…‥‥‥

楽しすぎて歳をとるのも忘れそうです。

               園主

c0211318_10014513.jpg
c0211318_10014892.jpg
c0211318_10015162.jpg






# by 0130hide | 2017-06-22 09:43 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 17日

微弱

変化し続ける牡丹系

近ごろ、墨無大型巾広の人気があるが、

最近私の好みは、微弱墨の紺地の良いもの

強墨だと根も伸び難く、

あまり増えてくれない。

人間の欲望とは、きりのないもの

女性は、色白がいいが、

風蘭は、緑色が濃い方が好みだ。

最近の私の答えは、この辺で落ち着きそう。

元来、飽き性なもので

半年、一年後に

云う事が変わっているかもしれないが…‥‥‥

そこは蘭商、正直に言うと

その時に売れるものが好きになってしまう。

これは、商人のサガでありますので

御許しくださいませ。

普段の仕入れで蘭のどこをみているか

キーワードは、ロングセラー、ロングラン

末永く、

多くの愛蘭家さまに支持して頂けるか

人気が永く継続するか

毎朝の水掛けが、楽しいか

そんなところを感じながら

やらせて頂いております。

ちょっと趣味家気分の園主でした。

明日は、明日の風が吹くでしょう…‥‥‥




c0211318_08472044.jpg


親が素晴らしく地味な串目

このレベルだと、出てくる新芽は

最高の見栄えの縞に成ってしまうのです。

蘭は、1鉢1鉢微妙に違うもの

その辺は、こだわってセレクトしております。

うちの娘たちは、おあとがよろしいようです。

c0211318_08472268.jpg
c0211318_08472471.jpg
c0211318_08472700.jpg


# by 0130hide | 2017-06-17 08:15
2017年 06月 09日

白曙白縞ルビー根

が美しい

やっぱり不老白って色白美人。

先日、お客さまのところで、

柄の良い所だけ、

お譲り頂きました。

子は、九州に嫁入りが決まり

親木も預けて、秋迄栽培して頂く事に。

親も…‥‥‥とおねだりされましたが

うちにも1つ位ないと

格好つきませんのでキープ。

当園推奨銘柄の人気商品ですので、

後は、ゆっくりと作にかかります。

来年の秋頃迄は、

余剰品の無い状況でございます。

未登録品種ですが、

これもうれしい悲鳴ですね。

ありがとうございます。


               園主


c0211318_05102589.jpg
c0211318_05103846.jpg
c0211318_05104723.jpg
c0211318_05105279.jpg
c0211318_05105572.jpg


# by 0130hide | 2017-06-09 05:00
2017年 06月 08日

やっぱり好きな

豆葉の縞

画像は、兜丸の…‥‥‥シマ

まだまだ、発表していない良い素材がありまっせ‼

これだけ柄が揃えば、誰もケチつけんやろね~

最近始められた趣味家さんは、ピンと来ないかもしれへん。

オリジナル兜丸に惚れて作っていた方には、

たまらん芸やね。

青軸青根、清々しい豆葉の縞の登場でございます。

                   園主


c0211318_20133346.jpg
c0211318_20133968.jpg


# by 0130hide | 2017-06-08 20:03
2017年 06月 08日

尾張波千鳥染め付け輪華型鬼面足

縁が広い、4寸半位の内径

火屋が少し小さいですが、

合わせてみると程よいバランス。

結構な大株を入れられるサイズになります。

染め付けですので、中身は選らばい

オールマイティーに使える鉢です。

単純な丸鉢では、ありませんので

凄くおしゃれな感じですね。

こちらの鉢の価格は、¥150,000になります。

                 園主


c0211318_11414483.jpg
c0211318_11414644.jpg
c0211318_11414978.jpg


# by 0130hide | 2017-06-08 11:28
2017年 06月 07日

本気のくま


7月7日、上野グリーンの展示会の段取りで

本日は、東京へ

段取り後は、御棚訪問&御用聞きに

子連れの、くまに逢ってきました。

この子が、親離れ出来るのは、2~3年後。

『行く所が、無かったらうちにおいで…』そっと

声掛けてきました。

私の中では、3年後の仕事が、

今から始まっているんですね

これを、世間では、唾をつけ得…‥‥‥?といいます。

1つの仕事に時間掛けるの、

割りと好きなほうです、私。

これだけの色気が有ると、

建国とは、似ても似つかないわね。

本気出してる、くまさんでした。


                  園主

c0211318_20171616.jpg
c0211318_20172183.jpg


c0211318_20172767.jpg


# by 0130hide | 2017-06-07 20:07
2017年 06月 05日

心に映る気色

数多くの数奇者、コレクターの方々を経て

遂に当園にたどり着いた。

浮田の白胴雲鶴青波図縄縁

4寸あるので、葉振りいいタイプの

20本立ち位が、しっくりくる。

出来れば、白色系統が似合うだろう。

浮田の鉢は、その形状が独特で、

品がいい。

絵付けは、明治~大正期の

ジパングヌーボー的な雰囲気

外国文化に、負けるものかと

古典感覚を強く意識している感じがある。

五柳ほどの細密さは無いが

生き生きとしていて

飽きの来ない絵付けだ

開国後の日本

古きよき時代の

銘鉢が、良く無傷で…‥‥‥

蘭界の次世代に

しっかり伝承して行きたいとおもう。

                   園主

c0211318_16091445.jpg
c0211318_16091577.jpg
c0211318_16091802.jpg



# by 0130hide | 2017-06-05 07:53 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 04日

風かほる 

深い山あいを抜け

山村にたどりつく

渓流相の川辺

愛蘭人と共に

香魚と遊ぶ

山蝉は、谷を渡り

鴬の囀りに耳を傾ける

曲水の宴に蝶が舞い

初夏の深緑が眩しい

左手のスイカの匂いを聞いては

今年もまた

歳を重ねた事を

ふりかえる

そろそろ山では

香蘭の蕾も綻ぶ頃かな

友にとって

風かほる

いい季節になることだろう



              なんちゃって陶淵明 

c0211318_15232316.jpg
c0211318_15233110.jpg
c0211318_15233886.jpg


# by 0130hide | 2017-06-04 07:00 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 03日

金牡丹黄縞 犬山焼六角鉄釉被り

庭木釣りさげ作りの牡丹。

肉厚で締まって格好いいでしょ?

子も3つ総柄でございます。

仲の良い盆栽屋さんが、

探して来てくれた

珍しい六角鉢に入れてみました。

c0211318_10522168.jpg
c0211318_10522372.jpg
c0211318_10522685.jpg
c0211318_10522843.jpg
c0211318_10523113.jpg



鉢は、しっかりと高温で焼かれた、

薄手に作られたものです。

鬼面足の作りが素晴らしく良い出来。

くだけた時代感のある和める絵付け。

良い時代のプロフェッショナルな仕事ですね。

鉢の下方にわざわざ鉄釉薬を使った

意図が良くわかりませんが、

鬼面のデザインを引き立てたかったのかな…‥‥‥

色々考えていると

楽しいですね。

w10cm×8.5cm h7.5cm

こちらの鉢の価格は¥100,000-になります。

c0211318_10523862.jpg
c0211318_10524293.jpg
c0211318_10524812.jpg
c0211318_10524940.jpg


# by 0130hide | 2017-06-03 10:32
2017年 05月 30日

上弦の月…‥‥‥

黒牡丹の覆輪。

全体が、剣葉の様相に。

月笙冠とは、一味違う。

黄いお月様を連想させてくれる。

お月様の3本立ち?

画像は、3年前の成長期のもの。

c0211318_16584238.jpg
c0211318_16591003.jpg


全体が動いて、黄色の覆輪がハッキリスカッと

色づくには、梅雨明けの頃かな。

株のままじっくりと、暫くはこのまま

水を掛けてみましょうね。


c0211318_16593710.jpg


綺麗に成ったところで

再度、アップしますので、

また、ご覧ください。

                   園主

# by 0130hide | 2017-05-30 10:53
2017年 05月 28日

京楽オモト鉢四寸

菱窓唐草牡丹図亀甲古紋

私は、こういう手の絵付けを

ヘタウマイと言っております。

基本上手い方が、一見下手に

勢いにまかせて、ざっと描くものと

基本下手な方が、一生懸命上手く描こうと

している作品は違った感じで

自分の眼に写ってしまう。

感じてしまう。

それと商業的では無い感じ。

絵付けに商売っ気が、

ぜんぜん感じられない。


この作品は、

子供が描いたように

漫画チックで面白みがある

窓の中の牡丹図はとても丁寧で、

黄色と青色の窓が特に良い感じ。

金牡丹なら20本立ち位が調度いいかな

青色の窓には、清涼殿の様な青根の品種、

赤い窓には、建国殿かな……‥‥‥

先ずは、好みの鉢を購入し、

鉢に見合うサイズまで10年掛かりで作りあげる。

これもアリですよね。

江戸幕末あたりの風情は、

平和で穏やかで

やんちゃで、

粋な感じ…‥‥‥

時代背景によって

鉢の雰囲気も違うものですね。


※先日入荷してきました。

近々販売させて頂きます。

宜しくお願い致します。

                 園主


c0211318_18512220.jpg
c0211318_18512373.jpg
c0211318_18512729.jpg
c0211318_18512909.jpg
c0211318_18513234.jpg


# by 0130hide | 2017-05-28 07:00 | 蘭亭 コラム
2017年 05月 27日

天樹です。

皆さんの記憶からは、

もう飛んでいるかもって品種です。

こんなのを、コツコツと作られて

いるコアな、愛蘭家さんもいらっしゃるんですね。

久し振りに見たのと

柄も素晴らしいのと

感激しました。

即交渉。

持って帰らせて頂きました。

                園主


c0211318_11494610.jpg
c0211318_11495330.jpg
c0211318_11495516.jpg
c0211318_11495629.jpg
c0211318_11495883.jpg


# by 0130hide | 2017-05-27 11:32
2017年 05月 26日

白露

鑢高隈の白縞が

覆輪化した品種

いままで専門書等で、紹介されてきたことは

多々あるが、

前作者が、作落ちさせてしまった折り

私に相談され、譲り受けた。

越前の御隠居さんの棚にて

作り直し

ここまで復活させて頂いた。

御隠居さんは、当年88才。

春蘭を50年やってこられた、蘭界の重鎮。

私が富貴蘭に引っ張り込んだのですが‥‥‥‥



何を作らせても、上手いんですね。

来年あたりは、御披露目しようかと

又、悪巧みしているところで御座います。

もう少し白虎を鮮明に表現したいところです。

虎覆輪芸の中では、芸の切れ味抜群と

思っているのですが、さて世の中の評価は

如何なるものでしょう…‥‥‥

                園主

c0211318_22431256.jpg
c0211318_22431670.jpg
c0211318_22431948.jpg


# by 0130hide | 2017-05-26 07:22
2017年 05月 25日

蘭の進化は、待ってくれない。

骨董数寄のお客さまが、

京橋の老舗古美術店に、入り浸り

白州(しらす)正子さんに凝っていた折り

命名された白州(はくしゅう)

大八州を意識してってことは

ないと思いますが‥‥‥



白州(夢幻の白縞)から覆輪が完成。

都羽二重系の葉柄、根色になります。

羽二重なので、柄追いも悪くありません。

覆輪に成っても、成功する

柄筋であります。

こちらの覆輪の子

販売させて頂きます。

白くて、綺麗な個体でございます。

価格は、ご予約-になります。

                     園主



c0211318_14480940.jpg
c0211318_14481172.jpg
c0211318_14481378.jpg


# by 0130hide | 2017-05-25 14:36
2017年 05月 24日

不老白

子が覆輪芸に、進みつつある

豊明殿から芽変わりした天然の白縞

葉の型は、先太りの正統派

とっても富貴な蘭‥‥‥

越前の御隠居さんの作ですが、

みずみずしいく、清清としております。

根の色は、透明感のあるルビー

清らかさと色気を合わせ持った

貴品に成ってくれました。

ご希望のお客様がありましたら、

子のご予約を承ります。

価格、詳細は、ご相談ください。

宜しくお願い致します。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
               
                  園主

c0211318_08362477.jpg
c0211318_08362787.jpg
c0211318_08363585.jpg
c0211318_08364060.jpg


# by 0130hide | 2017-05-24 08:18 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 23日

プラチナ牡丹

黄牡丹錦と言われている

No.1黒牡丹から出る天冴えの黄縞を

先日ご紹介しましたが、

こちらの木は、その柄落ちの青を栽培中に

変化してきた蘭になります。

眩みは、するものの

天葉の出芽の感じは、

登録品種で一番近いところで云うと

都羽二重のような、品の良い乳白色。

No.1の黄色味のある感じ、

黒牡丹月笙系の様な、透明感の

あるものとも異質。

暫くは、作ってみて、

様子を見て行きたいと

思っております。

富貴蘭の変化って

ホント楽しませてくれますね。

                  園主

c0211318_17103609.jpg
c0211318_17103977.jpg
c0211318_17104399.jpg
c0211318_17104687.jpg
c0211318_17104859.jpg


# by 0130hide | 2017-05-23 16:57
2017年 05月 19日

化粧なおし

美しい着物(化粧鉢)を着せて

串を入れ

葉面も綺麗に拭いて

明日は、御披露目の日

皆様、お気軽に遊びに来てください。

直寅も、鰻の蒲焼きも、浜松餃子も

待っておりますので…‥‥‥

宜しくお願い致します。

                    園主

c0211318_11184454.jpg


# by 0130hide | 2017-05-19 11:10
2017年 05月 18日

絵に描いた様な…‥‥‥

金牡丹黄縞。

かなり串目調です。

小豆(赤み)も適当にあっていい雰囲気。

紺地良く、コントラスト良くて、美しいです。

牡丹系の蘭と並べてみると

王様的風格が漂っております。

これなら、一生付き合ってもいいな~

と思って、入れてきました。

これだけ揃った黄縞、

お譲りいただく交渉も、

中々、大変でした。

もし、心がざわざわするような事が

ありましたら、お問い合わせください。

                  園主


c0211318_20102748.jpg
c0211318_20102917.jpg
c0211318_20103005.jpg


# by 0130hide | 2017-05-18 12:39 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 18日

亀谷金牡丹

葉幅、葉肉、間口、

とにかくボリューム満点

栽培しやすく、フエルフエル系の金牡丹

3.5寸鉢からはみ出る、王さまサイズ。

こちらの商品の価格は、¥160,000-になります。

こちらの商品は、ご予約いただきました。
ありがとうございました。

               園主


c0211318_14581258.jpg
c0211318_14581774.jpg


# by 0130hide | 2017-05-18 10:13 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 17日

黒牡丹黄縞 

天冴えタイプの黒牡丹

こんなに串目に縞が割れるのも初めて目にします。

No.1黒牡丹から芽かわりし、

3本揃った姿。

素晴らしいです。

15日に掲載された最初の画像

No.1から、出た木になります。

よくぞここまで作り込んでくれました。

夢の様な、お話ですね。

c0211318_10154729.jpg
c0211318_10154860.jpg
c0211318_10154987.jpg
c0211318_10155085.jpg

c0211318_10510786.jpg


# by 0130hide | 2017-05-17 10:07
2017年 05月 17日

黒牡丹No.1

余り眩まないタイプ

小さい子付です。

柄は、荒いところ様に見えますが

けっこう割れております。

8cm


c0211318_10062993.jpg
c0211318_10063132.jpg
c0211318_10063312.jpg


# by 0130hide | 2017-05-17 09:55
2017年 05月 15日

風と共に去りぬ

今朝は、鶯の囀ずりに目覚めた。

一瞬、何処にいるのか、記憶を辿る。

え‥‥‥と‥‥‥

昨日は、四国富貴蘭会の後

知り合った初めてのお客様お二人の

お棚を拝見させて頂き

c0211318_10100998.jpg
c0211318_10101106.jpg


『一杯いこか』と誘われ

ご馳走になり

蘭談義に花が咲き、

釣りの話で盛り上がり

酔った勢いで、口説きが始まり

‥‥‥‥‥‥

ここは、お客様の家の二階の一室だった。

奥さまの手作り

美味しい朝食を頂いて

蘭舎をもう一度拝見

良い水と、良い空気で育った蘭達は

いたって健康的で、見ていて清々しい。

ここは、徳島県吉野川の中流域

山と山の間を気持ちいい風が流れている。



家を出て4日目、

提籃の中も、満タン状態

ボチボチ家路につこうか‥‥‥

どうしようか‥‥‥

徳島から鳴門、淡路島を通過しながら、

またいい風が流れている‥‥‥


                 旅蘭商 寅









# by 0130hide | 2017-05-15 09:20
2017年 05月 14日

黄玉殿

富貴蘭中一番希少とも云える

覆輪種です。

羆より扱う個体が少ないかもしれません。

30年以上前は、万月の偽物で流通していたことも

ありました。

作り込まれた良い木が

世に少しづつ紹介され

見直され、昨年登録。

この品種の魅力は、初心者さまでは

少し難しいかもしれません。

なので、あえて詳しく解説する事は

不必要かと、

敢えて1つ云うなら雰囲気が‥‥‥

20~30年、一通り収集した後

心の琴線に響いたら、

それから購入をお考えください。

そんな蘭なんですね。

                 園主


c0211318_04523227.jpg
c0211318_04523430.jpg
c0211318_04523742.jpg
c0211318_04523959.jpg


# by 0130hide | 2017-05-14 04:30 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 12日

口説きに‥‥‥

お客さまから、ラインして頂いた蘭

片道8時間掛けて

口説きに行く道すがら

こんな時間が、一番ワクワクして

楽しい。

すぐに落とせるんでは、

面白みがないし、

無理を言って、

やっとこさ手に入れた蘭でなければ、私も

次のオーナーさまも、納得してくれないし、

簡単に手に入るものでは

いけないのです。

私もちょっと、苦労しないといけません。

高い金額を提示すれば、

お譲り頂ける事でも、ありませんしね。

蘭も、一期一会の出逢いです。

富貴蘭の中で、一番品の良い覆輪、根の色を

しています。

吉永小百合さんって感じでしょうか‥‥‥

たまりませんな‥‥‥

                  園主

c0211318_18481912.jpg


# by 0130hide | 2017-05-12 18:28
2017年 05月 11日

碧岩(へきがん)

奄美墨の黄色縞

歪正に成った姿が

いい味しております。

黒牡丹系、建国系、友禅系、吟風系、銀領系と

墨のある蘭の変化を楽しめるのは、

富貴蘭ならではの、おたのしみですね。

白縞、黄縞、牡丹芸等々、

各品種を集めて、

横割していくと

この一連の変化を楽しめる深い世界です。

また、楽しいコレクションになると思います。

こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

c0211318_09503649.jpg
c0211318_09503796.jpg
c0211318_09503909.jpg




こちらの画像は、親木です。

カッコイイでしょう?

黄牡丹錦、紅牡丹の縞みたいにみえますね。

c0211318_09504093.jpg


# by 0130hide | 2017-05-11 09:34 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 10日

初心者さんにも、作りやすい白いの2点

春先寒ったので、うっすら紅を射しました、

ルビー根も散ら散ら、

奄美白縞、細葉系です。

当園で、付けた名前が

紅寿白になります。

こちらの商品の価格は、¥38,000-になります。


c0211318_11371544.jpg
c0211318_11371809.jpg
c0211318_11372204.jpg
c0211318_11372509.jpg



無名の奄美白覆輪

奄美冠白タイプです、

雪白と云うよりは、優しい乳白色

やはりルビーと泥根が混合して

出てきました。

こちらの商品の価格は、¥55,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。


c0211318_11372902.jpg
c0211318_11373123.jpg
c0211318_11373616.jpg






# by 0130hide | 2017-05-10 11:23
2017年 05月 09日

慶賀 美株

中々柄の揃ってくれない品種

クラッシックな富貴蘭の中では、

私も大好きな木です。

上柄の株2鉢育てておりましたが、

今回は、その内の1つをご紹介します。

子5本付いております。

柄の揃った株の慶賀、

古い品種ですが

探すのに、意外と苦労します。

洗練された美しい白斑は、

とても品の良い芸でね。

作り込む程に良くなるでしょう。

価格以上の価値があると思います。

こちらの商品の価格は、¥75,000-になります。

                 園主



c0211318_10185447.jpg
c0211318_10185611.jpg
c0211318_10185870.jpg


# by 0130hide | 2017-05-09 10:07
2017年 05月 08日

白日夢

豊橋の蘭のお店、蘭麝さんの

看板木、白日夢の元木。

総ルビー根で、手前の子に白縞を噛んでおります。

沢山子の付いた株立ちです。

良い夢がみれるか‥‥‥

悪夢になるか‥‥‥

その辺は、お遊びですので、

余り深く考えない様にしましょう。

ご予約が入らなかった時は、

夢から、さめるまで栽培してみます。


こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

               園主


c0211318_08064257.jpg
c0211318_08064450.jpg
c0211318_08064636.jpg


# by 0130hide | 2017-05-08 04:53 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 07日

山葡萄文短冊屋製

京楽の古い鉢

短冊屋製の中でも、一番古いんではないかと

単純、素朴で愛嬌があります。



上手く精密に描いたものは

早く飽きてしまう事もありますが‥‥‥



セッコクが咲いていたので、

入れてみました。

野趣溢れる蘭に写りのいい鉢です。

共箱が、付いております。

こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
                  園主


c0211318_13545639.jpg
c0211318_13545783.jpg
c0211318_13550080.jpg
c0211318_13550205.jpg
c0211318_13550493.jpg


# by 0130hide | 2017-05-07 08:07
2017年 05月 06日

凄いの、見つけてきました。

先日、伺ったお客様の御棚で、

金牡丹縞から出た、

雪白色の三光中斑を見つけてしまいました。

まだ小さな木ですが、

大きく成れれば、牡丹系の芽変わりでは、

今世紀最高の貴品に成ると信じております。

暫くは、門外不出。

10年位は、寝かせる事になるでしょう。

じっくりと、大きくして頂ける方に預けて

本日のお仕事は、これにて終了しました。

                園主
              

c0211318_11321213.jpg
c0211318_11322865.jpg
c0211318_11324996.jpg
c0211318_11330977.jpg




# by 0130hide | 2017-05-06 11:17 | 蘭亭 コラム