カテゴリ:蘭亭 コラム( 188 )


2017年 01月 01日

あけましておめでとうございます!!


旧年中は、お世話になりました。

本年も、御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。


今年は、自己の器を拡げる、一年にしたいです。

蘭の器と云えば、楽鉢。

楽の古鉢で、最高傑作と云えば五柳

いにしえの芸術的作品です。

こんな器に入れてもらえる蘭さまは、どんな蘭なのか・・・・


今年もより上を目指して、精進させていただきます。

平成29年元旦

園主 梅原秀史

c0211318_14171501.jpg



by 0130hide | 2017-01-01 14:28 | 蘭亭 コラム
2016年 12月 29日

富貴蘭は、

やめられないですね。

変化する蘭は、楽しい。

お客様の不老冠(豊明殿白覆輪)

この娘は、じっくりと仕上げて頂きたい品種。

十分紺地がのるまで、株分けしないように

先日お客様に、釘をさしてきました。

品種の性質上(派手な個体が割りと良くなる)

いい覆輪になると予想しております。

10年前は、ここまで進化して来ようとは

想像出来ませんでした。

思い切って勝負しといて正解でしたね‥‥‥

この蘭さまは、想像以上、出来すぎでした。

お客様にも、喜んでいただけて‥‥‥

蘭商冥利に尽きます。

c0211318_23151980.jpg



 御礼

東海園ブログ、サムライオーキッド(大名の愛した蘭)をご覧頂きまして、一年間ありがとうございました。
今年も、沢山のお客様に支えて頂き、ここまできました。お陰さまで東海園の呑平店主も、何とか年も越せそうです。

来年の蘭界は、動と変化の一年と、予想しております。新しい流れも自ら興し、楽しんで頂く為の趣向も、年末年初じっくりと、考えてみようと思っております。
今年は、この辺で失礼します。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

   

             園主 梅原秀史




by 0130hide | 2016-12-29 17:00 | 蘭亭 コラム
2016年 12月 23日

二泊三日で‥‥‥

旅立って行く蘭さまたち

一昨日来たと思ったら、

明日はもう新しい御棚へ

こんな荷作りをする蘭商さんも

最近は、余り見かけなくなった。

私にとっては、蘭は生きる美術品。

日本は、大陸性の気候とちがい、四季がある。

なので、蘭の顔色、姿も四季移り変わり

東アジアのなかでは、一番美しく仕上がる。

北国の風雪に耐えてきた蘭は、

特に美しいと思う。

大好きな、品種ほど

すぐに、旅立ってしまう。

寂しくなるが、この寂しさを帳消しにしてくれるのは

2~3年後、嫁ぎ先を訪れた時。

作上がりした蘭さまに再会した時の喜びに

替えるしかないかな‥‥‥

柔らかい白紙にそっと包み

堤籃に入れる。

お客様が帰られた後、これで夜のお仕事終了。

明朝、当園をチェックアウト‥‥‥

園主

c0211318_01011321.jpg
c0211318_01011557.jpg






by 0130hide | 2016-12-23 07:20 | 蘭亭 コラム
2016年 11月 30日

素敵な夜の街‥‥‥

四国松山で、坊っちゃんナイト

c0211318_18325611.jpg


次の日の早朝、お客さんと海へ

私は、ハマちゃんやってきました。

c0211318_18240403.jpg



Iさんは、建設会社のオーナーと云う立場をおりて

一本釣り師の道を歩まれておられる

一風、変わった方です。

富貴蘭栽培は、上級者レベル。

恒に腕を磨き、日々進化、

日々更新で、上作を目指してます。

栽培のノウハウを自分のものにするためには

全国歩いて来た、私も顔負けの

研究熱心な、愛蘭漁師さん。



今回は、黄鯵の1本釣りを教えて頂いてきました。

黄鯵とは、3年物~5年物の漁礁に居着いた瀬鯵

松山、今治辺りは、鯛も有名ですが、

黄鯵の市場価格は、鯛の2倍~3倍だそうです。

黄鯵の食感は、関鯵ににて美味。

コリコリとして非常に甘味があります。

3~5年物の黄鯵は殆ど、

高級料理屋さんに卸されるそうです。

c0211318_20093416.jpg
c0211318_20093703.jpg




by 0130hide | 2016-11-30 10:00 | 蘭亭 コラム
2016年 11月 20日

最近なんか、寅さんみたい‥‥‥

c0211318_11580749.jpg


な蘭商、梅原です。

よくお客様にも、そう言われます。

私の場合は、スーツケースでは無く

竹製の堤籃ですけど‥‥‥

最近は、東北地方にも足をのばしております。

夏は、九州を巡業。



先日は、岡山で仕入が出来たので、

そのまま、福岡の久留米まで。

仕事は、30分で終了。

久しぶりの仲間と、久留米の夜。

帰ったのは、朝方でした。

歳もかんがえて行動せねばと思いますが・・・

久しぶりの再会に盛り上がり、ついつい呑み過ぎました。


これからも、FACE TO FACE な行商させて頂くつもりです。

ネットとメール?たまに電話だけでは、寂しすぎますよね。

伝えたいことも伝えられないし

顔を合わせて、ご飯行くだけで

言葉に出さなくても、伝わったり、

感じ取れることも沢山あるのではないかと思います。

呑平











by 0130hide | 2016-11-20 00:07 | 蘭亭 コラム
2016年 10月 06日

熊に襲われないよに‥‥‥

お客さんから、キノコも画像が沢山届きました。

みなさんお好きですよね‥‥‥

蘭もキノコも、天然物は美しいではありませんか?

こんなの取れれば、感動ものですね。

秋を感じさせてくれます。

台風が、去ったら少し涼しくなるのかな‥‥‥

皆さま、ご馳走様でした。


松茸
c0211318_22501719.jpg
舞茸
c0211318_22502335.jpg
本シメジ
c0211318_22503451.jpg
c0211318_22503953.jpg
香茸
c0211318_22504642.jpg


by 0130hide | 2016-10-06 09:41 | 蘭亭 コラム
2016年 10月 05日

羆の光

羆とは、一切関係の無い品種。

昔は、縞の木だったのですが、

当事、良い中透けになりそうな雰囲気が、ありました。

最近は、中透けとして固定しているようです。

青軸青根の、品のいい品種です

私は結構好きな蘭なんですが、

世間の評価は、まだまだ低いような気がします。

作り込んだ株が、一度全国大会とかに発表されたりすると人気が上がってくるでしょうけどね。

うちでも、しばらくは作り込んで行こうかと思っております。

園主


c0211318_10290528.jpg
c0211318_10290883.jpg
c0211318_10291067.jpg
c0211318_10291248.jpg


by 0130hide | 2016-10-05 09:15 | 蘭亭 コラム
2016年 08月 23日

親子

こちらの羆が親。

さすがに天葉の抜け方は、白い。

建国とは、大分ちがいます。


c0211318_22232897.jpg
   


こちらは、子

株分けして、3年後。

腰斑も綺麗に色付いて、

柄の抜けも綺麗に見えます。


c0211318_22233098.jpg


既に東京のお店に収まっております。

先日、画像を送って頂きました。

羆の親子ですが、環境によって違うものです。

この時期の建国は、鈍い色ですが、

秋には、綺麗に成って行きますので

羆より綺麗に見える時もあります。




by 0130hide | 2016-08-23 22:09 | 蘭亭 コラム
2016年 08月 17日

サロン風に‥‥

店内に、竹林屏風を入れてみました。

益々、骨董屋さんみたいに‥‥

今年の夏は異常な暑さ、

視覚的には、ちょっと涼しくなりました。


c0211318_11021887.jpg



暑い夏には、奄美産は如何でしょうか?

色々入荷しております。

盛元、大観、九州産(売約済)、匂威

どれも、素晴らしく良く出来たものです。

お問い合わせくださいませ。

c0211318_11022332.jpg


by 0130hide | 2016-08-17 10:48 | 蘭亭 コラム
2016年 07月 27日

夏休み

先週、山梨の親分と、奥飛騨の高原川に

鮎釣りで、遠征してきました。

宿は、平湯温泉。

当園からは、松本、上高地、安房トンネルを抜けて約4時間の道のり。

源流は、乗鞍岳の方になると思います。

やや冷たい水でしたが、渓流相の綺麗な川でした。




c0211318_12540557.jpg
c0211318_12540767.jpg
c0211318_12540960.jpg


by 0130hide | 2016-07-27 22:05 | 蘭亭 コラム