カテゴリ:蘭亭 コラム( 195 )


2015年 08月 28日

亀の15本に合わせて見たら…

ヤフオクで落札したら、ボロボロだった偕楽園系のお庭焼。

お客様で器用な方がいて、金継ぎをお願いしました。

でこんな風に、合わせてみましたが……

どげんですか?

どうしても鉢が強くて、中身に勝ってしまうので…

中々合わせるのが、大変な鉢です。

金牡丹は、大株になると、天葉の色が鈍く成る性質を持っております。

バランスの良い5~8本位迄が、美しいですね。


c0211318_16441441.jpg


亀金は、只今商談中です。     園主

by 0130hide | 2015-08-28 16:26 | 蘭亭 コラム
2015年 08月 13日

雰囲気出てきた、横綱白縞の…

第二子。

親株は、東京で栽培中です。

第一子は、埼玉。


こちらは、福井県のご隠居さんのヨコです。

ご隠居さん、とても栽培がお上手です。

しかし、デジタル機器を使いこなす事は、無理みたいです。

蘭に肥料をやるのは、凄く上手いんですが…

スマホで画像を送って頂いたのは、

息子さんの奥様に、ラインでお願いしました。


c0211318_18112978.jpg


c0211318_18114410.jpg


先日嫁いだ第三子も、その内に紹介させて頂きます。



by 0130hide | 2015-08-13 17:53 | 蘭亭 コラム
2015年 07月 30日

三年がかりか、五年がかり…

いやいや十年位は、当然の世界です。

このような蘭が、綺麗に柄が揃い、お披露目に成るまでの歳月。

長生きしないと、富貴蘭はやって行けません。

ですから皆さん…頑張って生きましょう!

縞物は、変化を楽しめて良いのですが、時間もいっぱいかかります。

時間がかかりますと、私の仕事(行商)の回転も遅くなります。

お客様におねだりするも、金額さえ合えば合意にこぎ着けるという単純な話しでもなく…

こちらが欲しい物は、お客様も大事にされていて、

中々出して頂けないのと、

高齢な方々はお金には、余り興味が無くなり

売らなてもいい、楽しんでるんだから……

……中々難しいものです。

この蘭も、その一つ。

今のところ、門外不出になっております。


c0211318_06225813.jpg


弓を引く様な、姿を早く見たいものです。

この子、素晴らしくないですか?

c0211318_06230963.jpg



孔雀丸極黄色縞
栽培者 S県 i様

by 0130hide | 2015-07-30 05:51 | 蘭亭 コラム
2015年 06月 02日

大会も終わって

一段落。


こちらは、初日の午後の様子です。
c0211318_07361490.jpg


c0211318_07361809.jpg


雛壇は、見慣れた木が多かったけど

c0211318_07362555.jpg



一番眼に着いたのは、この鉢でした。

五柳の多分4寸位でしょうか。
c0211318_07362714.jpg


お客様の大会入賞品

栽培の様子です。
緑宝縞の株
柄揃いが素晴らしい。
c0211318_07363089.jpg


太極仙の覆輪
綺麗な紅を刺していて、大会でも良い評価をして頂いておりました。

c0211318_07363390.jpg


10階の屋上で栽培させております。
c0211318_07363687.jpg








by 0130hide | 2015-06-02 07:14 | 蘭亭 コラム
2015年 04月 08日

羆くんが、発根してきました。

国産の蘭は、やっと今から生長しだします。

羆くんや金牡丹くんは、特に遅いですね。

富貴蘭は、今の季節は根の色を楽しめる時期。

天葉の立上がりも、透明感があって良い感じです。

建国殿も秋にはいい色だったのですが、春になると眩んできます。


最近あまりに、他の植物に没頭し過ぎて、何人もの方々にお叱りを受け、ボチボチ…本職に戻ろうかと思います。

しかし、趣味で植物を集めるのって、楽しいですね。

とくにレアプランツの植物は、所有欲も満たしてくれるし…

詰まるところ、富貴蘭や東洋蘭は、その究極の世界だって事に、なるでしょうか…

遊び人 園主

c0211318_14000963.jpg


c0211318_14000930.jpg


c0211318_14000907.jpg




by 0130hide | 2015-04-08 13:40 | 蘭亭 コラム
2015年 03月 10日

富貴蘭と一緒に楽しでおります。

先日ご紹介させて頂いたアグラオネ マピクタム トリカラーです。

アップで見て頂くとこんな迷彩柄をしております。

三色のものがトリカラー、二色のものはバイカラーと呼んでおります。

こちらは、アンダマンと呼ばれている品種です。


c0211318_7455327.jpg

c0211318_7455364.jpg


これも、アクアテラリウム系の方々で、流行っているベゴニアです。

フィリピン ネグロス島産
ネグロセンシス ピンクドットです。

c0211318_7455472.jpg


これは、ノボタンの仲間です。

ホワイトドット。

湿度を保つ必要がありますので、水槽の中で管理しております。

c0211318_7455447.jpg


ベコニアは、以前、自然と野生蘭で紹介されたビバリウムの作者さんから分けて頂きました。

作った方は、竹井さんというプランツハンターです。

ブログ WIRD WINDで外国での採取記をアップされていますので、ご覧になって見て下さい。

今は、マレー半島に出掛けられているみたいです。

by 0130hide | 2015-03-10 08:19 | 蘭亭 コラム
2015年 01月 17日

最近遊んでいる…

エリオスペルマム は、何種類か買ってみた…
今度はこれが欲しいんですが…

ドレゲイ
c0211318_2333061.jpg



マダガスカル産の自生蘭
名前は、忘れる…
葉は鶉斑で、花は春蘭に似ている多花咲き…
c0211318_2333168.jpg



ブロメリア ドミンゲスマルチンス
欲しいのですが…交渉成らず…
いつか絶対に手にいてたい…
羆みたいで、増えないらしいです。
其れを聞いたら…もっと欲しくなってしまうではありませんか?
c0211318_2333149.jpg



同級生の兄貴がやってる近くのギャラリーカフェ
田舎にしては、中々のセンス
彼は、寡黙な建築デザイナー

c0211318_2333217.jpg

c0211318_2333374.jpg

c0211318_2333380.jpg

c0211318_2333481.jpg

c0211318_2333459.jpg

c0211318_2333550.jpg

c0211318_2333597.jpg

最近、時々コーヒーを飲みに行く隠れ家


ビバリウムにも興味シンシン
迷彩柄の葉っぱも、何種類か買って育てています。
こちらは、葉っぱ仲間のヤドクガエル仕様の水槽
c0211318_2333610.jpg


昨年の春の展示会の大賞だった時の望月さん…
昨日仲間が、送ってきて…
綺麗やね…
こんな感じで咲かせてあげたかったのですが…
本日、ご予約頂きました。
……作りたかった……
c0211318_2333717.jpg


by 0130hide | 2015-01-17 22:30 | 蘭亭 コラム
2015年 01月 15日

久しぶりに春蘭を仕入れる

こちらの黄い葉っぱは、黄花素心の望月さんです。

望月とは、満月と云う意味でございます。

日本でも、平安時代には『今夜は、モチヅキだね〜』などといっていたそうです。

韓国で満月を想像して、この名前を付けた事は、中々意味深ですね。

季節的に富貴蘭は、お休み状態の東海園です。

韓国の春蘭界からのお客様からは、富貴蘭の高級品を、数々ご注文を頂いておりますが…

もう少しあったかくなる迄お待ち下さいと諭している状況です。

c0211318_1717080.jpg


花はこんな感じに咲いてくれます。


締めて栽培しますと日本春蘭、羅紗の代表品種…芭蕉扇位の大きさで咲くチャボ系の花物になります。

私は、品の良く可愛い蘭が、好きです。

もちろん富貴蘭も、同じ様な感覚で仕入れる様にしております。

c0211318_171711.jpg


by 0130hide | 2015-01-15 16:51 | 蘭亭 コラム
2014年 11月 11日

憧れ…

フェイスブックの友達が、シェアした画像

こんな感じの老後生活、良くないですか?

私の場合、ダイエットしないと、舟が傾いてしまいそうですが…

川漁師を半年、蘭の行商人を半年やって…

暮らしていける…

そんな身分に成りたいのですが…

秘かに憧れている私でした。

いいなぁ…

c0211318_18523322.jpg


by 0130hide | 2014-11-11 18:42 | 蘭亭 コラム
2014年 10月 26日

牡丹錦って金牡丹の白縞でしたヨネ・・・


あまりに流通量が少なくて、世間からは忘れ去られていた様な感じもあります・・・

久しぶりに良い木が、お客様のところで仕上がりました。

櫛目柄の子が一つできました。

粗い柄は、大体派手に成って枯れる運命の牡丹錦

ちょうど良い柄で、バランスの良い物は中々難しいものです。

株分け出来る様になったら、この子を親にして

素晴らしい牡丹錦を、仕上げてみたいものですが・・・




c0211318_02330449.jpg


白縞系の金牡丹は、大型に成りやすいです。

この通り・・・




c0211318_02342999.jpg










by 0130hide | 2014-10-26 02:47 | 蘭亭 コラム