カテゴリ:蘭亭 コラム( 181 )


2014年 09月 02日

夏休みの自由研究が…

幾多の思考錯誤を繰り返し、やっと出来ました。

夏も終わり、最近は秋の気配ですが…

11月迄は、使って行きます。

ミックスライトを並列化してみました。
c0211318_23292769.jpg


有機液肥(スーパーワン)と試験的にサンプルを送ってもらった乳酸菌の活力剤(陽明源)の入ったポリタンクです。

c0211318_23292747.jpg


今迄使っていた電磁弁です。

電源の元には、2チャンネルのタイマーが付いています。


c0211318_23292844.jpg


カワモトの井戸用のポンプ

200Lタンク内には、ボールバルブが付いています。
c0211318_23292983.jpg



配管工事全部自作してみました。
c0211318_23292915.jpg


フラッシングバルブです。

散水後のパイプに残した水を抜いてくれます。

圧力がかからないと、水が抜けるんですが…

どうゆう原理かは、良くわかりません。
c0211318_23293022.jpg


棚全体に、ムラなく掛かる様になりました。

ここ迄、切ったり貼ったり大変でしたが…

明日からは、自動散水屋さん開業出来そうです。


c0211318_23293044.jpg

カクダイのタイマーに、水道の圧力だけでも、この位のバルブ数でしたら大丈夫だと思います。

あとは、盆栽や草物様の棚に作って外作場は、終了します。
c0211318_2330632.jpg


温室内の棚も、後日作ってみます。

配管や、パイプの経のバランスなど、要領は良くわかりましたので、お客様のお棚にも作ってあげようかと思います。

取り敢えずこれで、毎日ホームセンターに通う日々ともおさらばしたいと思います。

by 0130hide | 2014-09-02 22:53 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 28日

楽雅亭

京都…楽家の系統の古い鉢です。

楽鉢の中では、おそらく一番古い時代の物です。

この手は、黒楽に瑠璃釉の物が、オーソドックスですが…

珍しい、白胴のタイプと白胴に飴釉薬の対になります。

仲間の盆栽屋さんから、お預かりしているのですが、興味のある方は、ご一報くださいませ。

c0211318_8275359.jpg

c0211318_8275358.jpg

c0211318_8275477.jpg

c0211318_827556.jpg

c0211318_8275541.jpg


by 0130hide | 2014-08-28 08:20 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 23日

ミックスライトとサガリラン入荷

コツコツとここ迄組みました。

こちら側からポンプ経由で、水を引き入れます。

c0211318_8131763.jpg


2液製にしました。

1液の場合は、バルブを絞ります。

心配なのは、スプリンクラーが必要な圧が出るか?

セットしてテストしてみないとなんともいえません。


c0211318_8131890.jpg


こちらは、奄美から来たサガリランです。

種が二房付いて来ました。

蒔いてみたいのですが…

経験がありませんので、誰かにお願いするか、思案中です。


c0211318_8131932.jpg


by 0130hide | 2014-08-23 08:05 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 15日

8月15日

花が終わったら、新芽が沢山出てきました。

長野産の無名品
c0211318_735353.jpg


こちらのは、黄輪
c0211318_7351664.jpg


液肥混入器散水装置…今朝は、ここまで配管を作成
c0211318_7355128.jpg


お客様から、早速植え込んだ画像が届きました。
青龍角です。
良い感じですね。

鉢こぼれする位迄、作って下さい。

c0211318_736787.jpg


by 0130hide | 2014-08-15 07:34 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 14日

設置中です…

液肥混入器ミックスライトの設置と、スプリンクラーを自作しております。

c0211318_7233863.jpg

c0211318_7235384.jpg

c0211318_7241561.jpg


毎年、夏になると…

こんなことをやりたくなってしまいます。

如何に楽して…と云うわけではなく

改良、改善、常に上を目指して、コツコツと…

それと私昔から、こうゆう工作が好きです。

最近は、歳のせいか朝は4時に起きて

少しずつ、作っていくことが楽しみ。

これが設置出来れば、次は水槽かな…

by 0130hide | 2014-08-14 07:05 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 12日

大人のおもちゃ…

焼き物好きの私…

お客様が来園してくれた時に使っている、道具を紹介させていただきます。

先ずは、ヘレンドのカップ&ポット

シノワズリーシリーズ

東洋文化に憧れて造られた、ハンガリーの焼き物

伊万里を写したマイセン的な感覚のシリーズです。

ヨーロッパだけど、オリエンタルな感じが好きです。

c0211318_9473254.jpg

c0211318_9473266.jpg


宝尽くし
c0211318_9473330.jpg


こちらは、柿右衛門のカップです。

和の柄に入れて頂く珈琲も、中々洒落ていて良いかも…

工房物ですが、これで我慢しています。

濁し手だったら、良いのですがね。

とてもお高いので、今のところはこれで…
c0211318_9473349.jpg


園を改装した時に、建具屋さんから頂いた蕎麦猪口のケース

お陰様で、重宝しています。

園内で蕎麦を食べる事ってありませんが、珈琲、冷抹茶、煎茶なんでも使えて、色んなサイズがあると、とても便利です。

時々、古伊万里好きのお客様におねだりされて、お持ち帰りされる方もおられます。もちろん私からのプレゼントです。

c0211318_9473439.jpg


短冊屋さんに遊びに行った時に、GETした黒楽茶碗です。

お抹茶も、時々出させて貰います。

作法は、自己流ですが…
c0211318_9473578.jpg


囲炉裏のテーブルと鉄瓶です。

春蘭の鉄瓶は、福井のご隠居さんからのプレゼントでした。

手前の鉄瓶は、春蘭の山の端を世に出した里山行人さんから昔譲って頂いたもので、小さい方は、五柳鉢のコレクターさんから譲って頂いたものです。

何かみんな蘭絡みですね。
c0211318_9473553.jpg


エルメスのウキの柄の灰皿です。

釣り好きな私のささやかなお宝です。
c0211318_9473618.jpg


どうしても欲しくて、お客様におねだりしてしまった初期伊万里の猪口

京都の一流の古美術商さんが、誂えてくれた仕覆がまたいいんですよね。
c0211318_9473776.jpg


凌ぎ柄を描く、迷いの無い筆の走りが素晴らしいです。

江戸初期にて、このモダンな感覚のデザインが、泣けてくる位、素晴らしいと思います…
c0211318_9473738.jpg


永楽の香炉です。

うちの親父の古い友人から譲って頂いた物です。

蘭鉢なら良かったのですが…

たまに、箱から出してみてあげます。

c0211318_9473821.jpg


これは、盆栽、水石、古鉢を教わった私の師匠から譲って頂いた呂鈞窯の筆洗いです。

蓮の葉が枯れて行く感じがいいんですが…

師匠は、凄くセンスの良い方でした。

色んな事を教わりました。
c0211318_9473840.jpg


展示棚に掛けている、蛙の茶掛けです。
c0211318_9473998.jpg

c0211318_9474037.jpg

c0211318_9474043.jpg

c0211318_947419.jpg


by 0130hide | 2014-08-12 08:07 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 07日

改装作戦その2…

近くの熱帯魚屋さんに、金魚のゴハンを買いに行ったら、この水槽がありました。

ドイツ製の130cm、お手頃価格でしたので、衝動買いして来ました。

ちゃんと設置して、また、ご紹介します。

中に何を入れるのかは、模索中です。

アマゴ、イワナや、魚体の美しいトラウト系を入れて観たいのですが…

誰か、釣ってからご提供頂ける方を探しております。

宜しくお願い致しま-す。

園主

c0211318_1034032.jpg

c0211318_10342335.jpg

c0211318_1035512.jpg


by 0130hide | 2014-08-07 10:33 | 蘭亭 コラム
2014年 08月 05日

東海園のイメージキャラクター…

のルビーちゃんです。

ルビーちゃんのお父さんは、富貴蘭を始めて三年目。

少し色んな事が解って来て、一番楽しい時かもしれません。

先日は、何人かの蘭仲間が家に来て、夜遅く迄語り合っていました。

今日は、友達と一緒に京都を訪れたら、旅館の軒先に、見た事がある蘭が…

部屋に良い香りを運んで暮れております。


c0211318_10493842.jpg


by 0130hide | 2014-08-05 10:36 | 蘭亭 コラム
2014年 07月 30日

欄間が届いた…

彫りの良い欄間が、ネットに出ていたのでGETしました。

梅…竹…蘭…牡丹…が彫られております。

なんかこれ、蘭屋さんの店舗にピッタリではありませんか?

夏は、こんな感じの古い建具をセレクトして、セレクトショップのお店をカスタマイズして行こうと思います。

これも、道楽の内…

では、仕上げたら又ご紹介させて頂きますね。

c0211318_1113159.jpg


by 0130hide | 2014-07-30 11:02 | 蘭亭 コラム
2014年 07月 26日

朝、富士川まで…

ここは、富士川本流の蓬莱橋下流域

山梨の親分と、よく鮎釣りに来ていたポイントです。

今朝は、プチツーして来ました。

奥に見えるのは、第二東名

早朝のバイクは、気持ち良かったです。

梅雨は、もう明けたんですよね…

昼間は、とてもじゃないけど乗っていられません。

たまには、尺鮎の顔も拝んで見たいのですが…

この川、静岡県内は、天然遡上のみですので、本番は8月のお盆位からです。

でも、この川の鮎君達は、大きくても油がいまいちなんですよね…

そのへんは、その年の苔のつきかたにもよるのか…

いずれにしても富士山の伏流水が、沢山入ってきているので、水質は云うことないんですけど…

そういえば、親分のところに預けてある蘭が、良くなって売れたら、宮崎の五ヶ瀬に2人で鮎釣り遠征することになっていたのですが…

縞が出てくるのは、気長に待つしか無いようです。

さあ、今日も仕事頑張ろう!

c0211318_650170.jpg


by 0130hide | 2014-07-26 06:49 | 蘭亭 コラム