カテゴリ:古美術鉢( 44 )


2017年 10月 13日

山水赤絵京焼六角鉢

山水赤絵京焼六角鉢

火屋留め縁のある御庭焼タイプの富貴蘭鉢

緑釉の鬼面足がアクセントになっていて
良い雰囲気を醸し出すております。
以前紹介させて頂きました、
瑞芝の赤絵の鉢と
ほぼ同サイズ
よくある偕楽園鉢と比べると
一回り小さくて
富貴殿、万月クラスのボリュームの蘭ですと
15本〜20本立ち位の
美術株に合いそうです。

白系、黄系、青物
どれにも合うと思います。

貴方の作った蘭に
いつか晴れ着をきせてあげて下さいませ。

こちらの商品の詳細につきましては、
お問い合わせください。
園主
c0211318_08591528.jpg

c0211318_08591777.jpg

c0211318_08591916.jpg



by 0130hide | 2017-10-13 08:45 | 古美術鉢
2016年 11月 15日

おもと展示会に遊びに‥‥‥

行って来ました。

目的は、古鉢の鑑賞。

今回は、東京支部展でしたが、

さすが歴史のある、おもと界だけあって

中々の見応えがありました。

富貴蘭界では、これだけの鉢は、でてきません。

造形的な美しさのあるおもとに

いにしえの、鉢をあわせる。

いい趣味ですよね。


c0211318_16164483.jpg
c0211318_16165611.jpg
c0211318_16165834.jpg

c0211318_16170066.jpg
c0211318_16170344.jpg
c0211318_16171556.jpg
c0211318_16171725.jpg
c0211318_16171915.jpg
c0211318_16172241.jpg
c0211318_16172443.jpg


by 0130hide | 2016-11-15 07:29 | 古美術鉢
2016年 09月 30日

京楽古鉢4,3寸

日本海の荒波に、鶴の舞う図

裏日本、早春の景色なのかな‥‥

なれば、新潟産の国宝の株なんかを合わせると

凄く引き立つんではないかと思います。

波しぶきが、細かく丁寧に描かれていて

品良く仕上がっております。


白花、黄色系統の花ものや、白縞系統合う鉢ではないでしょうか。

こちらの商品の価格は、¥ 250,000-になります。


ご自愛の蘭に、いい仕立ての着物を着せて上げてください。


園主

c0211318_16503466.jpg
c0211318_16503632.jpg



by 0130hide | 2016-09-30 16:32 | 古美術鉢
2016年 08月 09日

古い鉢に写る蘭と古典品種に写る鉢

蘭と云う道楽で、

鉢合わせ位、楽しいものはない。



一、先に気に入った鉢を購入して、

これに合わせる蘭を選んで、気に入った姿に作り上げる事。


二、今育てている蘭のイメージにピッタリ合う鉢を探す事。


何れもこれでベストと云う事が無いので、イメージは無限に広がって行く。



望みが高い道楽者になると、

銘蘭、銘鉢との出会いは、一期一会的なもので

お金を出せば、何時でも手に入るものではない。


どちらにしても、今の世の中とは、偉い逆行した世界であり、

それが御洒落で贅沢な趣味だと思う。



人と同じでは面白く無いし

それに優越感を覚える方々が当園では、

お得意様になっている様な気がします。


さて、大型の金牡丹白縞株に合わせたのは、

古代獅子と白牡丹の図

金牡丹の白縞が派手になっていくと、

尚、映えるのではないかと‥‥

こちらの京樂古鉢の価格は、¥300,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。

ありがとうございました。

             園主


c0211318_10013212.jpg
c0211318_10033505.jpg
c0211318_10033795.jpg
c0211318_10033943.jpg
c0211318_10034172.jpg


by 0130hide | 2016-08-09 09:09 | 古美術鉢
2015年 03月 02日

五足白牡丹図京楽古鉢


今夜も、鉢の勉強会をしましょう・・・

珍しい、足が5つの富貴蘭鉢です。

このタイプは、私も初めて見ました。

この鉢の製作された江戸後期は、園芸の文化が成熟されていたとの事

オーダーメイドで焼かせたものだと思います。

頼まれた方も、頼んだ趣味者も、拘りのある方だったのでしょうね。

白い牡丹?芍薬?

品の良い絵付けが、施されております。

足が5つ有っても、うるさい感じは全然しません。

4寸ありますので、会長さんの白牡丹でも大きすぎるくらいですね・・・

こちらも、参考品になります。


c0211318_19215368.jpg


c0211318_19215307.jpg
c0211318_19215224.jpg


by 0130hide | 2015-03-02 19:21 | 古美術鉢
2015年 03月 01日

五柳


滅多にお目にかかれない江戸時代の富貴蘭鉢

中国の詩人・陶淵明の芸名が五柳。

鉢の絵付けに漢詩とこの銘が入っていた事で、万年青界や蘭界では、昔から通称五柳と云う事になっております。

実際、この絵付けをされた方の事は、短冊屋さんに聞いてもわかりません。

鉢縁の裏にマークが入ったものが本物と称されてきましたが、

沢山の紛い物もありますし、後口のコピー品五柳写しも御座います。

ので、マークだけでは、判断出来ませんが・・・

一番沢山製作されているのは、万年青鉢だとおもいます。

私が目にした五柳で、富貴蘭鉢の本物は、これが四つ目のものだと記憶しております。

売り物では、ありませんが鉢の好きな方々の参考になればと思います。

今夜も、お勉強と云う事で・・・
c0211318_19013211.jpg

c0211318_19013131.jpg
c0211318_19013166.jpg
c0211318_19013080.jpg


by 0130hide | 2015-03-01 19:01 | 古美術鉢
2015年 01月 08日

古伊万里〼染め付け牡丹の図

本当は、真っ白い白牡丹を合わせたいところですが、在庫無いので…

金牡丹の株を入れてみました。

もう少し大きい株立ちの方が良いようです。

牡丹柄の古伊万里を探すっていうのも、中々難しいものです。

品種名に牡丹がつけば、この鉢に入れて貰える権利が発生しますね。

時代感もいい感じです。

まだ計量していませんが、小さい割には凄くしっかり出来ていまして、とても重いです。

手にして見てみないと解りませんが、びっくりします。

やっぱり白牡丹の五本立ち位が、ぴったりはまりますね。

こちらの古伊万里の価格は、¥600,000になります。

c0211318_23344917.jpg

c0211318_23345016.jpg

c0211318_23345060.jpg

c0211318_23345138.jpg

c0211318_23345283.jpg


by 0130hide | 2015-01-08 23:14 | 古美術鉢
2014年 11月 26日

記念撮影してみました…

瑠璃釉、ストライプ、染め付けの三点

同じ時代の、違う作風

描いた作者は、同じかどうか解りませんが…

富貴蘭を入れて、写りが良いかは、少々悩めるところです。

鉢は、昔から好きですので、並べて眺めて楽しんでおります。

右側の染め付けは、直しがありませんが、後の2点は、直してあります。

まあ、江戸の中期から平成の現在迄、伝世している鉢ですので、其処のところは、大目に見てくださいませ。

興味のある方は、園の方にお問い合わせください。



c0211318_15125543.jpg

c0211318_15125682.jpg

c0211318_15125638.jpg


by 0130hide | 2014-11-26 14:20 | 古美術鉢
2014年 10月 08日

金彩松鶴図万年青鉢・・・四寸



富貴蘭の大株にも、ご使用頂ける品の良い万年青鉢のご紹介です。

残念ながら、足に直しがございます。
いい株の西鶴なんかを合せてみたいです。
c0211318_17381931.jpg


雰囲気は、京楽っぽいですが・・・

こちらは、三河の古い物のようです。

c0211318_17382032.jpg
こちらの商品の価格は、¥45,000−になります。


こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとうございました。
園主









by 0130hide | 2014-10-08 06:00 | 古美術鉢
2014年 07月 31日

短冊屋の蘭鉢

昔、湖亭や伽羅墨を入れて展示会等で使用していた京楽の古鉢です。

富貴蘭鉢もそうですが、使い頃のサイズと云うのは、中々手に入らないものです。

この短冊屋製は、3,8寸で羅紗物なんかを入れるには、写りが最高です。

羅紗チャボなんかは、万年青鉢を使ったりしますが、出来ればサイズを合わせた蘭鉢の方が、高級感は出ます。

昔の鉢は、その時代の作り手の感情が表現されていて、心が落ち着くものです。
c0211318_6254811.jpg


縁に古いニュウがあります。
販売しないで、使い鉢にして来ました。
c0211318_6254951.jpg


落ち着いた風情
c0211318_6254948.jpg


足の作りも品があります。
c0211318_6255088.jpg


古い楽は、少々の傷は、我慢するしかありません。

壊れやすい物ですので、保管する時は、必ずきり箱を作って、入れて置きたいものです。

東海園では、必ず桐の箱を新潟の職人さんに注文して、それに納めてから販売する様に、心掛けております。

c0211318_6255012.jpg
こちらの鉢は、販売するつもりは、ありませんでしたが・・・

ご希望のお客様がいらっしゃっいましたので、ご予約を承りました。

ありがとうございました。

園主


by 0130hide | 2014-07-31 08:24 | 古美術鉢