<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 24日

◇ 匂威 NIOI ODOSHI ◇     徳之島産

来年度の日本富貴蘭会、新登録予定品。

明日の登録審査会に審議して頂く予定・・・匂威です。



元は、徳之島産の白縞から覆輪に変化した品種です。

湖東錦並みの雄大な葉姿(間口一尺)、紺地濃く白の覆輪とのコントラストもいい感じです。

奄美の完成された木と比べると、野趣があります。



韓国産奄美でも、この蘭以上の大型白覆輪は中々ありません。



往年のスタンダード、富貴殿、満月、大江丸の縞ならば・・・

これからのスタンダード、大観、錦織、匂威。



私が勝手に思っているだけですが・・・


c0211318_015157.jpg


by 0130hide | 2012-08-24 23:47 | 蘭亭 コラム
2012年 08月 22日

◇ 伊万里の鉢 ◇   

豆葉系に写りの良い伊万里。

時代は、明治か大正位でしょうか・・・

江戸ではなさそうです。

胴には桔梗と唐草。

外縁は鉄釉。

鉢底は凌ぎ文。

古典な文様を近代風にアレンジした作意で、表現されております。

洒落者の絵付け師が、古典から脱却しようとしているような作風とでもいいましょうか・・・・

お手持ちの蘭に合うと良いのですが・・・


c0211318_22591591.jpg
c0211318_225906.jpg


by 0130hide | 2012-08-22 23:12 | 古美術鉢
2012年 08月 22日

手島製縄縁蘭鉢  

戦前に焼かれた鉢、皆さんご存知の愛楽園さんの先代、オジイさんが修行していた東京目白辺りにあった、楽焼きの古窯。この手島ばっかり収集されている愛蘭家の方もいらっしゃいます。釉薬の具合、絵付けの感じ等、一つ一つ違い、それがとても面白いと云うことです。特に縄縁は現代の物とちがい、品良くひねってあります。京の都の雰囲気と、東の都の雰囲気と、それぞれ違いがあって楽しいものです。戦前も数寄者の方々が、関東にも沢山いらっしゃったと云うことですね。とにかく古典物には写りの良い鉢で御座います。
c0211318_9404224.jpg

c0211318_9403357.jpg


by 0130hide | 2012-08-22 22:56 | 古美術鉢
2012年 08月 20日

◇ 至楽 SIRAKU ◇   販売済みになりました。ありがとうございました。

先日、出張先でのこと

『至楽には野趣がある・・・』と後輩

『野趣って何?』と私

『自然のおもむきってこと、富貴殿とか白牡丹等は完成された蘭、まるで作り物の造花って感じ』

『それはそれで、また良いんだけどね・・・』

『なるほどね・・・春蘭等の花にはそうゆうこと感じていたが、葉芸物にもそうゆうの

 あてはめて表現すかね・・・』

 
 コイツやっぱりただものではないわと関心して帰ってきた。

 花物の交配では、人間の考えでいいとこ取りをして作ることが多いので、

 交配が進むごとに、いやらしくなる。

 結果・・・野趣どころではない。

 似た花でも、山で自然交配、突然変異した物は、どこか足りないけど飽きなかったりするのは

 野趣があるからなのか・・・

 ただの2芸品、3芸品でも駄目か・・・

 

 野趣のある飽きない蘭・・・

 これからは、そんな感覚を感じながら、仕事もたのしんで行こうか・・・

 奄美の自生地を見に行ったのも、自分の中のそんな感覚を目覚めさせてくれたかも知れない・・・。

 



c0211318_22462671.jpg
c0211318_22461229.jpg
c0211318_22455775.jpg


by 0130hide | 2012-08-20 23:23 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 08月 14日

◇金樓閣墨◇     販売済みになりました。ありがとうございました。

摺墨芸の金樓閣。

勿論、矮化します。

一番下の画像は、韓国の大会に出品された木の部分画像です。

少し綺麗過ぎかな・・・

緑のところと黄色いところが有った方が綺麗かも・・・

柄の冴え方次第で、随分雰囲気の変わる蘭です。

何年か前は、高価で・・・・

最近やっと妥当な価格なりました。

渋さと派手さを併せ持つ・・・楽しめる蘭です。




c0211318_23211051.jpg
c0211318_23205521.jpg
c0211318_23202562.jpg
c0211318_23201198.jpg


by 0130hide | 2012-08-14 23:29 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 08月 10日

○ 古伊万里 ○  

毎日、暑い日が続いていますので・・・

ちょっと涼しげな、染め付けの鉢をアップしました。

江戸後期の伊万里です。

なかなか勢いの良い筆使いで、伊勢海老が跳ねた図柄。

波しぶきも可愛く書けています。

足の作りは、スッキリしていて、とても品がいい感じです。

足元がいいと、上も引き立ちます。




内径11cm、高さ11cmになりますので、少し大株向きになりますでしょうか・・・

今の時期でしたら、紫色の朝顔の変化種等に、使ったら映えると思います・・・

使い方は、色々・・・

古典物のコレクションで、合せる物が御座いましたら、よろしいのですが・・・。







c0211318_17341128.jpg
c0211318_17335632.jpg
c0211318_17334326.jpg


by 0130hide | 2012-08-10 17:54 | 古美術鉢
2012年 08月 09日

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。


旅の途中、韓国の東海側のビーチに行ってきました。

北東風が吹いていて、ほんの少し、涼が取れました。


次の日は、ご注文頂いていた蘭を、引き取りにソウルに戻りました。

町の中は、オリンピックムード一色で・・・


少し暑すぎる夏は、横目でやり過ごして・・・

ゆっくり仕事させて頂いて・・・

いい景色でも見て・・・

身も心も、ニュートラル状態に入れてあげるのも大事です。




c0211318_23334864.jpg


by 0130hide | 2012-08-09 23:47 | 旅の途中
2012年 08月 01日

◇ 大黒天  ◇  販売済みになりました。

金剛宝似の玉金剛の縞。

金剛宝より葉が綺麗に纏まります。

葉の重なり方と襟組が綺麗です。

元々、親木の柄性の良い木でしたので、最高の柄で天葉が上がってきました。

割子ですが、根は6〜7本あります。

子当たりもあるようです。

櫛目柄の株にして行きたい1品です。









c0211318_23193080.jpg
c0211318_23191553.jpg
c0211318_2318579.jpg
c0211318_23183863.jpg
c0211318_23182570.jpg



  親木に付いていた頃はこんな感じでした。

  金剛宝やオリジナルの玉金の様に、葉の長短出ず、端正に纏まります。

c0211318_23181113.jpg


by 0130hide | 2012-08-01 23:31 | 販売済 蘭 美術鉢