<   2012年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

雫 (翠華殿白覆輪の親)

神の雫が出る(確率1割程度)元親木・・・雫です。

最近は、業界の雑誌等でよく取り上げて頂くことが多くなりました。

2本入荷しました。

価格は、¥ 150、000ーになります。

ご予約頂きました。ありがとうございました。

c0211318_1728468.jpg




こちらは、¥ 140000ーになります。

c0211318_17275265.jpg


by 0130hide | 2012-11-30 17:29 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 30日

ずんぐり系  金牡丹

黄縞の親木から、はずした金牡丹です。

親子共に、黄縞が少し入っていて・・・ずんぐりとした形の愛嬌の良い木です。

墨の多いい木ですが、作り難い程では無く、葉肉があり、丸止めの葉型。

孫付きで、株分けしましたので、安心して栽培できます。

価格は、¥ 120.000ーになります。

系統は良いので、良い黄縞になると思います。

ご予約頂きました。ありがとうございました。

c0211318_1795414.jpg
c0211318_1794255.jpg
c0211318_1793058.jpg


by 0130hide | 2012-11-30 17:17 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 27日

平成25年度 新登録品種  匂威 

真の通った紺地が、覆輪の白地を引き立てている作品。

割子ですが、素性の良さが光っています。

匂威、派手に進ますと、覆輪が黄色に成ってしまいますので

地味な程、価値は高いです。

本年度登録の大観に続き、広く、又末永く愛される品種と自負しております。

徳之島産の山取り白縞から、進化しました。


販売済みになりました。ありがとうございました。

c0211318_1014540.jpg
c0211318_10135393.jpg
c0211318_10134026.jpg
c0211318_10132651.jpg
c0211318_10131395.jpg
c0211318_10125779.jpg


こちらは、成木の匂威。参考まで・・・

c0211318_18481824.jpg


by 0130hide | 2012-11-27 19:01 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 22日

富岳群青 AMAMI

先日ご紹介しました、奄美の雪白散り斑覆輪です。

葉の柄域を良く観察すると

白地に紺を押し上げて、中々綺麗な芸でした。

大変葉幅がありますので、ただの大味な木では無くて良かったです。

天葉の太刀の色も、富士山頂の雪帽子みたいです。

名前もピッタリ???でしょうか・・・

価格は、まだ考えておりません。

某大手の業者さんが、高くて手が出なかったと聞いておりますので・・・

それなりの価格なんですが・・・

少し、楽しんでから・・・

富士山の雪帽子がなくなる頃までは、

蘭を見極める時間を頂きたいと思っておりますが・・・


c0211318_23512114.jpg
c0211318_2351531.jpg
c0211318_23504598.jpg
c0211318_23502523.jpg
c0211318_23501116.jpg
c0211318_23495641.jpg
c0211318_23493319.jpg


by 0130hide | 2012-11-22 00:03 | 特級品
2012年 11月 21日

建国殿縞 KENKOKUDEN SHIMA

親子共に、中斑状の縞が入った建国殿です。

建国の柄は、出来るだけ葉の中心に入った方が良いです。

この位、真に入ると8割はルビー根になります。

自然作りしていましたので、良く締まって出来ております。

上の方の葉は、中透けに近い柄も・・・

将来を期待させてくれる逸品で御座います。

価格は、販売済みになります。

c0211318_1994694.jpg
c0211318_198599.jpg
c0211318_1983543.jpg
c0211318_1981786.jpg
c0211318_1975749.jpg
c0211318_1973944.jpg
c0211318_1972355.jpg


by 0130hide | 2012-11-21 19:11 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 21日

瑞芝焼 ZUISHI  唐獅子牡丹瑠璃釉六角鬼面足

紀州徳川藩の藩窯、いわゆるお庭焼きの富貴蘭鉢。

陽刻の蹈鞴作り。

瑞芝焼きは、青磁が多いいですが、

この鉢は偕楽園焼きにも使われていた瑠璃色の釉薬を使用しております。

落款が解りやすい様に、朱肉を着けて撮影しました。

これは、すぐに拭き取り出来ます。


c0211318_1838044.jpg
c0211318_18374867.jpg
c0211318_18373391.jpg
c0211318_18371987.jpg
c0211318_1837461.jpg
c0211318_18364980.jpg
c0211318_18363210.jpg
c0211318_18361838.jpg
c0211318_1836586.jpg


by 0130hide | 2012-11-21 18:42 | 古美術鉢
2012年 11月 21日

三弁花 AMAMI

珍しいと云うか、初めて出たと思いますが、三弁花の距三本タイプです。

アタラシイモノスキなので、つい仕入れてしまいました。

EMSで3日くらいで到着すると思います。

突然変異で1本出来た後は、株分けで増えて来た種ですので、余り沢山は無いと云う話です。

価格は、¥100、000-になります。

c0211318_16164519.jpg


by 0130hide | 2012-11-21 16:15 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 21日

大江丸縞

少し、小振りですが、柄の質は良いとおもいます。

価格は、¥45000ーになります。

c0211318_10224456.jpg
c0211318_10223026.jpg
c0211318_10221768.jpg




こちらも柄は、上々です。

価格は、¥20000ーになります。

c0211318_10263422.jpg
c0211318_10261431.jpg
c0211318_1026136.jpg
c0211318_10254766.jpg



2点とも販売済みになりました。

by 0130hide | 2012-11-21 10:27 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 20日

樫の木蘭の斑入りなど…

樫の木蘭の変化種、3点です。

着生野生蘭の斑入りの世界も、ふみ込んで見ると楽しいものです。

富貴蘭と一緒に出来る種類ならと、御注文頂くことも多くなりました。

本日、発送させて頂く販売済みのものですが、参考迄に…


こちらは黄金色の虎芸品

c0211318_12195982.jpg




二点目は、丸葉の葉重ねの綺麗な個体。
豆葉みたいで可愛いです。


c0211318_12374429.jpg




こちらは、曙縞です。


c0211318_12382141.jpg


by 0130hide | 2012-11-20 12:19 | 販売済 蘭 美術鉢
2012年 11月 19日

☆HIGUMA TOUR ☆ 2日目・・・ 番外編

ヒグマツアーの二日目は番外編で、目星い品だけご紹介します。

先ずは、来年度の登録・・・匂威(においおどし)から

この蘭は、富貴殿と一緒で、紺地の良い地味な木ほど価値が上

関東では今まで、派手な親木からの子が先に普及した為に

良い木は少ないです。

この親木は、九州の大会の時に、熊野氏が出品された系統。

紺地が良く、柄も白く、継続も抜群な個体で御座います。

c0211318_2262299.jpg




2鉢目は、4〜5年前に販売済みの御神渡です。

かなり、ガッチリ出来てきました。

もうそろそろ全国大会に出しても良さそうです。

春先は、白の天葉とルビー根が綺麗です。

c0211318_226659.jpg
c0211318_2254757.jpg




3鉢目は、残雪の割子。

これからの寒くなるにつれ、白いところに紅を刺して美しくなります。

出来るだけ、縞のままでいて欲しい品種です。

覆輪には、成らないで欲しいです。

天に任せる他、ありませんが・・・


c0211318_2253049.jpg
c0211318_2251138.jpg




他にも、世の中に1鉢と云う品種も、色々ありましたが・・・

お客様の大事なコレクションですので、

秘蔵品も多く、

今回はこの位で・・・



若手愛蘭家のT様も、蘭を見るだけでは無く、

お客さま方と会話も弾んで、楽しんで頂けたご様子です。

当園のお得意様は、人生経験豊富な、歳のおたかい方々・・・

この世界の遊び方、ルールを心得ていられます。

初心者のTさまも、可愛がって頂きました。



1泊2日、観蘭のツアー

Tさまも、勉強になったのではないかと思います。

来年、新築予定の蘭舎が出来ましたら

今度はお客様と、お伺いさせて頂きます。

その時は又、蘭舎開きの宴で、盛り上がりましょう。

by 0130hide | 2012-11-19 07:00 | お棚拝見