<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 19日

これからの管理は…

三寒四温のこの時期

寒くなっていく時期よりも、温度管理には気を使いたいです。

暖かくなっていくこの時期に、寒さに当てるとダメージが大きいからです。

頑張って、植え替えは今月中に済ませてください。

4月に入って、桜が咲く頃までに終わらないと、植え替え中に、新根を傷めたりしますので…

古い根は、上の状態とのバランスを見て、出来るだけカットします。

腰元から、沢山発根するように、した方が、木が若返ります。

蘭の元気さは、新根の数に比例します。

沢山の根が、腰元から出てくれたら元気な証拠…

毎年このような状態になるよう心がけたいです。

古い根が、鉢の中でとぐろを巻いているようなのは、あまり関心しません。


今シーズンも、楽しい富貴蘭ライフを謳歌して頂きたいと思います。



園主

by 0130hide | 2013-03-19 07:07 | 蘭亭 コラム
2013年 03月 16日

玉響 TAMAYURA

日作りされて来た、型の良い玉響です。

柄は少々派手の所もありますが、真を通っていないので、

良い種木になりそうです。

この品種は、豆葉の縞としては歴史もあり、いずれ登録しなければならないものです。

豆葉の縞で、最初に登録された錦麒麟と同じ位の歴史があります。

特徴は、柄の質が良いこと。

宝錦の様な継続性の良い黄縞になります。

葉型は違えど、持っている縞の性質を研究しないといけません。

例えばこうゆうことです。

大江丸、金兜、金広・・・・柄追いは、あまりよくありません。・・・錦麒麟、  鳳玉の縞
都羽二重・・・・・・・・・柄追いは、まあまあいいです。・・・・・ 伊勢矮鶏白縞   夢幻の白縞
宝錦・・・・・黄縞の中では柄追いの良い品種・・・・・・・・・・・  金剛宝、玉響
白妙・・・・白縞としては柄追いは良いとはいえません・・・  残雪(淀の白縞)
雲竜の滝・・・後冴えで継続性は余り良くありません・・・伊勢矮鶏の縞

*紀州白王、白青龍・・・継続性ほぼ100%、青でもやがて縞が出てきます。・・・桃山錦(奄美)

こんな感じで、登録品種等の柄質と比較して、豆葉の縞の価値感を決めていきます。
継続性の良い蘭でないと、栽培していて飽きてしまいますし、
良すぎると、すぐに増えてきますので、所有者の満足度が下がってしまいます。

これも今までの経験と、確実ではない頭の中のデータだけの話ですが、
人気度、継続性、増殖率を考えて、先を読まなくてはいけません。

凡人の私には、中々至難の業でございまして、予定道理には中々成らないものです。


玉響の価格は、販売済みになります。

c0211318_7495788.jpg
c0211318_7494072.jpg
c0211318_7492119.jpg
c0211318_7485929.jpg


by 0130hide | 2013-03-16 01:54 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 03月 13日

特大の月笙(黒牡丹縞)

柄のいい、大型に出来た黒牡丹の縞です。

植え替えの終わったお客様からお譲り頂いた蘭です。

親も若木で、初子も柄が良く期待出来ます。

子に虫食いの後がありますが、秋にバッタさんに食べられたのでしょうか・・・

下にも1本子がのぞいていますが、天葉に花が付いた後があり、止まっているようです。

1本子付きと、お考えくださいませ。

ここまで大型で、しかも柄の良い黒牡丹は中々入荷の少ない商品です。

3、5寸の鉢に入っております。

価格は販売済-になります。

c0211318_22315169.jpg
c0211318_22312876.jpg
c0211318_2231958.jpg
c0211318_2230534.jpg
c0211318_22303744.jpg


by 0130hide | 2013-03-13 22:45 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 03月 08日

出品中の蘭

東海園のオークションにジャンプします。

by 0130hide | 2013-03-08 07:12 | オークション
2013年 03月 06日

桃山香 TOUSANKA

去年の全国大会で、ひな壇にのった株の分け子です。

調度良い柄筋に、充実した木振り。

春には、ピンク色の根が出て楽しませてくれます。

価格は、販売済になりました。 

c0211318_22311710.jpg
c0211318_2231362.jpg
c0211318_22304615.jpg
c0211318_22303042.jpg
c0211318_22301565.jpg




参考画像です。蕾みもピンクで綺麗です。

c0211318_22361173.jpg


by 0130hide | 2013-03-06 10:00 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 03月 05日

青根をもう一鉢・・・西施 AMAMI SEISHI

西出芸の三光中斑で、青軸青根。

葉肉の有る、スッキリとした姿。

西施とは、どうゆう意味かはわかりませんが、韓国での登録品になります。

他に類をみない芸なので、判別しやすいものです。

株に成ると、中々迫力ある姿になります。

以前販売済みの画像です

価格は、sold outになります。


c0211318_044295.jpg
c0211318_042294.jpg
c0211318_04081.jpg


by 0130hide | 2013-03-05 07:16 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 03月 04日

若い愛らん家さんからの質問~

梅原様

風蘭の栽培に関してお伺いしたいのですが、縞が裏側にかたよっている場合子に縞が継続しないと聞いていますが、継続しないのでしょうか?継続させる良い方法などありませんか?また、春蘭の場合縞をもっと出したい時はバラバラに割って弱らせて子を出すと派手柄が出ますが、風蘭も同じように縞が出る良い方法はないでしょうか?



Kさまへ

富貴らんの縞物の場合-
葉の中心に、縞柄がないとダメです。3分の1青でも、3分の2良い縞が真を通っていれば大丈夫です。そしてその縞が出来るだけ割れていること。ハデ目よりは、地味目の方が作るには安心です。
私達は、葉の表に無くても、葉の裏を見て確認します。
又豆葉の縞等の葉肉のあるらんに関しては、肉眼ではわからないこともしばしばあります。青だと思って外したが、栽培している内に最上柄になったりすることは時々ありますね。
墨のあるものは1度青になっても、いずれ出てくると言いますが、私感は、墨芸のものは、矮性化し葉肉を増すので、縞が沈んでいるのを見落しているだけだと思いますが…

春ランの場合-柄抜けの青から縞が出ることは、まれにありますが、ほとんど宝クジに当選する位の確率です。
30年位この仕事をしていて、カンランの緑宝の青20本立に、新芽1本だけ中透になっているものを一度だけ見たことはありますが…
人為的には、中々難しいことです。

人は、自分の眼で見たものを1番に信じてしまいがちです。
植物の世界にも、まだ私達の想像以上に不明なことも多々あると思います。
私的には、こんなところですが、色々研究する余地は、あるのではないでしょうか…

東京入りは、何時頃でしょうか?今月の15日16日は浜松町で、春らんの全国大会もありますよ。15日はらん仲間で集まる予定です。

by 0130hide | 2013-03-04 08:46 | 蘭亭 コラム
2013年 03月 01日

シーズンオフは、鉢の収集・・・

縁は、すっきりした唐草の染め付け

切り高台の型も少し変わった作りで、中国古盆鉢を意識した作りのようです。

品良く描かれている菊文を眺めていると、ウキウキ、ホノボノしてきます。

作者の、気持ちが伝わってくるよう・・・



富貴な蘭を併せたら、なお一層引き立つでしょう。

富貴蘭では、品の良い白系の縞、覆輪、花物などに写りが良いかと思います。




c0211318_8235632.jpg
c0211318_8233162.jpg



縁の裏の釉がトロトロでいい感じです。

c0211318_822414.jpg



3、8寸の素焼きに入れていたキバナノセッコクを入れてみました、

富貴蘭以外でも色々な植物をいれても、使いやすそうです。
c0211318_8222229.jpg


by 0130hide | 2013-03-01 08:49 | 古美術鉢