<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 27日

白…

越前のご隠居さまの、

残雪(淀の松白縞)が、

どうも…覆輪に決まりそうな感じです。

残雪冠と云うことになりますか.‥


東海園、入棚時から約15年経過、私もこの季を待っておりました。

これは初めてこの蘭に出会った時から、待ちの望んでいたこと。

富貴蘭の縞の品種、その殆んどは、何時か覆輪に進化してしまいます。。

当時どんなことを創造して、この蘭を仕入れしたか、

只の豆葉の白縞だから…

と云う、単純なものではありません。

先々、覆輪に進化した時に、栽培出来る性質か、どうかが問題です。

白覆輪の場合、白過ぎても、縁が水を引いて、シワシワになってしまいます。

このような欠点がありますと、大銘品(富貴殿、金牡丹、羆)には、なれません。

この残雪の白縞は、覆輪になった時に、栽培が容易に出来てくれる性質の最高の白色。

寒蘭の中透けで、緑宝と云う品種が御座いますが、この白色イメージ迄が限界域と思っております。

そして仕上がった時のイメージも最高。

淀の松は元々、品のいい露受けの葉を出してくれます。

日陰で少し徒長気味に作る位の方が、大江丸をコンパクトにした感じになりますし、
欠点である紺地の薄いところも、解消されます。
そして白の発色美しさも、強調出来るでしょうね…

尚且つ、この残雪くんは、秋口寒さに当てると、紅水晶に勝る紅葉してくれます。

更に更に、白色覆輪の深い軸からはルビ-根を出してくれます。

両脇に子を抱えた3本立位に仕上った姿を早くみたいものです。

その頃には、ご隠居さまも、

少しは私の審美眼を認めて下さるのでは無いかと思いますが…

どうやら棚割りさせて頂きました3鉢の中で、この残雪くんが覆輪に一番乗りの様です。




c0211318_13541323.jpg

c0211318_1355147.jpg

c0211318_13551240.jpg


by 0130hide | 2013-06-27 09:34 | お棚拝見
2013年 06月 25日

久し振り…越前

今年の作柄をチェツクしに、出張して来ました。

秋に出して頂く予定品種を、打ち合わせです。

Kさまは、趣味と云うよりは、作り屋さん。

春蘭の全盛期を、築き上げて来た方々の御一人。

松村謙三さん、高坂鳳仙さん、銀座に店のあった小原京華堂さんとか、そんな時代の方です。

古美術にも造詣が深く、

京都の老舗…柳さんと良く交流されておられます。

色んな世界の一流品を見てこられただけあって、その審美眼は、生馬の眼を抜く程。


私にとっては、蘭以外のお勉強 が、凄く役に立っております。

では、本日みてきて、交渉中の

秋の入荷予定品種はこちらです。

豊明殿白縞 子

派手に進んだ右側の子は、分割し栽培。
左の子は櫛目に戻ってきました。
次の右側の子も上柄、親木からは、二本の当りが…
『5本立ちの株にして、大会に…』
と云うお考えですが、
そこを何とかお願いして、私の商売につなげたいところです。
c0211318_15273116.jpg


白露 子

寒さに当たって倒れそうだった白露。
一昨年に静蘭舎さまから譲り受けました。
既に一本は、分割し栽培中。
親木の天葉は、飛びましたが3本は生き残りました。
根もしっかりして来て、気勢が付いてきた感じです。
ここの棚に預けたのは正解でした。
『10本になるまで出さないよ~』
と云うお考えですが…
私は秋までにその壁を破れるか…
そこが勝負どころです。

c0211318_1528577.jpg


羆 子

こちらは根の伸び方次第です。
やっぱり3年かかります。
遅くても、来春にはお願いしたいのですが…
『羆は、二本位作って置かないと安心出来ん』
『私も予約が一杯で困っております。
何んとかお願い致します。』
c0211318_15283711.jpg




白州 子
埼玉のIさんが、白州正子さんに凝っていた時に、命名した夢幻白縞。
サントリーピュアモルト ウィスキー白州
って云うイメージもありますが…
白州と云えば、釡無川の上流
…鮎釣りのシーズンですね。
たまには、行きたいな~


c0211318_1529343.jpg




一鉢の蘭には、さまざまなストーリーが、御座います。

by 0130hide | 2013-06-25 14:59 | お棚拝見
2013年 06月 24日

キバナノセッコク山取り白覆輪

鹿児島産のキバナノセッコク、

山取り白覆輪です。

力強い新子は、野生味があっていい感

じです。

白の散斑に紅を刺してきます。

大覆輪に成らないかと…期待しているんですが…

覆輪のところは、散り斑ですのでその可能性も有るかと思います。

こちらの商品の価格は、¥ 50,000ーになります。

販売済みになりました。ありがとうございました。園主

c0211318_23262613.jpg

c0211318_23262631.jpg

c0211318_23262792.jpg

c0211318_23262811.jpg


by 0130hide | 2013-06-24 23:29
2013年 06月 20日

お客様から、あれから○ヶ月

本日No.1黒牡丹をご予約頂いた、四国の0さまから

以前お買上げの黒牡丹縞の画像を送って頂きました。

この木は確か秋田から入荷したものでした。

横手~高知へ

伸びてしまうのが心配でしたが、大丈夫そうです。

栽培の環境も、良さそうなお棚ですね。

蘭も生き生きしている様子です。


こんな、コメントも頂きました。

梅原様

お世話になります。……

高知市在住、富貴蘭栽培を始めまして、11年になります。

昨年夏頃、この黒牡丹縞(月笙)を東海園様にお世話になりました。

前作者様に少しでも近づけますよいに、

間延びしないように、大切に栽培致したいと思います

c0211318_23235269.jpg

c0211318_2324872.jpg


by 0130hide | 2013-06-20 15:01 | お棚拝見
2013年 06月 20日

黄牡丹錦の親…黒牡丹 No.1

黒牡丹の黄縞(黄牡丹錦)の出た実績のある黒牡丹の系統木です。

月笙と比べると、色合いが黄色味を帯びております。

それでも、天葉は白っぽく見えますが…

黒牡丹にも、色んな色目の系統が多々御座います。

関東では、特に珍重されており、数にも限りがあり、余り出回らない品種です。


こちらの商品の価格は、220,000ーになります。

根の状態は、約2cmが3本に、今年の新根が2本出て来ました。


こちらの商品は、6/20ご予約を頂きました。ありがとう御座いました。園主

c0211318_10413110.jpg

c0211318_1041313.jpg

c0211318_10413223.jpg

c0211318_10413374.jpg

c0211318_10413366.jpg


by 0130hide | 2013-06-20 10:28 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 06月 19日

大きな…大鷹丸の縞

縞が縁に寄っていないので、表から見ると少し地味に見えますが 、裏から見ますと柄が真に寄っていて、種木にもって来いの親木です。

まずまずの子が1つと、当りも1つのぞいて来ております。

そして、今表から見える親木天葉は、画像の通りの最上になっております。

軸の長さから想像するのに、ここ迄大きくするのに10年以上作り込まれているでしょう。

葉肉の盛り上がり方も素晴らしく、良く仕上がった逸品で、御座います。

こちらの商品の価格は、¥ 350,000-になります。
こちらの商品は、ご予約を頂きました。ありがとう御座いました。園主

c0211318_781747.jpg

c0211318_781757.jpg

c0211318_781860.jpg

c0211318_781870.jpg

c0211318_78199.jpg

c0211318_782529.jpg

c0211318_782629.jpg


by 0130hide | 2013-06-19 06:38 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 06月 18日

京焼き御庭焼き

変わった型の鉢…

偕楽園の鉢と同じ作りのコウチウツシです。

以前、唐子が足になった六角の御庭焼きを、東京の○○園さんにお買い上げ頂いたことがありましたが、同じ手の物です。

残念ながら、入があります。

時代感を見ると、古い物ですのでしょうがないかと思いますが…

鬼面足が、やたらゴッツイのですが、これが何故か四角い鉢に妙に合っていて面白いのです。

額内の陽刻は、以前販売した六角鉢と良く似ています。

確か、六角の方は、透かし彫りになっていたと思います。

サイズは、使いごろでいいのですが、この四角い鉢に、合う物…

……

ご参考迄に…


c0211318_16295.jpg

c0211318_163010.jpg

c0211318_163142.jpg

c0211318_163175.jpg


by 0130hide | 2013-06-18 00:34
2013年 06月 15日

久しぶりの入荷…游亀

ユウキと云います。

女流画家の小倉遊亀さんから、文字くって命名しました。

草亀の様な色合いと、甲羅のゴツゴツ感…

何とも言えない偉容な品種ですが、

好きな方は、数寄なようです。

先日も、千葉市のお客様を訪問させて頂いてきたのですが、この品種が一番のお気に入りだと云うことでした。

変わったの数寄ですね〜と笑い話になりましたが…

葉の先が裂けたり、春蘭の稲妻の様なコンペ芸も魅せてくれます。

作っていると変化が激しくて、面白い木です。

こちらの商品 の価格は、¥ 250,000ーになります。
こちらの商品は、ご成約頂きました。
c0211318_23215197.jpg

c0211318_23215150.jpg

c0211318_23215219.jpg

c0211318_2321525.jpg


by 0130hide | 2013-06-15 08:47 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 06月 15日

もうすぐ開花です。 花纏

私の一番好きな花もの…花纏

ネーミングもバッチリですし…

似た花は、多々あれど、

今のところ、これ以上、品の良い品種無いかと…

花粉が無く、実生出来ないので

息の永い人気が続いております。

こちらは、3本子付き花軸が2本上がった物です。

綺麗な鉢に納め、梅雨の季節の夕暮れ、品の良い香りに酔いしれ…
楽しんで頂ければと思います。

こちらの商品の販売価格は、¥ 150,000ーになります。

こちらの商品は、販売済みになりました。ありがとうございました。 園主


c0211318_8391126.jpg

c0211318_8391285.jpg

c0211318_8391338.jpg

c0211318_8391313.jpg


by 0130hide | 2013-06-15 08:22 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 06月 15日

初期の作品…駿河山正

小品盆栽の鉢を焼かれていた山正さん。

もう25年前になりますか、富貴蘭鉢を焼いてみないかと、私がオーダーさせて頂いたのが始まり…

常滑の土を使い形成し、半生の状態で彫り込みます。

型で造ったものとは、彫った時のエッジの鋭さが違います。

後には御本人も色々研究されて、透かし彫りの技法を会得され、味の良い作品も残されましたが…

残念な事に数年前に他界されました。

この作品は、私がオーダーしていた頃の初期の作品です。

歪み、窯傷など無くきちっとした仕上り、未使用の状態で御座います。

こちらの商品の価格は、¥ 38,000ーになります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。 ありがとうございました。 園主

大江丸の縞株立ち等の登録品種に、写りが良いかもしれません…
c0211318_816646.jpg

c0211318_816723.jpg

c0211318_816722.jpg

c0211318_816818.jpg

c0211318_816829.jpg


by 0130hide | 2013-06-15 07:48 | 販売済 蘭 美術鉢