<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 26日

蘭が入ると四君子

お隣中国では、松竹梅蘭を四君子と云う。


古典園芸に携わる方々なら御存知でしょう。

使いごろ、四寸の古伊万里になります。

松竹梅の図…

梅の花弁には、絞り出しの技法が使われていて、釉薬が盛り上がった変わった意匠。

時代乗りも中々イイ感じです。

大き過ぎず小さ過ぎず、ちょっとした株を入れて鑑賞するには、よろしいサイズになります。

形も富貴蘭向きの上品なもの。

足もスッキリしていて、立ち上がりの美しさも御座います。

こちらの古伊万里の価格は¥ 200,000-になります。 園主






c0211318_22182122.jpg

c0211318_22182128.jpg

c0211318_22182248.jpg

c0211318_22182276.jpg

c0211318_22182398.jpg

c0211318_22182350.jpg


by 0130hide | 2013-11-26 21:52
2013年 11月 25日

大棚の….

……滝

今朝は、マジェ125cc(スクター)で愛鷹山系須津川渓谷、大棚の滝迄行って来ました。

カメラ撮影されていた方を見かけたので、私もスマホでパチリ。

何にしに行って来たかと云うと、この滝の上に山神社さんがありまして、そこに祈願に……

こんな私でも、神様に願い事を聴いて頂かなと、成せない事がありまして。

一つだけ本気で、お願いして参りました。

はっきり言います。私は神仏の世界は必ずあると信じております。

昔は、『そんなものあるもんか!!』とメチャクチャな生き方をしておりましたが….

神と云うと字も存在し、日本国中には沢山の『神のお社』も御座いますし。

人間一人の力など、小さいものですが、心の世界は、無限です。

山々もすっかり色付いて、来ました。

嗚呼、あと一週間で師走ですね~

ボチボチお年賀の準備もしなくては…

c0211318_21542188.jpg


by 0130hide | 2013-11-25 21:42 | 蘭亭 コラム
2013年 11月 23日

かわいいのが入荷しました。

奄美の紅水晶です。

山梨の親分のお棚で、自然栽培されていた株からの割子になります。

特徴のある品種ですので韓国でも根強い人気があります。

円安の影響ですか、最近は里帰りで、韓国の業者さんからのオファーも多くなって来ました。

こちらの商品の価格は、¥ 200,000-になります。

こちらの商品は、販売済みになりました。ありがとうございました。園主


c0211318_2229246.jpg

c0211318_22292440.jpg

c0211318_22292690.jpg

c0211318_22292643.jpg


by 0130hide | 2013-11-23 22:14 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 11月 22日

麒麟丸の…

少し下世話な話…

20数年前に、高知市内のあるお棚で芽変わりした麒麟丸。

師匠の松岡氏に案内して頂いて、初めて見た時の感動は、今でも記憶している。

麒麟丸の素一が、4〜5万円している時に、180万円でお譲り頂きたいと願い出たが、その時の交渉は不正立に終わった。

一年後に、雅草園さんが買い出した話を聞いて、何ともやり切れない思いをした。

一蘭商としては、敗退したと云う、誠に苦い思い出である。

当時は27歳位だったと思うが、誰にも負けない勢いと向こう気はあった。

負けじと次のチャンスを狙って、時の来るのを待っていた。

3年後、当期が再来した。

増え芽が四国の棚に出たのを聞いて、勝負に出た。

今は亡き、長谷昇天さんの処に有り金を全部持って出向いた。

私が声をかけて同行した仲間にも、有り金全部持って来て欲しいと、頼んでおいた。

二人で麒麟丸の残り全部を買い出すつもりでいた。

私は、一発2000と云う数字を提示した。

これには、長谷さんも少しビビってしまった様子で、逆に今日のところは勘弁して欲しいと言われた。

その代わりに、来年外れる二本の子を必ずこちらにまわしてくれると約束してくれた。

翌年約束通りに、最上柄の子二本が入荷することとになった。

一本は、その時に同行した仲間に渡して、残りの一本は、暫らく自分で栽培していた。

豆葉の縞が芽変わりして、この世に初めて出てきたときの思い出である。

この世の中、諦めなければ何とかなるものだと、私の中では良き教訓となった。

同行した仲間は言うまでも無いが、錦麒麟の登録者の一人である。


さて、前置きがながくなってしまいましたが…

天然種麒麟丸の芽変わり、錦麒麟の割子一作。

小さい子にも柄が来ている様子です。

柄の継続性は、けして良いとは云えない品種ですが、この木は上に行く程にイイ感じです。

ここ20年の間に、出揃った感じのある豆葉の縞ですが、良いクオリティーのものが、沢山出来たかと言うと、非常に疑問です。

縞柄の揃った株というと、展示会等でも中々見られませんです。

本当の意味での人気というのも、まだまだこれからという感じがしますね。

こちらの錦麒麟の価格は、¥ 380,000-になります。

画像では大きく見えますが、3寸鉢に入っておりますので、宜しくお願い致します。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。 園主




c0211318_2253152.jpg

c0211318_2253225.jpg

c0211318_225326.jpg

c0211318_2253397.jpg

c0211318_2253331.jpg

c0211318_2253413.jpg

c0211318_2253438.jpg


by 0130hide | 2013-11-22 17:48 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 11月 16日

ヒグマモン?

熊本の人気キャラクター…クマモン

愛楽園さんからリリース…?

羆も沢山栽培されていらっしゃる大棚さんから、クマモンの鉢をご注文頂きました。

『そんなのあんの?』
と知らない私は愛楽園の若社長にすぐ電話を入れました。

試し5つ作ってみたそうですが…

『黒楽を活かしてクマモンやってみました。パテントの問題は大丈夫です。
梅原さん、これ売れますかね〜』

と言われても……わからんわい。

とりあえず、全部送ってと届いたのがこちらです。

セレクトショップとしては、当園のラインナップに載せるのも考えものでしたが…

愛楽園さんの商魂たくましさを買い、本日アップさせていただきます。


大棚さんは、これに羆を入れて、展示会に持ち込むそうですが、旧態依然、保守的な方々に、こんな洒落が通じますかどうか…

私はチョット心配しております。



こちらの三寸の万年青鉢、と三寸富貴蘭鉢の

メカー希望小売価格は各¥5,000です。

ご希望される方は、お近くの富貴蘭専門店さんにお問い合わせくださいませ。

これからのご注文ですと入荷迄、約一ヶ月以上はかかると思います。


c0211318_23311351.jpg


こちらサンプルにて販売は出来ませんので、宜しくお願い致します。
(好きなキャラなので、自分用にします。)

園主

by 0130hide | 2013-11-16 22:39
2013年 11月 15日

ゆきみずき

以前、四国の大棚に納めさせて頂いた・・・雪觀月

雪山の白縞になります。



今年の九月、四国にお邪魔させて頂く機会がありました。

当園の出荷からは、約3年経っておりましたが、4本立ちで綺麗に縞柄も揃っていて、

見事な木に成っておりました。

四国の大会でも、良い評価をして貰ったと、お客さまも喜んでおられました。

当園から嫁に出した木ですので、嬉しい限りです。

今回の雪觀月は、関東のお客様が栽培されていた蘭です。

展示会で株立ちを、何回か拝見した覚えがあります。

白縞の柄域のクオリティーも良かったので仕入れてきました。

これからの時代、実生問題に関わらない弐芸品にシフトしていくのは、世の倣いかと・・・

タマには白覆輪の子でも、出てくれないかな〜

なんて願うのは、私だけでしょうか・・・

こちらの商品の価格は、¥ 180、000ーになります。

こちらの商品は、御成約頂きました。ありがとうございました。園主

c0211318_16364835.jpg
c0211318_16363046.jpg
c0211318_16361850.jpg
c0211318_1636424.jpg
c0211318_16355329.jpg


by 0130hide | 2013-11-15 16:56 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 11月 09日

鶴と云うより、大白鳥

と言いたいくらい大型の西鶴さんです。

横浜大会で、横手の方が入賞した株を

譲り受けて、最近迄当園のお客様が割ら

ずにここまでに仕上げました。

西鶴で、ここまでにするのも中々至難の

技です。

大きいのが10本小さいのをいれると15本位立っております。

こちらの西鶴の価格は、お問い合わせください。 園主

こちらの商品は、ご成約頂きました。ありがとう御座いました。園主


c0211318_17212059.jpg

c0211318_17212015.jpg

c0211318_17212127.jpg


by 0130hide | 2013-11-09 17:06 | 販売済 蘭 美術鉢
2013年 11月 04日

秋ですね…

先日、山梨の親分のところに、蘭をお届けに行く途中…

富士山の周り、樹海の中を通って行きます。

赤松と雑木林は、すっかり紅葉しておりました。

里に住んでるいるので、分かりませんでしたが、山は秋です。

樹海の森を抜けると、富士吉田、河口湖。

何時も寄り道するところは、有機高原野菜を販売しているお店。

メタボな体形を何んとかしないといけない私は、ここでキャベツを買って…

親分の所までは、あと30分です。

c0211318_94489.jpg


by 0130hide | 2013-11-04 09:03 | 蘭亭 コラム