<   2014年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

韓国大会速報

ソウルの蘭友が、送ってくれた写真です。

解説は、ありませんが、見てくださいませ。

大会は、明日迄ソウルにて、開催しております。

c0211318_2214973.jpg

c0211318_22141050.jpg

c0211318_22142395.jpg

c0211318_22142389.jpg

c0211318_22142452.jpg

c0211318_22142411.jpg

c0211318_22142517.jpg

c0211318_22142511.jpg

c0211318_22142677.jpg

c0211318_22142636.jpg

c0211318_22142667.jpg

c0211318_2214272.jpg

c0211318_22142844.jpg

c0211318_22142837.jpg

c0211318_2214294.jpg

c0211318_22142982.jpg

c0211318_22142955.jpg

c0211318_22143021.jpg

c0211318_22143015.jpg

c0211318_22143163.jpg

c0211318_2214313.jpg

c0211318_22143223.jpg

c0211318_22143269.jpg

c0211318_22143323.jpg

c0211318_22143364.jpg

c0211318_22143477.jpg

c0211318_2214342.jpg

c0211318_22143466.jpg

c0211318_22143532.jpg

c0211318_22143597.jpg

c0211318_22143624.jpg

c0211318_22143654.jpg

c0211318_22143762.jpg

c0211318_22143768.jpg


by 0130hide | 2014-05-31 22:11 | お棚拝見
2014年 05月 31日

キバナノセッコク 舞鶴

中木サイズの舞鶴です。

今年の子は、良い感じで上がってくれました。

この品種、新芽が出てくるのが遅くて、
梅雨の時期と重なると傷むことがあります。

今の時期に、この位になっていれば大丈夫です。

富貴蘭と一緒に栽培出来ます。

そんな時には、お棚で一番日光の当たる所に置きましょう。

午前中でしたら、ほぼ直遮でも良いです。

新芽の軸の色が赤く染まり、中斑の白い所も紅色を刺して来て、大変美しくなって行きます。

紅に染まった軸に、中透けの花を咲かせるのが一番見どころですね。

このサイズですと開花する迄は、後1〜2年掛かります…

こちらの商品の価格は、¥ 55,000-になります。

こちらの商品は、ご成約頂きました。ありがとうございました。園主

c0211318_653783.jpg

c0211318_653862.jpg

c0211318_653965.jpg

c0211318_653966.jpg


by 0130hide | 2014-05-31 06:39 | 販売済 蘭 美術鉢
2014年 05月 29日

暖簾

先日GETした、暖簾が届きました。

とりあえず夏迄….東海園の入ロにかけましょう。

なんか、料理屋さんみたいですが…

古伊万里の鉢も、これで引き立つかも。

c0211318_1616794.jpg



こっちのは、菅原先生らしい作品

一緒に展示会にいった、お客様が購入されたものです。

新築した、純和風のお家にかけるそうです。


c0211318_16184914.jpg


by 0130hide | 2014-05-29 16:15 | 蘭亭 コラム
2014年 05月 29日

冠雲峰の兄弟…

ノーマルは、宮崎産の墨を引く雲竜柄ですが
こちらは、山実生の兄弟木です。

色目が一味違います。

白牡丹に近い、白の曙で上がって来ます。

お客様から、購入当時と現在の状態を比較した、画像が届きました。

ルビー根も、中々伸びないので年数が掛かります。とのこと

ご購入頂いてから、まだ1本も外しておりませんが…

中々いい、名品の顔になって来ましたね。

此れから将来が、楽しみな品種です。


c0211318_1622745.jpg


by 0130hide | 2014-05-29 00:09 | 蘭亭 コラム
2014年 05月 26日

舎弟のブログ

舎弟なんて、下品な言い方してはいけませんね。

彼が、ブログ初めたんなら、うちの商品の解説は、
蘭の国からに常にリンクしとけば、楽かも…

この際、東海園のお客様方、皆さんブログ初めてみませんか?

80過ぎのじっちゃんに、やれとは言えませんが…

朝顔の日記つける様なものですから、楽しいですよ。

スマホが一台あれば、こと足りることです。

ブログはじめたN君へ…

高知のフルーツトマトの栽培風景とか、文旦の栽培風景とか、
農家のおっちゃん、おばちゃんとか、
日曜日市とか、鰹の旨い店とか、

蘭以外の記事もお願いします。
ブログ楽しみにしています。

園主



c0211318_2342313.jpg

近くの神社さんの境内で咲いていた野バラ。

by 0130hide | 2014-05-26 23:04 | 蘭亭 コラム
2014年 05月 26日

至楽の繊細画像…

段々良く成るほっけのたいこ?

青至楽の画像です。

根も充実しております。

これは、黒牡丹の縞状態ですね。

使りやすくて安心…

大きくして行ける木になるでしょ。

希望される方は、ご連絡下さいませ。

こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとうございました。
園主


c0211318_7481368.jpg

c0211318_7485792.jpg

c0211318_7491385.jpg


by 0130hide | 2014-05-26 07:47 | 販売済 蘭 美術鉢
2014年 05月 25日

紺だけ青けれゃ….

作れるやろ…

2本立が、4年で8本になった例の木の姉妹です。

親も地味目で、4年で2本子を分けられる状態になりました。

そして、親にはまた1本の子があります。

先日、関西のお客様のところに行って、

以前、うちから嫁に出した至楽の子供を

もらい受けに行って来ました。

『至楽から、青が出たで-!』とわぃわぃやってましたが、

葉が上に展開するにつれ、段々縞も入って来て…

根は勿論、泥根色….

これ大きくして、至楽の種親にしよーっと。

至楽を鳥取の御棚で拝見してから20年。

こんな醜いアヒル子、初めてやねんけど…

案外、親孝行の娘になるかも…

c0211318_7263941.jpg


by 0130hide | 2014-05-25 07:52 | 蘭亭 コラム
2014年 05月 24日

暖簾を仕入れに銀座へ…

藍染め作家、菅原匠さんの個展を見に行ってきました。

銀座松屋さんで明日迄開催しております。

埼玉のお客様 I氏と、桐生のT氏と会場にて待ち合わせ。

先生は、故白州正子さんも絶賛していたほど、

日本の藍染め作家さんの中では、第一人者。

目的の一つは、園にかける暖簾をゲットする事。

目的の二つ目は、伊豆大島の先生のお宅に遊びに行く事。

目的の三つ目は、風蘭の藍染め作品をお願いする事。

今日は、先生と相談の上、遊びに行く事迄は、了解して頂きました。

先生の奥様は、韓国出身の方でしたので、韓国富貴蘭会の写真集を見て頂きました。

菅原先生も、風蘭や石斛のことは、ご存知でしたが、その作品を作ることは、取り組んでみないと…とおっしゃっておりました。

20年以上前に、菅原さんの作品を別冊太陽で拝見して、一度会いたいと思っておりましたが…

今日やっとその念願が、かないました。



c0211318_14204171.jpg

c0211318_14204134.jpg

c0211318_14204222.jpg

c0211318_14204229.jpg

c0211318_14204394.jpg


by 0130hide | 2014-05-24 13:58 | 蘭亭 コラム
2014年 05月 23日

玉璽

玉金剛(実生)の花変わりです。

難しい字ですが、【ぎょくじ】と読むそうです。

意味は、皇帝が使う大きな印鑑の事。

弁元に紅色を刺す、天咲きの花です。

こちらは、販売済みになりました。
ありがとう御座いました。園主


c0211318_16464135.jpg

c0211318_16464243.jpg


by 0130hide | 2014-05-23 16:47 | 販売済 蘭 美術鉢
2014年 05月 23日

柄の切れ味が、よかです…

子の天葉、麗白色の牡丹芸の中に切れ込む、青色の縞柄の斑切れの味。

とても美しいですね。

じっちゃんのところで栽培中の、豊明殿白縞です。

先日、千葉のお客様A氏と、山梨の親分夫妻、じっちゃん親子

+扶養家族の一人、と言われている私の6人で、中華屋さん円卓ランチをしました。

※ 昼間なでお酒はナシ…



親分も、久し振りに御棚拝見….

作が良いのにビックリしておりました。

豊明白も、越前のご隠居K氏が作っている木の半分位に、締まって出来ております。

何しろ、11時頃まで直射ですので、紅水晶も太極仙も、残雪も真っ赤々。

豆葉の縞も、子供沢山、出て来ております。


この蘭は、少し柔らかい日にしておりますが、風通しもいいので、やっぱり締ります。
c0211318_044377.jpg


柄は大したことないんですが、美人。

普通の豊明殿には、出ない紅の軸色。

白縞に成ると、紅の軸色に変化するのは、残雪だけでは無いと、最近気が付きました。
c0211318_0442198.jpg



白縞の軸から出るルビー根は、ノーマル豊明殿より赤身を増している様です。

c0211318_045258.jpg


by 0130hide | 2014-05-23 00:40 | 蘭亭 コラム