<   2016年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 30日

建国系解説のつづき その3・・・

誤解を招くといけませんので、解説のつづきを

建国の青と羆の青は、先祖帰りしているので同じと説明しましたが、

この業界、誰の持っていた⚪︎⚪︎殿と云う来歴が大事みたいです。

私は、ものの本質しか見ません

誰が栽培しようが、同じものですので・・・

こちらも商売上、少しでも付加価値がつけばと

誰々羆といっては販売させて頂いておりますが・・・

ただし、建国殿の青を仕入れて、羆の青といって販売するようなのは、

ダメだと思います。

これは、お客様を裏切る事になりますから。



骨董の世界では、何々伯爵の秘蔵のお宝とか

といっては、来歴に拘ります

そういえば春蘭界でも色々ありましたね

ブームが去ると誰も、そういう事は、言いません。

本当に、ものの本質が解っていたら、

骨董も蘭も来歴は、余り意味を持た無いと思います。

所詮、偉い方でも一人の人間です。

蘭で遊ぶ上では、もっと自分が主人公になって頂きたいと思います。

物の本質、蘭の素質を見抜き

また診る勉強をして、大いに楽しんで頂きたいものです。

見る眼に自信がつけば、来歴は気にならなくなります。

良いものをセレクトして、よく栽培して

仲間に見ていただき、良い評価を貰う

これが自信と喜びに変わります。

自分が、来歴の主になれます。

この過程が、この世界のお遊びの洋な気がしますが

いかがでしょうか・・・?

園主












by 0130hide | 2016-01-30 09:02 | 蘭亭 コラム
2016年 01月 29日

建国系解説のつづき・・・

昨日に引き続き、建国系の解説です。

最近、建国の青や羆の青から変化した品種が出てきました。

古いものでは、長寿楽と仮名が付いたもの

これは、三重県の愛蘭家さんが命名したもの

親は、木瀬さんのところの建国の青から数年で、出て来た中斑になったもの

中斑が100%継続する訳では、ありません。

ここら辺は、鳳や帝と一緒で、派手目だと継続しやすく

地味なものは、青木も出します。

後、月光羆と呼んんでいるもの

これは、神奈川の愛蘭家さん栽培の羆の青からの

芽変わり。

神奈川の業者さんのところで、五十鈴川といっていた中透けで色抜けの良い個体

これと、建国殿羆錦は、同種です。

しかし昔の文献に出てくる五十鈴川と同じものかどうかは、わかりません。

今確認のしようがないのでね・・・


商売人である私の見解は、当時の蘭商人が

派手に冴えて綺麗に見える建国、または羆の価値観を高める為の話の

様な気がします。

これは、あくまで推測ですが、

伊勢神宮の横を流れる五十鈴川と命名した商人としてのセンスは、

中々のものでは無いでしょうか・・・

きっと、旦那さんも喜んでくれたにちがいありません。


この品種は、柄が綺麗なのにルビーは出しません。

時々ルビーも出ると云うことで、その業者さんから仕入れ

販売した事がありますが、4年作っても1本も出ませんでした。

全国的に数がある訳では無いので見る機会も余り無いこととおもいます。

しかし、この建国殿羆錦をS歌さんのところに嫁にもらって頂いたのですが、

派手な中透けから、建国殿羆と同じ色の中透けも数本出ました。

なんと、なんと植物って解ら無いものです。

根の色までは、覚えていないとのことですが。

ルビーが出ていてもおかしくはありませんね。




後は、秋田のお兄さんのところの建国宝もありましたね。

夏に芸が出てくるものですね。

時期になると天葉は、綺麗な芸をしてくれます。


建国と羆

この2種の親、つまり柄が抜けてしまったものは、

先祖帰りしているので、私の見解は、同じものと考えております。

ですので、どちらからも同じ様な、白覆輪や白中透けもでている。


それから墨を引く品種、吟風や黒牡丹金牡丹系の様な品種というのは、

白縞、黄色縞や牡丹芸的な変化をしており

全国的に見ますとこれらが変化の過程であったり

芸が確立されたりしている現状です。


変化を期待させてくれる品種は、本当に楽しいものです。

水をあげるのにも、張り合いが出てきますしね。

本日は、ここまで・・・

園主











by 0130hide | 2016-01-29 08:55 | 蘭亭 コラム
2016年 01月 28日

よくあるお問い合わせ

最近、人気の建国殿系

質問で多いのが、『ルビー根ですか?』

と云うもの

建国殿系の話になりますと、

ルビー根は、縞又は中透け状態の軸から出てきた時に発色します。


ですので、縞が有る部分と、無い部分の中間の軸から出て来ますと、

1本の根の中が、半分ルビーで、半分泥根になったりもします。

中透け状態の建国殿や、中斑状態の長寿楽系は、100%近い確率でルビーです。

縞の場合は、昨年総ルビー根だったのに

今年は、ほとんどが泥根になってしまった‼

と、云うこともあります。

でも葉面上に良い縞が入っているなら、何の問題も、ありません。

しっかりした縞が入っているなら、翌年はルビーに戻ったりしますので‥


私達は、まだ柄の冴えていない建国を購入、つまり仕入れる時に、何処をみるかというと云うと

軸の表裏に出ている縞の具合と、鉢上、ときには鉢中の根の色をチェックします。

でもこれは御棚の環境で、光線が弱く柄が有るのに、葉面上に浮き出ていない時の話になります。


軸の所というのは、葉の厚みに対して薄いですよね。

なので、本葉では沈んでいる縞が浮いていて、判断基準になります。

鉢上、根の色にルビーが多い程、縞が多い。


また、鉢中のルビー根は、透明感の有る独特の白色を出します。

通常、此処まで見るときは、あまりありませんが、

知っていても良い、知識だと思います。

先ずは、自分の御棚の蘭をよく観察してみるところから始まります。



                   つづく



by 0130hide | 2016-01-28 10:30
2016年 01月 27日

建国殿羆錦、五十鈴川と呼ばれていた品種 ヤフオクに…

S歌さんに嫁いだ建国殿羆錦系の当時の画像です。

親木の下葉が、覆輪ですが、

上の葉が、転覆して、中透けに

なっております。



c0211318_14260770.jpg





下の画像は、

この蘭の元親木です。

子は中透けになっております。

親木の上の葉は、覆輪に見えますが…

只今、ヤフオクに出しております。

滅多に出ない品種です。

早い者勝ち!!と思いますが、

宜しくお願い致します。   園主

c0211318_14261459.jpg


by 0130hide | 2016-01-27 14:17
2016年 01月 27日

本芸 游亀 ゆうき


力強い中々良い芸になってきました。

覆輪も深く、葉の表面のゴツゴツ感も良い感じ、

捻りもきいております。


こちらの商品の価格は、¥ 115,000-になります。






c0211318_12412919.jpg
c0211318_12413465.jpg
c0211318_12414288.jpg


by 0130hide | 2016-01-27 12:37
2016年 01月 26日

建国殿と黒牡丹をヤフオクに

出品中です。

良かったら覗いて下さい。

どちらの蘭も、売り切りです。

宜しくお願い致します。

園主
c0211318_20472582.jpg
c0211318_20472734.jpg
c0211318_20473036.jpg





黒牡丹3本子付きです。

縞は、チラチラあります。

元気が、良い木です。


c0211318_20473221.jpg
c0211318_20473542.jpg
c0211318_20473807.jpg



こちらから、どうぞ・・・


                              出品中の商品はこちら


by 0130hide | 2016-01-26 20:46 | オークション
2016年 01月 22日

鹿児島産 薩摩三彩 



立ち葉性で、建国殿を肉厚にした感じの葉型。

墨の出る品種ですので、色んな芸をするようです。

この木は、黄色の縞ですが、白縞も出るとか、

牡丹芸までは、まだ出ていないと思いますが・・・



何年か前に、北九州の若手業者さんが、

掘り出してきたと聞いております。

近年の国内産では、いい雰囲気ではないかと思います。

当園で取り上げたのは、今回が初めてです。

親の柄は、右サイドが特に良く割れております。

左は、50%ぐらいでしょうか、

大きい子の方は、かなりいいですね、文句ナシのいい柄です。

左側の小さい子の柄は、荒い柄ですね、墨は良く出ておりますが、



この蘭、やっぱり墨がキツクなると、

締まって紺地もいい黄牡丹錦みたいな、感じになるんでしょうね。

・・・そんなことを想像しながら、

楽しんで栽培していく品種では、ないでしょうか?

最終的なところをまだ誰も解らない、

これからの変化していく過程に、

未知のものがあって楽しいかもしれません・・・

できたら、この蘭は、

墨と縞を交えて、ガチガチに締めて作って頂きたいですね。

こちらの商品の価格は、¥540,000ーになります。



宜しくお願い致します。園主



追伸、先日の動画に出ているキバナノセッコクは、星降神苑です、

販売済みの商品になりましたが、お問い合わせが多かったので

お知らせさせて頂きます。

c0211318_23065699.jpg
c0211318_23065945.jpg
c0211318_23074141.jpg
c0211318_23074643.jpg
c0211318_23075093.jpg
c0211318_23075465.jpg
c0211318_23075881.jpg
c0211318_23080260.jpg


by 0130hide | 2016-01-22 23:55 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 01月 21日

長寿楽系の・・・



縞柄の良く割れた建国殿です。

若い木ですが、良く柄が出ております。

長寿楽と命名された建国も、元を辿ると、当園で販売させて頂いた

木瀬さん建国の青から出たものです。



私が、20代の頃の話になりますが・・・

昔話になると、色んなところで一枚噛んでいる事があるようです。

先日の109も柄が良かったですが、

こちらは、中々味のある縞です。

長寿楽系と云うこともあり、真に絡んだ縞と共に

三光ぽく細い先覆輪も所々入った不思議な木です。

三光中斑まではいきませんが、将来が楽しみな蘭です。

腰斑もバッチリです。

こちらの商品の価格は、¥380,000ーになります。


宜しくお願い致します。

園主



c0211318_13092021.jpg
c0211318_13094246.jpg
c0211318_13095480.jpg

こちらが、表ですが、天葉は、中斑に見えます。

c0211318_13094741.jpg


今日の店内・・・新種キバナノセッコクとか・・・








by 0130hide | 2016-01-21 13:27 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 01月 19日

冬の黒豹 


夏に良く墨が出る品種ですが、

この子は、今の時期でも、元気良く真っ黒け

人間で云うと、夏の日焼けが、お正月まで残っている感じ?

栽培していると、多少の個体差はありますね。

元々地黒って云う訳では、ないと思いますけど

植物の事なので、余り深く考えなくてもイイですよね。

風蘭の場合は、よごれて黒い方が愛嬌がいいんです・・・

他の東洋蘭の趣味者さんには理解出来ないところかもしれません。

子沢山の黒豹くんです。

迫力ある良い株に、なってくれると思います。

こちらの商品の価格は、¥75,000ーになります。

宜しくお願い致します。 園主

こちらの商品は、販売済みになりました。
ありがとうございました。


c0211318_16230999.jpg


c0211318_16230983.jpg
c0211318_16231083.jpg
c0211318_16231022.jpg



by 0130hide | 2016-01-19 16:40 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 01月 15日

吟月 


透明感のある品のいい白

奄美の覆輪としては、割と早い時期にできたものですが、

殆ど増えておりません。

大観等の品種と比べますと、まことに端正な趣きです。

新芽の色を見ますと、葉にもう少し紅を引いてもいいような感じですが、

これも今年の暖冬のせいでしょうか・・・




こちらの商品の価格は、¥125,000ーになります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。園主

c0211318_14355359.jpg

c0211318_14354965.jpg
c0211318_14361246.jpg



by 0130hide | 2016-01-15 14:35 | 販売済 蘭 美術鉢