<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

今年は、九州方面のお客様方が熱いですよ‥‥


今年から富貴蘭を始められる、

九州の○様。

本日発送前の、植え替えが完了しました。

沢山お買い上げ頂き、ありがとうございました。

初心者にしては、恐ろしい量と質ですが、

寒蘭のベテランさんと聞いておりますので、

心配はありませんね。

富貴蘭と過ごすスローライフを

満喫してくださいませ。

c0211318_21405354.jpg


今週は、春までのお約束で

お預かりしておりました商品の発送が、

順次始まります。

園主








by 0130hide | 2016-03-30 21:05
2016年 03月 28日

子沢山の金牡丹縞付き


木の紺地も、墨の感じも良く、

縞の子も1本付いております。

こんだけ子が沢山出ていれば、

今年は、水やりにも張り合いがでますね。

金牡丹は、ある程度の株になりますと成長が早い為、

棚の中では、つい目が行ってしまいます。

あまり早割りしてくださいね。

金牡丹は、孫がつくまで割るな

と云う方もいらっしゃいます。

根が充実しないうちに株分けしない方がいいですね。

S会長の至楽とか白牡丹を見ると、わかりますよね。



ルビー根の物は、株全体の根の座が、良くなりますと、

いい感じで、増殖がはじまります。

黄縞の子も1本付いた、

こちらの金牡丹の価格は、¥250,000-になります。

こちらの商品は、販売済みになりました。

園主




c0211318_17502618.jpg

c0211318_17503016.jpg

c0211318_17503201.jpg

c0211318_17503486.jpg

c0211318_17503691.jpg


by 0130hide | 2016-03-28 17:34 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 03月 24日

お客様の友禅錦と至楽

良く似た葉型。

至楽は、小豆島にあったと聞いておりましたが、

小豆島で、山取りされたとは聞いておりません。

葉型から察するところ、

同じ高知県芸西付近の産では、なかろうか?

芸西産の中では、割と葉幅がある友禅錦です。

出始めは、乳白色の牡丹芸縞でした。

根は、ルビーと云うよりも、ワインレッド。

金牡丹より太い根をだします。

金牡丹より、縞の黒牡丹が少ないように

友禅錦も縞の個体は、少なくなってしまって

幽霊の曙、牡丹芸に進化しているものが多いです。

お客様の友禅も、10年前は、綺麗な縞でした。

若干、下葉に縞を残す程度。

天葉を見て、金牡丹みたいに成っちゃったね。

と語られておりましたが。

三寒四温の季節、紅を引いて、天葉も新子も美しいです。


c0211318_09211270.jpg



至楽も、同様。

これから、植え替えが済むと、腰から綺麗な根が出てくるのが、楽しみですね。

富貴蘭の醍醐味です。

蘭を楽しめる、いい季節が訪れてきました。

染井吉野も、ぼちぼち咲き始めるでしょうか、

植え替えのまだ済んでいない方は、お早めに‥‥

            春分吉日 園主

c0211318_09211499.jpg


by 0130hide | 2016-03-24 08:52
2016年 03月 23日

来週の入荷予定品 慶賀美株 


久しぶりに見る、柄の揃った綺麗な慶賀。

ここまで綺麗で、いてくれるのは、とても珍しいですね。

この品種は、性質的に親木に成れば成る程

地味に進む事が多くて、

綺麗な株に成りにくいんです。

ですので昔販売したものが、

お客様のところで良くなっている木は、

ほとんどありません。

20年前ですと、1本50ー80万位しました。

そんな木が今は、ほとんど青い株になっていたりします。

大江の縞を揃えるのより難しいかもしれません。

趣味者泣かせの代表格です。

しかしこの世界、難しい事に挑戦したくなる方も多くて

そんなに難しいなら、自分が作ってみせると

意気込まれる方もいらっしゃいます。

我と思う方、いらっしゃいましたら、作って見てください。

本日よりご予約、承ります。

こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。 園主


c0211318_05085976.jpg
c0211318_05090226.jpg



by 0130hide | 2016-03-23 04:46 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 03月 22日

兜と弁慶‥‥

古典的な名前です。

この蘭二鉢持ってバックトゥーザフューチャー

江戸時代にタイムスリップしたら、

きっと殿様も、喜んでくれるでしょうね。

そんな事が出来たら私はきっと

お城まで、営業しにいきますよ。

古典落語の火焔太鼓じゃないけど、

小判200万両で、お買い上げなんてね。

そうなると、平成の今になるとかなり増えていて‥‥

かなり、お安く入手出来るってことでしょうか?

先日、お客様のところに御用聞きにおじゃました時の画像です。

兜丸の縞

柄の良い子二本、秋頃には、バックして頂ける感じです

c0211318_10131775.jpg




弁慶丸の縞

こちらも、良い株になってきましたね。

二点共に、よだれが、出そうです。

早く大きくなって、東海園においで~

と声をかけてきました。(笑)

c0211318_10132590.jpg


by 0130hide | 2016-03-22 09:53
2016年 03月 20日

雷鳥&紫玉11本立ち




以前ご紹介、好評頂きました、雷鳥です。

植え替えの時期ということもあり、東京のお客さまに御ねだりして

1鉢出して頂きました。

今期リリース出来るのはは、この1鉢で終わりになりそうです。


自然作りで、締まったつくり一品になります。

こちらの商品の価格は、¥ 138,000ーになります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。園主


c0211318_16302892.jpg

c0211318_16302817.jpg



こちらは、10年作り込んだ紫玉の11本立ちです。

既に美術株

このまま2〜3年つくり展示会にどうぞ

全体的に墨ベタベタの、紺地も素晴らしいものです。


こちらの商品の価格は、¥ 165,000ーになります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。

ありがとうございました。

園主


c0211318_16305814.jpg
c0211318_16310584.jpg
c0211318_16310290.jpg



by 0130hide | 2016-03-20 16:48 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 03月 15日

羆 縞あります。

昨日アップした、羆の増芽です。

羆らしい天冴えの縞質なので、いけると思います。

子の上の葉、立ちに柄が確認できます。

親は、マークした葉にあるようです。

当事4桁の最高価格で、動いた木の増芽です。

滅多に出回らない蘭です。

価格は、それなりですが、

期待の持てる逸品です。

オススメ品です。

こちらの商品の価格は、¥250,000になります。



こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。 園主



c0211318_06095007.jpg
c0211318_06095398.jpg
c0211318_06095688.jpg
c0211318_06095880.jpg





こちらの2鉢も、兄弟木です。
こちらの商品は、¥40,000-になります。

こちらの商品は、ご予約いただきました。

ありがとうございました。

園主

c0211318_12354176.jpg
c0211318_12402321.jpg







こちらの商品は、¥30,000-になります。

それぞれ2本子付きです。



オークションに出品中です。

c0211318_12402491.jpg
c0211318_12402627.jpg
c0211318_12402700.jpg


by 0130hide | 2016-03-15 12:41 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 03月 14日

今世紀最高金額で動いた2鉢


こちらは、湖東錦と羆です。

ある大棚に今も、栽培されております。

先日、久し振りに遊びに寄らせて貰いました。

購入されて約20年位たつでしょうか。

中々元気な様子です。

一応、おねだりしましたが・・・

・・・無理でした。

楽しみで作っているから、ダメ〜

お年寄りにこれを言われたら、もう何も言えません。

最近、湖東錦に興味のある方々が、続々と

おりまして、ご注文頂いておりますが、探してみると

この品種って減ってしまった感があります。

20年前位は、ソコソコ見かけたのですが、

栽培の良くないお金持ちさんの所で、消滅?

そんな感じかもしれません。

増えない性質ってこともあるのでしょう。


c0211318_15325124.jpg





こちらも、おねだり失敗・・・

しかししかし、タダでは帰れないので、この木から増えた縞木を

お譲りいただきました。


*注 無理やりでは、ありませんよ(笑)

c0211318_15325656.jpg



by 0130hide | 2016-03-14 15:53 | 蘭亭 コラム
2016年 03月 13日

春が来たので、こんな蘭を入れてきました。

見える方なら、女雛の血の入っているのが、

すぐに解ると思いますが、

舌がハート型で、可愛いらしい。

玉姫と云う名前で、出ている蘭です。

この手のものは、色々買ってみましたが、

栽培が、出来たものもあり、個性が強く出来ないものもありました。

同一交配でも、色々出てくるものです。

今回は、花付きでしたので、

大丈夫でしょう。

当園で撮影した画像です。



c0211318_13022624.jpg


by 0130hide | 2016-03-13 12:52
2016年 03月 04日

羆の上に君臨するもの…


これには、賛否両論あるでしょうが…

これが、本芸の湖東錦。

当園のお客様が栽培中です。

世の中広いもので、

大会に出てこない蘭でも、スゴいのが沢山あります。

日本富貴蘭会が、全てではありませんので…

今の富貴蘭人口、国内に約5,000人位と思います。

内現在の会員さんは、1,000人に満たない現状です。

4,000人の愛蘭家の中には、良いものが沢山ございます。

二重覆輪と称されるこの品種です。

良く観察すると、三光中斑なんですね。

しかし一言で云える単純なものではありません。

散り斑も咬みます。

独特な柄で、派手に成りやすく簡単には増えてくれません。

葉型で、判断する限り徳之島産の風蘭に良く似ております。

名前を伏せるならブログアップokと

九州のお客様から、画像を頂きました。

昨年の11月頃に撮影されたものです。

ありがとうございました。

今回は、湖東錦勉強会と云うことで‥‥‥‥

※好学のために、観たい品種等ありましたら、メールにて、リクエストして下さい。
出来る範囲で、対応させて頂きます。
                   園主


c0211318_08564947.jpg

c0211318_08565378.jpg


by 0130hide | 2016-03-04 08:23