<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 24日

蛯庵

東洋蘭風来記でお馴染みのエビアンさん

大阪東洋蘭会の会長さん宅です。

富貴蘭の仕入れの後で、時間があったので

ちょっと顔を出して、ご挨拶。

ここ数年、京楽古鉢の研究をされていて

ご自身のBlog上や、園芸ジャパン(旧自然と野生蘭)で紹介されております。

お陰様で蘭界では、古い鉢に対しての認識が、大分高まってきました。

会長は、お若い頃から半世紀以上、蘭で遊ばれてこられた関西の重鎮。


情報化が進んだ最近の蘭界の良いところ、又悪いところについて

色々なご意見を伺ってきました。

こちらは、エビアンコレクションの一部です。
c0211318_06433559.jpg













by 0130hide | 2016-04-24 06:46 | お棚拝見
2016年 04月 23日

金司龍

今日は、関西に出張です。

新幹線のなかで、仕事しております。

今朝は、九州のお客様から、ご注文を頂いたりして

地震で、大変なのにと思いつつ、

いや逆に、一鉢の蘭に癒されて頂けるのであれば、

これもありだなと、思ったりしております。


九州の皆さま、何か長期化しそうな感じもあるので、

くれぐれも、気を付けてください。



さて、珍しい蘭が入荷してきました。

当園のお客様が、栽培されていたものです。

寒い地方から来たので、

まだ新根も出ていませんけど。

中々縞柄の落ち着かない品種ですが、

この娘は、縞のクオリティーいいです。

熨斗葉の縞で、好き不好き別れると思いますけど。

変わりダネです。


こちらの商品の価格は、¥100,000-になります。

販売済みになりました。

c0211318_11173779.jpg
c0211318_11174112.jpg
c0211318_11174549.jpg


by 0130hide | 2016-04-23 12:01 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 04月 23日

摩天楼

斑切れの良い虎品種

らんのなかでも、特に春蘭の

虎斑は、戦前から人気があり、

今も日本国内、海外の愛蘭家の人気者です。

他の蘭科植物には、あまり無い分野なのでしょうか。

富貴蘭の虎も、綺麗なので海外への需要も多いいですね。



さてさて、こちらの摩天楼ですが、

一番何に似ているかというと、南海雪虎になります。

そうです、富貴蘭界の絶滅危惧種と云っても過言ではない品種です。

とにかく作り難い、あの南海雪虎です。



この蘭の来歴を、少し調べて見ました。

この蘭、一応実生なんですが沢山あるものではないんです。

種をつけた方は、古い名古屋の蘭商さん。

日本の実生家が、撒いたのですが、

作品になる前に、種を提供された蘭商さんが

他界されたので、親がわからないという話です。

私も、おつきあいが、あった蘭商さんでした。

羆クラス迄扱っていらっしゃった方ですので、

安い富貴蘭を、交配またはセルフしたとは、考えられません。

100パーセントとは、云えませんが、

南海雪虎の血が、入っていると思います。

でもでも、こうゆう話は、謎に包まれたままの方が、良いかもしれませんね。

いろんな想像力を、掻き立てくれます。



こちらの商品は、先週販売させて頂きました。

参考価格 150,000円

現存株20鉢位。

c0211318_10381045.jpg
c0211318_10381449.jpg
c0211318_10381842.jpg


by 0130hide | 2016-04-23 10:01
2016年 04月 19日

緑千寿 

八重咲き、段咲きの素心花

花の画像は、賛歌さんのものです。

三本立ちのバランスのとれた蘭です。

出だし高くて、手が出ませんでしたが、

ぼちぼち、許容範囲かなと、仕入れて来ました。

まだ、なかなか品薄で、レアな品種です。

こうゆう品のいい蘭、わたしは好きですが‥‥

皆さまは、いかがでしょうか?


こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。



c0211318_10070684.jpg
c0211318_10070944.jpg
c0211318_10071262.jpg


by 0130hide | 2016-04-19 09:54
2016年 04月 13日

富貴蘭を入れたい香炉

綺麗な染め付けの二重鉢

以前これと同じ鉢に、蘭を入れて、

誰か使っていたような記憶もありますが…


当園にダイアモンドコアがありますので、

後穴を開ける事も、承ります。



展示するときだけ使うなら、このままでも良いでしょう。

きっと繊細な白柄の富貴蘭には、映りがいいでしょうね。

3、3寸位の大きさになります。

知り合いの東京の骨董屋さんから、

おねだりして来ました。

こちらの商品の価格は、¥75,000-になります。


こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとうございました。

園主



c0211318_12575892.jpg
c0211318_12580055.jpg
c0211318_12580279.jpg


by 0130hide | 2016-04-13 12:44
2016年 04月 11日

寒の戻りにご注意ください。

春一番も吹いて、ポカポカ陽気だった先週。

今週は、寒波が来るらしいです。

富貴蘭も、新根が伸び出したところ、

春を感じてやっと動き出したところで、

寒さに当たると、傷む事が多いです。

秋に寒くなって行く時は、いいのですが、

春の寒の戻りは、お気を付けてください。



最近の蘭と鉢 ets


紫秀蘭のチャボ素心
c0211318_06411150.jpg


小町蘭紀州産白覆輪
c0211318_06411222.jpg




偕楽園お庭焼き


c0211318_06411280.jpg



御神渡の新根

c0211318_06411490.jpg


伊豆の海辺
c0211318_06411544.jpg



短柵屋と時代火屋


c0211318_06411779.jpg



美しい大極冠
c0211318_06470963.jpg





by 0130hide | 2016-04-11 06:26
2016年 04月 09日

有機液肥の仕込み


用意するもの

固形の有機配合肥料、バイオゴールド等

当園では、松永蘭園の固形(油粕等一般のものより、良いものが使われております。)を使っております。


c0211318_08345334.jpg

台所流しの三角コーナーの網にいれます。

c0211318_08345602.jpg

アルカリイオン浄水器(砂状活性炭、3種のセラミックス)を通した水を

発泡の蓋つきに入れます。

蓋つきですと、温度変化が少ないので、発酵しにくい為です。

夏は、ペットボトルに入れて、冷蔵庫に保管した方が、良いですね。

c0211318_08350567.jpg

2〜3日でこんな感じの液肥が完成します。

柄杓で睡蓮鉢に入れます。

当園では、500倍〜1000倍に薄めます。

ここでもアルカリイオンの水を使っております。

カルキ、塩素が蘭の葉上に付着して、白くなるのがいやなので・・・



c0211318_08351541.jpg


富貴蘭は、日本の多肉植物のようなもの

かなりの肥料食いです。

中途半端に薄い肥料ですと、徒長の原因にもなります。

液肥の倍率は、お棚の環境に比例してやってください。

1つ云えるのは、新陳代謝がいい環境を作ることです。

これは、人間と一緒です。

運動不足でカロリーを取りすぎますと、

私の様にお腹だけ出た、メタボになります。

自分のお棚に合った施肥で、

カッコイイ富貴蘭を作ってみて下さい。




c0211318_08352771.jpg


蘭が、元気になる浄水器の販売も承ります。

コーヒーやお茶も美味しく飲めます。

使ってみたい方は、お問い合わせください。

松永蘭園さんの固形肥料は、

在庫しておりますが

日本伝統園芸のホームページからのリンクで

直接お問い合わせ下さい。


市販の有機液肥より、安上がりですし

品質も良いので、オススメします。

化学肥料より、葉艶もよくなりますよ。

園主







by 0130hide | 2016-04-09 09:35 | 蘭亭 コラム
2016年 04月 08日

大波青海の芽変わり‥‥雲竜タイプ

東海錦(大波青海~東海の縞)とは別タイプです。

こんなのも、お客様に作って頂いておりました。

お買い上げ頂いてから、7~8年は経過したでしょうか。

元は、会長のところにあった蘭ですが、

余り作が、掛かっていなかったので

私が、関東の御棚に、納めた木です。

やっと2鉢になりました。

このタイプは、今回ブログ上で、初のリリースになります。

東海錦の方は、ハッキリとした縞柄で、万人好み。

こちらは、味付けとしては、

辛口の通好みになりますか?

渋くていい感じです。

裏の子は、派手ですが、虎斑ぽく維持してくれると

株全体を引き立ててくれます。

大波青海は、葉肉があるので

端正な葉型ですが、

現物は、迫力があっていいですね。

こちらの商品の価格は、¥255,000-になります。

こちらの商品は、販売済みになりました。

園主

c0211318_12205334.jpg
c0211318_12205691.jpg
c0211318_12205947.jpg
c0211318_12210283.jpg


by 0130hide | 2016-04-08 12:04 | 販売済 蘭 美術鉢
2016年 04月 07日

浪花富貴道

大阪に単身赴任の、お客様から、

蘭の植え替えが終わりましたと

メールを頂きました。

マンションで、一人。

植物が、恋人のようです。

とても健全で、いいんじゃないですか。

まめに、手入れされて

蘭や盆栽に愛情が、注がれているのが

画像から伝わってきますよね。


私も今の時期は、植え替えのお手伝いの毎日です。

本来は、染井吉野が咲くまでに終わらせておきたい

ところですが、

今日は、春一番が吹きました。

ギリギリセーフってところですかね。

日本の単身赴任の愛蘭家の皆様、

お疲れ様でございます。

疲れた心、蘭で癒されてくださいませ。

明日も、頑張っていきましょう。


c0211318_23052807.jpg
c0211318_23074294.jpg


by 0130hide | 2016-04-07 22:50