<   2017年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 29日

ノンフィクション その1

昨夜、豆葉好きの愛蘭家さんから

残雪の話を聞きたいとご依頼があり、


c0211318_11510068.jpg


では、少し…‥‥‥

もとは韓国で出来た、淀の松実生

20年前に、白縞の入った3本の内

1本に、眼を付けて購入した。

私が見る前、

日本の業者さんが既に

値段を付けたが、希望価格に達しないので、

販売しなかったそうだ。

持ち主の希望価格は、4つ

日本の業者さんが付けたのは、2つ半

私は話半分と感じていたが

4つで買ってみた。

まずは買ってみて

自分の物にしないと、何も始まらない。

日本に帰ってから、

湘南にお住まいのお客様に薦めてみた。

蘭舎が、海から近い5階の屋上で

豆葉の縞の栽培には、

とても良いロケーションなのだ

そのお客様は、当時高額だった玉響で、

既に成功されていたので、

私もお勧めしやすかった。

5つ半で、話は成立。

どれでも好きな蘭を持って行けと言われる。

わかりました。と私

以前買って頂いた蘭の増え芽で

直ぐに換金出来そうな品種を

みつくろい、持って帰った。

さあ、これからが仕事である。

下取り品といっても

交換会でさばく様な

価格の品物ではないので、

欲しそうな方々に声を掛けることに

その中には、お客様もいれば、業者さんも

1週間位で販売出来たが

合計してみると、

その金額をみて、唖然となった…‥‥‥



                つづく



by 0130hide | 2017-06-29 17:21
2017年 06月 29日

鉢合わせ、姫合わせ、

古色の京楽短柵屋

加茂黒に、白牡丹、小菊

金色の凌ぎ文が、少し豪華に魅せる。

古い鉢には、同じ時代の古典品種が

良く写るが、そこは一捻り入れて

八州の月としよう。

大八州は江戸時代からの品種

八州は、平成になってからの

大八州の芽変わり

この鉢が受け入れてくれる許容範囲には

十分入っているだろう…‥‥‥

我輩、遊び心には、

全力で向き合うように

普段から心掛けている

鉢合わせとは、お洒落するのと一緒

可愛い娘に着物を着せてあげる事と

さほど変わらない事である

沢庵くさい古女房も、

綺麗な着物と高い化粧品と

韓国エステにでも通わせれば

良く見える……

かも…‥‥‥

鉢合わせは、

女の子が、リカちゃん着せ替え人形に

夢中になるのと、さほどかわない遊びである。

購入した蘭の価格は、黙秘権。

大人の隠れ家道楽である。

なので家の中では、

肩身の狭い思いをされていらっしゃる輩も

多いのではないか…‥‥‥



マンションなんかだと

洗濯物を干すから、

邪魔!とか言われながら、

値段を知らされていない女房に

蘭を、粗末に扱われ

偉い目にあった輩を

私は、何人も見てきた。

江戸時代も、現代と同じで

肩身の狭い思いをして

コソコソと、やっていたかも知れない。

何時の時代も、男は弱いものです。

8……女は、怖いですよ…‥‥‥


蘭道楽は、

不倫なんかするより

割りと安上がりかも知れません…‥‥‥

あれ、何の話でしたっけ??

心にツンツンきた方々

只今当園では、

夏のボーナス一括払い

受付中でございます。



                 園主


c0211318_11135740.jpg
c0211318_11140040.jpg
c0211318_11140769.jpg
c0211318_11141026.jpg


by 0130hide | 2017-06-29 10:06
2017年 06月 27日

金牡丹黄縞


紺地の良いタイプ

子は覆輪になりそうな面白い木

孫の芽当たりも確認出来ます。

先日ご紹介の微弱墨の系統ですので

小豆と紺地と縞のコントラストが

とても良い感じです。

葉先も少し丸止めで

コロコロしいていて愛嬌があります。

園主


c0211318_10061354.jpg
c0211318_10060677.jpg
c0211318_10061940.jpg


c0211318_10055153.jpg

友禅黄縞とツーショット

c0211318_10125777.jpg






by 0130hide | 2017-06-27 10:26 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 27日

友禅錦の行き着いたところ

登録友禅は、後眩みの縞でしたが

最近は、その殆どが金ボタン化している状態

黒牡丹が、金牡丹に成って行くのと同じ道を

辿っているようです

この友禅は所謂、黒牡丹の黄縞(黄牡丹錦)化した個体

墨だけの友禅を100鉢、10年作っても

出るか出ないかと云う・・・

価値にみて頂ける方には、お宝ですが

興味の無い方には、ただの縞・・・


この芽変わり

初めて見て以来ずっと

私の眼の奥から、残像が消えない

吉永小百合さん的な・・・

憧れのマドンナでした。

一目惚れってやつですかね。

恋焦がれていましたが

先日

遂に手元に来ました。

諦めず追いかけ続けると

いつか願いは叶うものですね

寅さんは、毎回失恋してボロボロになって

また旅に出るんですが・・・


あまり他の品種と比べたくは

ありませんが

葉型に品があって

私は好きです。

次のご紹介は、5年位先になるかと思います。

園主


c0211318_07174737.jpg
c0211318_07174272.jpg
c0211318_07174560.jpg
c0211318_07180594.jpg


by 0130hide | 2017-06-27 08:03 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 22日

水無月 みなづき

日本列島やっと梅雨らしくなってきました。

富貴蘭の成長も楽しい季節です。

品のいいお庭の奥にある

蘭小屋の脇では、紫陽花も咲いて

しっとりとした風情のある空間です。

お客様との蘭談義、

嫁に出した蘭と、久しぶりの再会

どれだけ増えたとか、

これは栽培が難しいとか、

これからどんな品種が欲しいとか、

夜な夜な、きりのないお話をして、

地鶏と芋焼酎を御馳走になって…‥‥‥

これは果して仕事と云えるのか…‥‥‥

楽しすぎて歳をとるのも忘れそうです。

               園主

c0211318_10014513.jpg
c0211318_10014892.jpg
c0211318_10015162.jpg






by 0130hide | 2017-06-22 09:43 | 蘭亭 コラム
2017年 06月 17日

微弱

変化し続ける牡丹系

近ごろ、墨無大型巾広の人気があるが、

最近私の好みは、微弱墨の紺地の良いもの

強墨だと根も伸び難く、

あまり増えてくれない。

人間の欲望とは、きりのないもの

女性は、色白がいいが、

風蘭は、緑色が濃い方が好みだ。

最近の私の答えは、この辺で落ち着きそう。

元来、飽き性なもので

半年、一年後に

云う事が変わっているかもしれないが…‥‥‥

そこは蘭商、正直に言うと

その時に売れるものが好きになってしまう。

これは、商人のサガでありますので

御許しくださいませ。

普段の仕入れで蘭のどこをみているか

キーワードは、ロングセラー、ロングラン

末永く、

多くの愛蘭家さまに支持して頂けるか

人気が永く継続するか

毎朝の水掛けが、楽しいか

そんなところを感じながら

やらせて頂いております。

ちょっと趣味家気分の園主でした。

明日は、明日の風が吹くでしょう…‥‥‥




c0211318_08472044.jpg


親が素晴らしく地味な串目

このレベルだと、出てくる新芽は

最高の見栄えの縞に成ってしまうのです。

蘭は、1鉢1鉢微妙に違うもの

その辺は、こだわってセレクトしております。

うちの娘たちは、おあとがよろしいようです。

c0211318_08472268.jpg
c0211318_08472471.jpg
c0211318_08472700.jpg


by 0130hide | 2017-06-17 08:15
2017年 06月 09日

白曙白縞ルビー根

が美しい

やっぱり不老白って色白美人。

先日、お客さまのところで、

柄の良い所だけ、

お譲り頂きました。

子は、九州に嫁入りが決まり

親木も預けて、秋迄栽培して頂く事に。

親も…‥‥‥とおねだりされましたが

うちにも1つ位ないと

格好つきませんのでキープ。

当園推奨銘柄の人気商品ですので、

後は、ゆっくりと作にかかります。

来年の秋頃迄は、

余剰品の無い状況でございます。

未登録品種ですが、

これもうれしい悲鳴ですね。

ありがとうございます。


               園主


c0211318_05102589.jpg
c0211318_05103846.jpg
c0211318_05104723.jpg
c0211318_05105279.jpg
c0211318_05105572.jpg


by 0130hide | 2017-06-09 05:00
2017年 06月 08日

やっぱり好きな

豆葉の縞

画像は、兜丸の…‥‥‥シマ

まだまだ、発表していない良い素材がありまっせ‼

これだけ柄が揃えば、誰もケチつけんやろね~

最近始められた趣味家さんは、ピンと来ないかもしれへん。

オリジナル兜丸に惚れて作っていた方には、

たまらん芸やね。

青軸青根、清々しい豆葉の縞の登場でございます。

                   園主


c0211318_20133346.jpg
c0211318_20133968.jpg


by 0130hide | 2017-06-08 20:03
2017年 06月 08日

尾張波千鳥染め付け輪華型鬼面足

縁が広い、4寸半位の内径

火屋が少し小さいですが、

合わせてみると程よいバランス。

結構な大株を入れられるサイズになります。

染め付けですので、中身は選らばい

オールマイティーに使える鉢です。

単純な丸鉢では、ありませんので

凄くおしゃれな感じですね。

こちらの鉢の価格は、¥150,000になります。

                 園主


c0211318_11414483.jpg
c0211318_11414644.jpg
c0211318_11414978.jpg


by 0130hide | 2017-06-08 11:28
2017年 06月 07日

本気のくま


7月7日、上野グリーンの展示会の段取りで

本日は、東京へ

段取り後は、御棚訪問&御用聞きに

子連れの、くまに逢ってきました。

この子が、親離れ出来るのは、2~3年後。

『行く所が、無かったらうちにおいで…』そっと

声掛けてきました。

私の中では、3年後の仕事が、

今から始まっているんですね

これを、世間では、唾をつけ得…‥‥‥?といいます。

1つの仕事に時間掛けるの、

割りと好きなほうです、私。

これだけの色気が有ると、

建国とは、似ても似つかないわね。

本気出してる、くまさんでした。


                  園主

c0211318_20171616.jpg
c0211318_20172183.jpg


c0211318_20172767.jpg


by 0130hide | 2017-06-07 20:07