<   2017年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 28日

金彩宝尽くし亀甲文白胴京楽古鉢

暑い夏に、涼しげな白胴の鉢

胴の幅が広いので、富貴蘭使いに

ピッタリのオモト鉢です。

打出の小槌、宝珠、巻物、丁子
c0211318_08193116.jpg



軍杯、宝珠、丁子
c0211318_08193992.jpg



隠れ笠、宝珠、丁子
c0211318_08195181.jpg


亀甲模様
c0211318_08195662.jpg
c0211318_08200180.jpg


優しい黄色の品種、黄玉殿等

白系の色目の古典品種、至楽、白牡丹等

に写りがいいと思います。

外径12cnになります。

c0211318_08200540.jpg


こちらの商品の価格は、¥300,000になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
            
                  園主




by 0130hide | 2017-07-28 20:27
2017年 07月 28日

富貴蘭パパ

今日は、親子で富貴蘭作りに励んでいらっしゃる

九州の若手愛蘭家Tさん(33歳)を、ご紹介しますね。



象さんのお鼻で、葉っぱ折らないようにね。
c0211318_23374190.jpg



おーきくな~れ‼
c0211318_23374791.jpg


リキダスは、お姉ちゃんの役目?
c0211318_23375132.jpg



c0211318_23375866.jpg
日々栽培研究は、続く
c0211318_23380230.jpg
コレクション


c0211318_23380626.jpg




c0211318_23380914.jpg



Tさんと不老白…‥‥‥
c0211318_23381231.jpg



Tさん談

素人なりの作について。

春先は遮光40~50%
根が動きだして一発目に濃い目のリキダス500倍くらいをたっぷりと、その後は毎朝2000倍の霧吹き散布。
肥料は松永蘭園の固形肥料を溶かした液肥を品種に分けて500~1000倍のを2日に1回。風は上方四方から、夏は棚下からミストを出して工業用扇風機で拡散させてます。気温が35度を越える時には夕方も霧吹き散布をして、棚の温度と蘭の火照った身体を冷ませてあげます。これをする事で休眠せずに真夏でも根がとまりません。ただ、根が動いていると葉の成長が今一なのは見て解るので、この作は良し悪しなのかな?と思っている次第であります。



以下は、園主談

彼の棚場に初めてお邪魔したのは、一昨年でした。
九州は、大分県の海の側で、近くに仲間もいないようでした。
とりあえず、山口大会に来ませんかと、お誘いしました。会ってビックリ。イメージは角刈りのオッサンかなと思っていましたが、今時の若者でした。性格も、九州男児そのもの。画像通りのいい男です。彼は、造船関係の仕事をしている若社長で、普段は軽トラに乗って仕事しております。私が福岡空港に着くと言ったら、わざわざ、レンタカーを借りて迎えに来てくれました。小川ガーデンさんと、宮崎在住のお客様の御棚拝見に、2日間付き合ってくれました。九州は、いい人が多いですが、彼は、特に私のお気に入りです。お客様に対して、失礼な物言いになるかもしれませんが、大事な娘を嫁がせるからには、嫁ぎ先を選ばせていただきたい、というのが、私の流儀です。
増えた子は、また引き取って仕事をさせて頂いたり、長いお付き合いになるからこそ、やはり人間関係が一番大切と考えております。しっかりとしたポリシーを持って、富貴蘭作りに取り組んでいる姿を拝見して、私も希少な蘭を、お預けする気になりました。また、後日ヤフオク被害の蘭100鉢も、すべて引き取り、先見性のある品種に絞り作って見てはと、提案させて頂きました。東洋蘭は、奥が深い世界ですので、商人でも作り屋さんでも、愛蘭家仲間でもいい、誰かと二人三脚で楽しまれる方がいい結果が出るように思います。私も自分のお客様には、出来る限りご訪問して、フェースツーフェースで、意見交換、お付き合いさせていただきたいと考えております。

         
                   



by 0130hide | 2017-07-28 06:10 | お棚拝見
2017年 07月 26日

つぶやき

暑い温室内、どうしたものかと…‥‥‥

夏は、来園されるお客様も少ないですが…‥‥‥

只今、冷暖房の効く、談話室を制作中

園内工事の為、

暫くはおやすみです。

今日は、ここまで出来ました。

                   園主

c0211318_17545381.jpg


by 0130hide | 2017-07-26 17:50 | つぶやき
2017年 07月 25日

つぶやき

メタボ対策のチャリ

2台目…‥‥‥

c0211318_10045622.jpg


談話室を造る工事が始まりました。

c0211318_10050028.jpg
 


御抱え大工さん

園内はこの人に何時も頼んでいます。

c0211318_10050391.jpg


元気に成ってきた、金牡丹黄縞

c0211318_10050540.jpg


by 0130hide | 2017-07-25 09:46
2017年 07月 23日

つぶやき

毎朝、このイスに座って

モーニング儀式

扇風機に煽られながら

珈琲を飲み


c0211318_08214347.jpg


一服する。

永い夏休みが始まった

今日は、何をしようか…‥‥‥

c0211318_08214668.jpg


鳥取から来た、渋い色目の

黒牡丹覆輪芸

最近は、牡丹系の変わりに、

首ったけ

変化に奥行きが在って

大人の夏休み自由研究には

もってこい。

c0211318_08214907.jpg


蕾の弁先に紺がまわっている。

柄の変化とともに、花も変化していくのかな

開花までは、後3日くらい…‥‥‥


c0211318_08215164.jpg


by 0130hide | 2017-07-23 18:49 | つぶやき
2017年 07月 23日

つぶやき

山梨の親分のお友だち

盲導犬クイ-ルの原作者さん

秋元良平さんと、鮎釣りでご一緒しました。

氏の仕事は、カメラマン

私の釣り姿も撮影して貰いました。

日本では、公開済の映画ですが、

これから、世界中で公開されるそうです。

どこの国の人々にも、共感を呼ぶ

心温まる作品なんですね。

先日の上野グリーンの展示会にも

来てくれたので、風蘭赤花をプレゼントしました。

これから一緒に、いい仕事が出来ると

楽しいですね。

私が鮎釣りを手解きしたので、

一番弟子にしてあげました。

                   園主

c0211318_07033664.jpg
c0211318_07033904.jpg


by 0130hide | 2017-07-23 06:32
2017年 07月 22日

つぶやき…

温室内、あつーくて脱出

風を感じに、プチツー

c0211318_17405052.jpg


バリカンで、サマーカットしたら、

何犬か判らなくなった。

c0211318_17405359.jpg
c0211318_17405885.jpg


暑さに強い金牡丹ちゃん

お彼岸までの辛抱じゃ…

c0211318_17410045.jpg


八州の月が、いい覆輪に成ってきた。

江戸時代からある品種の芽変わり。

c0211318_19520428.jpg


by 0130hide | 2017-07-22 07:30 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 21日

夏の呟き2

奥飛騨の川で夏休み

もろもろの欲を洗い流す

毎年恒例の大事な行事

c0211318_10500554.jpg


四国の川でも夏休み

アフターバーベキュー

らんと、釣りの好きな人に、悪い人はいない。

来月は、九州の川で、

お洗濯…‥‥‥

c0211318_10500738.jpg


by 0130hide | 2017-07-21 10:37 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 20日

夏の呟き…‥‥‥

山梨の山の上は、紫外線が強くて、柄の発色もいい

それにしても、何この根…‥‥‥

大型黒牡丹は、4本立ちだったのが

芽当たり5本って、何それって感じ

販売しないで作っとけばよかった。

金剛宝も綺麗やね~

                 

c0211318_18294220.jpg



c0211318_18294537.jpg







by 0130hide | 2017-07-20 07:17 | 蘭亭 コラム
2017年 07月 14日

白砂青松

はくさせいしょうと読む

この名前は、イメージが膨らんで

中々いいと思う。

島根県、仁摩地方

琴ケ浜産のこの蘭は、

新葉が、玉子色の中に

松を散らして出てくる

この斑色の状態では、ルビーを出し

後々濃い紺通しが入り出すと、


泥根に変わっていく

品のいい芸を魅せてくれる。


海の画は、

先日サイクリングに行った

沼津市の千本松原

白い砂浜

どこまでも続く松の林…‥‥‥

それから根の色は

何を思い浮かべるかと云うと

松林の中に点々とはえている

ハゼの木。

オレンジから紅に移り変わる

初秋の紅葉が、とても美しい

時々、お客様の棚で、この子を見ると、

左耳の後ろから、

優しくくすぐってくれる様な感じかする。

神秘的な蘭のひとつ…‥‥‥


出雲の國は、神の國…‥‥‥

こんもまた

神さまのいたずらでしょうか‥‥‥

…‥‥‥


                 園主
c0211318_17371760.jpg
c0211318_06535536.jpg



c0211318_17371977.jpg
c0211318_06535825.jpg



c0211318_17372213.jpg
c0211318_06540006.jpg


by 0130hide | 2017-07-14 07:37 | 蘭亭 コラム