2017年 05月 24日

不老白

子が覆輪芸に、進みつつある

豊明殿から芽変わりした天然の白縞

葉の型は、先太りの正統派

とっても富貴な蘭‥‥‥

越前の御隠居さんの作ですが、

みずみずしいく、清清としております。

根の色は、透明感のあるルビー

清らかさと色気を合わせ持った

貴品に成ってくれました。

ご希望のお客様がありましたら、

子のご予約を承ります。

価格、詳細は、ご相談ください。

宜しくお願い致します。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
               
                  園主

c0211318_08362477.jpg
c0211318_08362787.jpg
c0211318_08363585.jpg
c0211318_08364060.jpg


# by 0130hide | 2017-05-24 08:18 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 23日

プラチナ牡丹

黄牡丹錦と言われている

No.1黒牡丹から出る天冴えの黄縞を

先日ご紹介しましたが、

こちらの木は、その柄落ちの青を栽培中に

変化してきた蘭になります。

眩みは、するものの

天葉の出芽の感じは、

登録品種で一番近いところで云うと

都羽二重のような、品の良い乳白色。

No.1の黄色味のある感じ、

黒牡丹月笙系の様な、透明感の

あるものとも異質。

暫くは、作ってみて、

様子を見て行きたいと

思っております。

富貴蘭の変化って

ホント楽しませてくれますね。

                  園主

c0211318_17103609.jpg
c0211318_17103977.jpg
c0211318_17104399.jpg
c0211318_17104687.jpg
c0211318_17104859.jpg


# by 0130hide | 2017-05-23 16:57
2017年 05月 19日

化粧なおし

美しい着物(化粧鉢)を着せて

串を入れ

葉面も綺麗に拭いて

明日は、御披露目の日

皆様、お気軽に遊びに来てください。

直寅も、鰻の蒲焼きも、浜松餃子も

待っておりますので…‥‥‥

宜しくお願い致します。

                    園主

c0211318_11184454.jpg


# by 0130hide | 2017-05-19 11:10
2017年 05月 18日

絵に描いた様な…‥‥‥

金牡丹黄縞。

かなり串目調です。

小豆(赤み)も適当にあっていい雰囲気。

紺地良く、コントラスト良くて、美しいです。

牡丹系の蘭と並べてみると

王様的風格が漂っております。

これなら、一生付き合ってもいいな~

と思って、入れてきました。

これだけ揃った黄縞、

お譲りいただく交渉も、

中々、大変でした。

もし、心がざわざわするような事が

ありましたら、お問い合わせください。

                  園主


c0211318_20102748.jpg
c0211318_20102917.jpg
c0211318_20103005.jpg


# by 0130hide | 2017-05-18 12:39 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 18日

亀谷金牡丹

葉幅、葉肉、間口、

とにかくボリューム満点

栽培しやすく、フエルフエル系の金牡丹

3.5寸鉢からはみ出る、王さまサイズ。

こちらの商品の価格は、¥160,000-になります。

こちらの商品は、ご予約いただきました。
ありがとうございました。

               園主


c0211318_14581258.jpg
c0211318_14581774.jpg


# by 0130hide | 2017-05-18 10:13 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 17日

黒牡丹黄縞 

天冴えタイプの黒牡丹

こんなに串目に縞が割れるのも初めて目にします。

No.1黒牡丹から芽かわりし、

3本揃った姿。

素晴らしいです。

15日に掲載された最初の画像

No.1から、出た木になります。

よくぞここまで作り込んでくれました。

夢の様な、お話ですね。

c0211318_10154729.jpg
c0211318_10154860.jpg
c0211318_10154987.jpg
c0211318_10155085.jpg

c0211318_10510786.jpg


# by 0130hide | 2017-05-17 10:07
2017年 05月 17日

黒牡丹No.1

余り眩まないタイプ

小さい子付です。

柄は、荒いところ様に見えますが

けっこう割れております。

8cm


c0211318_10062993.jpg
c0211318_10063132.jpg
c0211318_10063312.jpg


# by 0130hide | 2017-05-17 09:55
2017年 05月 15日

風と共に去りぬ

今朝は、鶯の囀ずりに目覚めた。

一瞬、何処にいるのか、記憶を辿る。

え‥‥‥と‥‥‥

昨日は、四国富貴蘭会の後

知り合った初めてのお客様お二人の

お棚を拝見させて頂き

c0211318_10100998.jpg
c0211318_10101106.jpg


『一杯いこか』と誘われ

ご馳走になり

蘭談義に花が咲き、

釣りの話で盛り上がり

酔った勢いで、口説きが始まり

‥‥‥‥‥‥

ここは、お客様の家の二階の一室だった。

奥さまの手作り

美味しい朝食を頂いて

蘭舎をもう一度拝見

良い水と、良い空気で育った蘭達は

いたって健康的で、見ていて清々しい。

ここは、徳島県吉野川の中流域

山と山の間を気持ちいい風が流れている。



家を出て4日目、

提籃の中も、満タン状態

ボチボチ家路につこうか‥‥‥

どうしようか‥‥‥

徳島から鳴門、淡路島を通過しながら、

またいい風が流れている‥‥‥


                 旅蘭商 寅









# by 0130hide | 2017-05-15 09:20
2017年 05月 14日

黄玉殿

富貴蘭中一番希少とも云える

覆輪種です。

羆より扱う個体が少ないかもしれません。

30年以上前は、万月の偽物で流通していたことも

ありました。

作り込まれた良い木が

世に少しづつ紹介され

見直され、昨年登録。

この品種の魅力は、初心者さまでは

少し難しいかもしれません。

なので、あえて詳しく解説する事は

不必要かと、

敢えて1つ云うなら雰囲気が‥‥‥

20~30年、一通り収集した後

心の琴線に響いたら、

それから購入をお考えください。

そんな蘭なんですね。

                 園主


c0211318_04523227.jpg
c0211318_04523430.jpg
c0211318_04523742.jpg
c0211318_04523959.jpg


# by 0130hide | 2017-05-14 04:30 | CLASSIC MODELS SALE
2017年 05月 12日

口説きに‥‥‥

お客さまから、ラインして頂いた蘭

片道8時間掛けて

口説きに行く道すがら

こんな時間が、一番ワクワクして

楽しい。

すぐに落とせるんでは、

面白みがないし、

無理を言って、

やっとこさ手に入れた蘭でなければ、私も

次のオーナーさまも、納得してくれないし、

簡単に手に入るものでは

いけないのです。

私もちょっと、苦労しないといけません。

高い金額を提示すれば、

お譲り頂ける事でも、ありませんしね。

蘭も、一期一会の出逢いです。

富貴蘭の中で、一番品の良い覆輪、根の色を

しています。

吉永小百合さんって感じでしょうか‥‥‥

たまりませんな‥‥‥

                  園主

c0211318_18481912.jpg


# by 0130hide | 2017-05-12 18:28
2017年 05月 11日

碧岩(へきがん)

奄美墨の黄色縞

歪正に成った姿が

いい味しております。

黒牡丹系、建国系、友禅系、吟風系、銀領系と

墨のある蘭の変化を楽しめるのは、

富貴蘭ならではの、おたのしみですね。

白縞、黄縞、牡丹芸等々、

各品種を集めて、

横割していくと

この一連の変化を楽しめる深い世界です。

また、楽しいコレクションになると思います。

こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

c0211318_09503649.jpg
c0211318_09503796.jpg
c0211318_09503909.jpg




こちらの画像は、親木です。

カッコイイでしょう?

黄牡丹錦、紅牡丹の縞みたいにみえますね。

c0211318_09504093.jpg


# by 0130hide | 2017-05-11 09:34 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 10日

初心者さんにも、作りやすい白いの2点

春先寒ったので、うっすら紅を射しました、

ルビー根も散ら散ら、

奄美白縞、細葉系です。

当園で、付けた名前が

紅寿白になります。

こちらの商品の価格は、¥38,000-になります。


c0211318_11371544.jpg
c0211318_11371809.jpg
c0211318_11372204.jpg
c0211318_11372509.jpg



無名の奄美白覆輪

奄美冠白タイプです、

雪白と云うよりは、優しい乳白色

やはりルビーと泥根が混合して

出てきました。

こちらの商品の価格は、¥55,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。


c0211318_11372902.jpg
c0211318_11373123.jpg
c0211318_11373616.jpg






# by 0130hide | 2017-05-10 11:23
2017年 05月 09日

慶賀 美株

中々柄の揃ってくれない品種

クラッシックな富貴蘭の中では、

私も大好きな木です。

上柄の株2鉢育てておりましたが、

今回は、その内の1つをご紹介します。

子5本付いております。

柄の揃った株の慶賀、

古い品種ですが

探すのに、意外と苦労します。

洗練された美しい白斑は、

とても品の良い芸でね。

作り込む程に良くなるでしょう。

価格以上の価値があると思います。

こちらの商品の価格は、¥75,000-になります。

                 園主



c0211318_10185447.jpg
c0211318_10185611.jpg
c0211318_10185870.jpg


# by 0130hide | 2017-05-09 10:07
2017年 05月 08日

白日夢

豊橋の蘭のお店、蘭麝さんの

看板木、白日夢の元木。

総ルビー根で、手前の子に白縞を噛んでおります。

沢山子の付いた株立ちです。

良い夢がみれるか‥‥‥

悪夢になるか‥‥‥

その辺は、お遊びですので、

余り深く考えない様にしましょう。

ご予約が入らなかった時は、

夢から、さめるまで栽培してみます。


こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

               園主


c0211318_08064257.jpg
c0211318_08064450.jpg
c0211318_08064636.jpg


# by 0130hide | 2017-05-08 04:53 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 07日

山葡萄文短冊屋製

京楽の古い鉢

短冊屋製の中でも、一番古いんではないかと

単純、素朴で愛嬌があります。



上手く精密に描いたものは

早く飽きてしまう事もありますが‥‥‥



セッコクが咲いていたので、

入れてみました。

野趣溢れる蘭に写りのいい鉢です。

共箱が、付いております。

こちらの商品の価格は、¥150,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
                  園主


c0211318_13545639.jpg
c0211318_13545783.jpg
c0211318_13550080.jpg
c0211318_13550205.jpg
c0211318_13550493.jpg


# by 0130hide | 2017-05-07 08:07
2017年 05月 06日

凄いの、見つけてきました。

先日、伺ったお客様の御棚で、

金牡丹縞から出た、

雪白色の三光中斑を見つけてしまいました。

まだ小さな木ですが、

大きく成れれば、牡丹系の芽変わりでは、

今世紀最高の貴品に成ると信じております。

暫くは、門外不出。

10年位は、寝かせる事になるでしょう。

じっくりと、大きくして頂ける方に預けて

本日のお仕事は、これにて終了しました。

                園主
              

c0211318_11321213.jpg
c0211318_11322865.jpg
c0211318_11324996.jpg
c0211318_11330977.jpg




# by 0130hide | 2017-05-06 11:17 | 蘭亭 コラム
2017年 05月 05日

墨強 No.1黒牡丹

バランス良く子が付いてくれた

ジッチャン作の牡丹。

過酷な環境(10階のマンションで、ほぼ直射)だと、墨が沢山出てくるみたいです。

秋田の兄貴の、昔の作の様な雰囲気。

左手の子2本と孫(当たり)は、金牡丹化している様子。

親と右手の子は、黒牡丹状態です。

稚葉だけの子迄入れますと、アタマ6本になります。

月笙系と違い、黄色味の強い発色をするNo.1系。

強墨(歪正)と弱墨(普通)と墨無し(大型)と、

好みの分かれるところです。

各地の御棚とかを拝見、考察しておりますと、

緩やかな光線にしてあげれば

大型に成って行く(黒牡丹から出た金牡丹も、大型に成りやすい)様な、気もするのですが‥‥‥

こちらの商品の詳細は、お問い合わせください。

                 園主

c0211318_07124874.jpg
c0211318_07125280.jpg
c0211318_07125635.jpg
c0211318_07130176.jpg
c0211318_07130733.jpg
c0211318_07131235.jpg


# by 0130hide | 2017-05-05 06:42
2017年 05月 04日

白斑美乃徒然‥‥‥

富貴蘭No.1品種の芽変わり。

雪白牡丹芸

紺通し。

c0211318_22292453.jpg


不老白覆輪

c0211318_22292691.jpg


豆葉の白縞

ルビー根

c0211318_22292838.jpg


絶滅寸前の蘭でしたが、

当園のお客様のところで

復活しました。

雪白覆輪白虎

品のある複芸。


c0211318_22293058.jpg




当園お客様の秘蔵品4点。

これからも、クオリティー高く

美しく、魅力的な蘭を、

ご紹介させて頂きます。


                 園主





# by 0130hide | 2017-05-04 09:17
2017年 05月 03日

金牡丹二点

こちらは、白縞系金牡丹

白縞は、少し入っております。

白系ですので、大型に成って行きます。

立ち姿のいい4本立ち。

親の2枚目に、焼けがありますが

あまり気にならない程度です。

こちらの商品の価格は、¥285,000ーになります。

c0211318_21294425.jpg
c0211318_21294906.jpg
c0211318_21295699.jpg


お手頃な価格の2本子付き。

このサイズから栽培すると、

初心者でも、安心です。

ガッチリして幅を引いた

自然作りで、無加温栽培の蘭です。

やっと根が動き始めたところ。

こちらの商品の価格は、¥120,000になります。

c0211318_21300014.jpg
c0211318_21300365.jpg
c0211318_21300863.jpg





これからの商品2点は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

# by 0130hide | 2017-05-03 07:00 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 03日

お手頃な3点

No.1 琥珀殿

芸のいい割り子。

覆輪と白虎のしっかり入った木です。

c0211318_05510182.jpg
c0211318_05510330.jpg
c0211318_05510438.jpg


価格は、¥50000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。

No.2 吟風
親が櫛目柄です。

1本子付で、子も柄もまずまず。

親に1ケ所ちいさな焼けがありますが、

これ以上大きくなる様なものでは、

ありませんので、栽培には支障無いと思います。

c0211318_05510436.jpg
c0211318_05510632.jpg
c0211318_05510706.jpg


価格は、¥70000-になります。

これからの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。



No.3 銀領白縞

お客様が15~16年前に、雅草園さんから

購入された本物の銀領です。

葉裏に墨を引き、白縞の品のいい木。

立ち葉でかっこいい。

こんな綺麗なの初めまてお目に掛かりました。

早く根の色をみたいところです。

c0211318_05510865.jpg
c0211318_05511036.jpg
c0211318_05511112.jpg


価格は、¥85,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。






# by 0130hide | 2017-05-03 05:46 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 05月 02日

寅さん=浜ちゃん

普段風呂敷商人の私
c0211318_05503901.jpg



今日は、浜ちゃん

c0211318_05504060.jpg




定期的にマイナスイオンの補給に行っております。

メタボ対策も兼ねてと思っていましたが、

これは、余り効果が無いようです。

園から1時間半で下田港着。

港から小さな船で、2時間で離島へ。



c0211318_05504209.jpg


鵜渡根島へ

伊豆諸島ですが、ここは東京都。

新島と利島の間にある無人島です。
c0211318_05504369.jpg


島と島の間にあり、潮の流れが早く、

ウネリが高く、中々乗れない磯です。

3回チャレンジして、初めて渡ることが出来ました。

とても素晴らしいロケーションです。

大きいお魚を釣るのが、目的ではありますが、

この景色の中で、竿を出せるだけで

結構満足出来ます。

お弁当も、美味しく頂けます。

c0211318_05504683.jpg



c0211318_05504829.jpg


古典園芸の世界に居るからなのか、

昭和的、非効率的、

こんな所まで行って釣りをする。

時代遅れな生き方が、好きです。

                   園主



# by 0130hide | 2017-05-02 05:05
2017年 05月 01日

五十鈴川の解説から

色々と、勝手に想像してみた。


昨年秋、大阪の工藤名誉会長宅に遊びに伺ったおり

頂いてきた、昔の本

角谷さんと莫山さんの書いた風貴蘭。

c0211318_08094181.jpg



これに羆の写真と解説、五十鈴川の解説もある。
c0211318_08094364.jpg


羆の解説は、現在のものと同じ感じに書かれている。

c0211318_08094611.jpg


面白いのは、五十鈴川の解説。

c0211318_08094889.jpg



棚の環境の違いであり、取り上げる程の事では

無いと、切っている。

この本の発行人は、松村繁三郎(常磐園の三代目)

川西の増田園芸さんの親父さんだが

趣味家の様な曖昧な言い方では無いところをみると

爺さんが筆をいれたのかな~と



花の咲く蘭に

羆と云うのも、かなりユニークな

命名ではあるが、

少し綺麗に芸が出た羆を

伊勢神宮の横を流れている

五十鈴川と言い出すところは、

かなり洒落ていて、良い感じ表現だと感心もするが‥‥‥

当時の商人が、付加価値のアップしようとしたのか

または、趣味家の夢心地?

現代の蘭界でも、よく観られる光景で

楽しげでもあるのだが、

これを『何をアホな事、ヌカシよんねん』てな感じで、一刀両断しているところが、面白い。

真面目な人が、言っているのなら面白くないが、

あのトッポイ爺さんの仕業としたら

非常にユニークだ。

きっと誰か対象にしている人を

意識して書いている感じがする。

これも爺さんの事を知っていて、

対面でもされた方でなくては

解らない事と思うが‥‥‥



私は、二十歳の頃から、見聞を広げようと


よく爺さんの園に行き、勝負を挑んでいた。

最後まで、1回も勝たせてくれなかった。

勝ち星の無い、唯一無二の存在。

20歳と80歳のガチの勝負。

あの時、負け続けたので

今の自分がある。

同情なんてされなくて良かったと

今、振り返る。



そんな風に思える様な、

歳になったよ、爺さん‼


 園主




# by 0130hide | 2017-05-01 07:12 | 蘭亭 コラム
2017年 04月 30日

輪花型霊獣額縁瑠璃釉鬼面足鉢

東京の高木盆栽美術館(閉館)に収蔵されていた

お庭焼き系の富貴蘭鉢。

瑠璃釉薬は、一般的に頂山と言われているものと

同等ですが、

額縁の中の霊獣の細工は、

欽古堂亀助の作風。

エッジの効いた素晴らしい彫刻。

この手の鉢は、細工の欠けている物や

釉薬が剥がれてしまったものが多いですが

本作品は、非常に綺麗な保存状態です。

足に1ケ所小さなコツがあります。

画像にて、ご確認頂けると思います。

大名仕様の銘鉢、

永い富貴蘭ライフのお伴に、如何でしょうか。

古典園芸には、色んな楽しみ方がありますので、

自分流のアレンジして、遊んでみては、

どうでしょう。

こちらの商品の価格は、¥350,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。
                   園主


c0211318_12565484.jpg
c0211318_12565691.jpg
c0211318_12565743.jpg
c0211318_12565935.jpg
c0211318_12570009.jpg
c0211318_12570277.jpg


# by 0130hide | 2017-04-30 07:43 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 04月 29日

刺激が欲しくて‥‥‥

盆栽世界大会に行って来ました。

日本での開催は、28年ぶりとの事

凄い人でした。

日本、欧米、東南アジアの、老若男女が入り混じり

凄いパワー

埼玉スーパーアリーナと大宮盆栽美術館は、

人人人。

自分の好きな古鉢に、目が行ってしまいます。



c0211318_11263870.jpg
c0211318_11263915.jpg
c0211318_11264089.jpg
c0211318_11264152.jpg
c0211318_11264377.jpg
c0211318_11264439.jpg
c0211318_11264545.jpg
[#FILE|7#


こちらのお客様が、案内してくれました。

盆栽美術館に展示された氏の作品

石つきの山もみじ、銘 鳴子峡

富貴蘭のセンスも良い方は、

盆栽のセンスもよろしいようで‥‥‥

お疲れ様でした。

c0211318_11264641.jpg


東京の高木盆栽美術館に収蔵されていた

富貴蘭鉢の古い物が、入荷しましたので

後日、アップさせて頂きます。




# by 0130hide | 2017-04-29 11:08
2017年 04月 28日

尽くす喜び…

寅さん人生、相変わらず

竹籠を担いで、地方巡業

先輩方の訃報を聞いて

時代の流れを感じつつ

我が人生も振り返る

散った桜は、若葉を出すが

人の命は、はかないものよ

蘭を養う喜びは、

家族と別れが来た後の

心の癒しと善き伴侶

悲しい別れのその後に

貴方が笑顔になるならば

お届けします何処までも

今度は、蘭を養って

咲かせて下さい

良き花を

きっと

かならず

答えてくれる

                 園主

c0211318_08391216.jpg















# by 0130hide | 2017-04-28 08:00 | 蘭亭 コラム
2017年 04月 27日

よだれ掛けが要る‥‥‥

昨日遊びに行った、お客様の御棚の一角。

珍しい蘭を色々と、

作って頂いているのですが、

まだ発表を控えているものもあるので、

お見せ出来ません‥‥‥

本日は、こちらの1カットで‥‥‥

                    園主


c0211318_10002339.jpg


# by 0130hide | 2017-04-27 09:52
2017年 04月 25日

駿河山正 

元は、小品盆栽鉢を作っていた山正さんに、

富貴蘭鉢の製作を、最初に提案させて

頂いたのは、当園が最初。

初期は思考錯誤を繰り返し、

色々大変だったのを思い出す。

超頑固な爺さんだったな~

こちらはバブル前の、初期の作品二点。

割りとあっさり系の作風。

この後、時代と共にコテコテに成って行きます。

蟹、蛙、等の細工と、透かしの仕事が

じいさんの作風に上手くマッチしていたので、

蘭界でも共感を得た様に思います。

使用感の少ない二点、

釉薬の掛かっていない泥物ですので、

入れる物を選びません。

幅広くお使い頂けるタイプの鉢になります。

こちらの商品のセット価格は、¥95,000-になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。

                 園主


c0211318_01394822.jpg
c0211318_01395075.jpg
c0211318_01395277.jpg
c0211318_01395422.jpg
c0211318_01395856.jpg
c0211318_01400016.jpg


# by 0130hide | 2017-04-25 00:56 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 04月 24日

昔の写真

ネットサーフィンしていたらこんな絵がありました。

富貴蘭は、確認できませんが
万年青、葉蘭、ホウサイ蘭、万両、蘇鉄、松、梅
等々

錦鉢に入れて貰って‥‥‥

チョンマゲの植木屋さんが、露店で売っているところかな‥‥‥

まさに蘭商の原型?

寅さんの原型だね。


芸者風の女の人が、品定めしている様子

江戸時代の浮世絵によく出て来るのは、

芸者と錦鉢に入った植物たちですがね‥‥‥

蘭界にも、若い女の子とか、もっと入って来ないかな~

そしたら、皆さんも楽しいですよね。

30代位の和服を着た女性に、

『今度、○○さんの富貴殿見せてください』なんて

言われたら、テンション上がりますよね。

春の植え替えも、張り切って出来るかも‥‥‥



この業界も、高齢化の波を打ち消す、

企画を考える必要があります。

最近それをひしひしと感じております。

多肉女子、山ガールがあるのになー

富貴ガールとか、おもと女子があってもいいよね。


蘭女子と、合コンか~

イーですよね‥‥‥

                    園主

※植木屋のこの子、なんか値切られて不機嫌そう、

『これ、安くしなさいよ!』なんてね。

女の人は、細かいからねー(笑)


c0211318_06260739.jpg


# by 0130hide | 2017-04-24 05:45 | 蘭亭 コラム
2017年 04月 22日

於多賀中斑

於多賀では、最上級と言ってもいい大きさ。

昨年の新木は、5cmあります。

根も素晴らしく、長さ5cm。

4本立ちです。

富貴蘭の御棚の、一番日当たりの良いところ、

風通しの良いところで作ると、

よく出来ると思います。

よく枯らす方がいると聞きますが、

1cm~2cmの小さな木は、

栽培が難しい様です。

こちらの商品の詳細は、お問い合わせください。

こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとうございました。

                 園主


c0211318_11162990.jpg
c0211318_11163234.jpg


# by 0130hide | 2017-04-22 11:09
2017年 04月 21日

建国殿

先日のNo.1と同じ御棚の蘭。

お庭の木の下栽培という、

超自然作り。

葉表に出てきた墨ヤニが、葉傷に見えますが、

自然で作る建国には、よく起きる現象です。

子の柄は、まだ確認出来ません。

しかしとても、建国らしい建国殿。

縞柄は、上にいくにつれ、

殿に成って行く。

春なのに腰斑も美しくて、

中々、味のある雰囲気をかもし出していて、

私の好みな個体です。

こちらの商品の詳細は、お問い合わせください。

 

こちらの商品は、ご予約頂きました。ありがとうございました。


                   園主


c0211318_11283884.jpg
c0211318_11290826.jpg
c0211318_11292530.jpg
c0211318_11293051.jpg
c0211318_11293601.jpg


# by 0130hide | 2017-04-21 11:19 | 販売済 蘭 美術鉢