2018年 05月 06日

光線の加減の判断基準に

光線の加減の判断基準に
紅水晶を一つ置いてます。

現在は、30パーセントの遮光率で
この位の紅が出ております。

金牡丹等は、葉先の縁に
多少の紅を刺すくらいにしております。

豆葉の縞は、日に当てた方が
子を産むのでもう少し強くても
大丈夫かなぁと云う感じです。

締まった、かっこいい蘭を
作りたいと思っても
やっぱり風が大事なので
日を強く取るだけでは
難しいですね。

初めてのマンション栽培ですので
様子を見ながら
バランス調整をして行くつもりです。

園主



c0211318_08384424.jpg

c0211318_08384904.jpg



by 0130hide | 2018-05-06 08:38 | 蘭亭 コラム
<< 妖艶な輝きを放つ 鳥取富貴蘭会に遊びに行って来ました。 >>