2018年 05月 13日

産地 神話の國

卵の黄身色の地に
松を散らし
成長するにつれ
散らし松が次第に
葉の中央に集まり
紺を通す

散らし斑の軸からは
ルビー色の根

成長が進み
紺通しになると
泥根に変化していきます。

30年前に
はじめて至楽を
手にしていた時もかなり
感動したのを記憶してるが

この蘭との初対面は、
全身の毛細血管が震えるような
感動があった。

そして毎年
品のいい
色気が増して行く
素晴らしい蘭だと思う。
まさに天上大風

30年前
世の中に
まだ2鉢しか無かった
至楽
その一鉢を譲り受けたのも
鳥取市内の栽培家さんだった。

どうも最近は、
日本海側の蘭に
縁があるようだ。

夏休みは、
出雲の神さまに
御礼のご挨拶に行かないと・・・


園主


神話の國
鳥取県琴浦産

白砂青松
(はくさせいしょう)

c0211318_09063210.jpg

c0211318_09063587.jpg

c0211318_09063954.jpg

c0211318_09064342.jpg





by 0130hide | 2018-05-13 08:50 | 蘭亭 コラム
<< 大会前に毎年お邪魔している 伊豆半島の先端から >>