2018年 05月 25日

今回の大会で

c0211318_08043593.jpg

c0211318_08043636.jpg

c0211318_08043858.jpg

c0211318_08043907.jpg

c0211318_08044156.jpg



今回の大会で
                  一つ、とても嬉しい事があった。

                            それは、何年か前に
                  ブログを見て蘭を買っていただいた
                             方との出会いだった。

                     『こんなに良くなりました!
                          良い蘭を譲っていただき、
                         ありがとうございました!
                                      これからも、
                                   株分けしないで
                                 大切に作ります!』

その方は、その時の蘭を大切そうに手に持ちながら、わざわざ会場まで、私に見せに来てくださったのだ。

蘭は宅急便で、お送りしていたので、お客様とは初対面だった。

住所が珍しく、何となく、お名前は記憶にあった。

おそらく、私よりも年配の方だと思うが、
満面の笑顔で、こんなにもストレートに
喜びを伝えていただけるとは。こちらまで
気恥ずかしくなるほど、嬉しくなる。

品種は、金牡丹だったが
良い株になり
縞の子も一本ついていて
見違えるほどの株になっていた。

蘭は、人の心を写す。
一瞬拝見するだけで
栽培者の性格や暮らしぶりまでが、見える気がする。

私の眼に
そのお客様の蘭が
どう写ったか。

ツヤツヤの葉艶に、プリプリの葉肉、真っ直ぐに伸びたルビー色のみずみずしい根。

腹八分目の肥料で、
いかに愛情たっぷり
そそがれて、育てられてきたか、手に取るように分かった。

蘭商をしてきて
つくづく
良かったと思った。

私にとって
今年一番のサプライズだった。

おおきに、
ありがとうございました!

園主



by 0130hide | 2018-05-25 08:00 | 蘭亭 コラム
<< 色んな表情を魅せてくれ 週に一度の生け花 >>