2018年 05月 30日

色んな表情を魅せてくれ


色んな表情を魅せてくれ

楽しませてくれる蘭がいい

覆輪や曙、青物では
そうはいかない。

ドキドキがあるのは
やっぱり縞柄である

芸に奥行きがあって良いんですよ
と言って
蘭を語らせて頂く時がある


作り込む何年かの間に
派手になったり
地味になったり
櫛目になったり


通な方は
このワクワク
ドキドキが無ければ
蘭作りは詰まらないと云う


画像は不老白
ここまで良くなるとは誰も
想像出来なかっただろう


今日は
何時間もかけて
隣県の
お客様のところに来ている

お茶をご馳走になり
一緒に食事をして
蘭作りを共に語らい
世間話しにも
花が咲く

知識見聞も広がり
これが楽しい


お年寄りの先輩方は
人生経験豊富で
勉強になる
誠に
ありがたいことです。

今日は、愛知県のある街から

by. 園主


c0211318_03582028.jpg

c0211318_03582280.jpg

c0211318_03582369.jpg

c0211318_03582563.jpg

c0211318_03582755.jpg



by 0130hide | 2018-05-30 03:57 | お棚拝見
<< 幻の虎斑 今回の大会で >>