2019年 01月 12日

本日は、春蘭


本日は、春蘭
麒麟冠
5本立ちのご紹介です。

北陸地方のお客様から
入荷してまいりました。

光線の加減が難しい品種ですが
裏日本は、条件があっているようです。

虎物作りといえば昔から
新潟 富山  福井県が盛んです。

太平洋側ではそれなりの工夫しないと
虎斑のキレが出来ないんですね。
この子は、
ほぼ上木サイズの株になります。

深覆輪の花が
良い感じに咲いてくれる蘭です。
蕾はまだ付いておりません。

こちらの商品の価格は
¥125,000-
になります。

園主

発送する場合は、
水苔根巻き状態に
なります。

c0211318_12071683.jpg

c0211318_12071784.jpg

c0211318_12071725.jpg

c0211318_12071820.jpg

c0211318_12071926.jpg
c0211318_12211246.jpg



# by 0130hide | 2019-01-12 12:06 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 01月 02日

いつか手に入れたいと


いつか手に入れたいと
思っていた鉢が入荷しました。

大日本幹山
下方蘭鉢

正月らしい
おめでたい図が描かれておりますので
ご紹介させて頂きます。

三羽の鶴に南天と水仙

石庭に竹

投網を撃つ漁師  嵐山に松

雪中梅、鴨川を渡る武士の
バックには清水寺でしょうか・・

朱色の額には
金彩で紅葉と梅花

全体的に
繊細な絵付けが施されております。

ボディーも歪みなく
キチッと出来ております。

明治初頭輸出メインで
作られたものですが
日本の職人さんの心意気を感じる
素晴らしい鉢です。

春蘭 寒蘭 に合うんでしょうが
原種で地味な色の
カトレアやパフィオなんかに合わせても
お洒落でしょうね。


こちらの商品の価格は
¥1,250,000-
になります。

園主



サイズH20cmW15cm
c0211318_08493016.jpg

c0211318_08493130.jpg

c0211318_08493204.jpg

c0211318_08493365.jpg

c0211318_08493414.jpg
c0211318_08500078.jpg

c0211318_08500192.jpg

c0211318_08500199.jpg

c0211318_08500290.jpg



# by 0130hide | 2019-01-02 08:49 | NEW MODELS SALE
2019年 01月 01日

新年

新年

あけましておめでとうございます。


昨日、山に登って頂いてきた

赤松の枝を今朝いけました。

正月から、のんびりと過ごしております。

今年は、新年号に変わると云う事もあって、

躍動感ある一年になりそうですね。

きっと富貴な一年になる事と思います。

皆さまの健康と発展をお祈りしております。

今年もお手柔らかに
宜しくお願い致します。

園主

平成31年 元旦


c0211318_08595177.jpg



# by 0130hide | 2019-01-01 08:59 | 蘭亭 コラム
2018年 12月 24日

濃紺白覆輪

濃紺白覆輪

仮名  空
         (そら)

大江丸の縞を
ひと回り大きくしたような
風貌です。
奄美円窓にも似た感じで
初めて見た方は
円窓でしょ?
と云うかも知れませんね。

円窓の色目は
登録品で云うと羆錦ぽい色
こちらは、同じ乳白色ですが
少し白さが増しております。
プロが並べて見ても
わからないレベルかも知れません。
国内には、まだ
3鉢程しかない蘭になります。

雲竜葉型
濃紺色
立ち姿のいい
貫禄のある姿に魅せられます。

こちらの商品の価格は
¥150,000-
になります。
こちらの商品は、ご予約頂きました。

ありがとう御座いました。


園主


c0211318_18563020.jpg

c0211318_18563272.jpg

c0211318_18563312.jpg

c0211318_18563483.jpg

c0211318_18563531.jpg
c0211318_18565025.jpg

c0211318_18565128.jpg

c0211318_18565257.jpg



# by 0130hide | 2018-12-24 18:56 | 販売済 蘭 美術鉢
2018年 12月 23日

黒金牡丹


黒金牡丹
(くろかねぼたん)

墨無しの大型黒牡丹の縞から
派手になり
金牡丹に変わってきた
素材なので、
凄いボリュームになります。

紺縞が多少あり
黒牡丹のなごりが
残っております。

メガサイズの金牡丹
久しぶりに入荷しました。


前作者様には、
無理を聴いて頂き
恐悦至極でございます。


これからシーズンオフに
入って行きますが
来年度の栽培コレクションに
加えておきたい、
逸品になります。

こちらの商品の価格は
¥680,000-
になります。

こちらの商品は、ご予約頂きました。
ありがとうござい


園主


c0211318_11472471.jpg

c0211318_11472651.jpg

c0211318_11472738.jpg

c0211318_11472805.jpg

c0211318_11473023.jpg
c0211318_11474607.jpg

c0211318_11474872.jpg

c0211318_11474929.jpg



# by 0130hide | 2018-12-23 11:02 | 販売済 蘭 美術鉢
2018年 12月 22日

本日も、建国系の変わり


本日も、建国系の変わり

バリエーションです。

総ルビー根の出る
虎中斑
今の季節でも非常に良い発色を
出しております。
割子一作で
根も充実して来たところです。
立ち葉でカッコいい木です。

こちらの商品の価格は
¥150,000ー
になります。

ご予約頂きました。
ありがとうござい

園主


c0211318_15103554.jpg

c0211318_15103738.jpg

c0211318_15103818.jpg

c0211318_15104072.jpg

c0211318_15104187.jpg
c0211318_15110099.jpg

c0211318_15110279.jpg

c0211318_15110338.jpg



# by 0130hide | 2018-12-22 15:10 | NEW MODELS SALE
2018年 12月 20日

虎斑の中斑から


虎斑の中斑から
縞柄が立ち上がってくる
面白いタイプ
二段芸の建国殿です。

子の柄も良さそうです。

30年前と違い最近は、
建国系のバリエーションも広がり
愛蘭家さんの夢も広がりつつあり
全国の御棚を訪問している
私にとっても
仕事上も楽しみが増えました。

こちらの商品の価格は
¥550,000-
になります。

ご予約頂きました。
ありがとうござい

園主


c0211318_09140692.jpg

c0211318_09141623.jpg

c0211318_09142489.jpg

c0211318_09142741.jpg

c0211318_09144575.jpg
c0211318_09162038.jpg

c0211318_09162383.jpg



# by 0130hide | 2018-12-20 09:13 | NEW MODELS SALE
2018年 12月 17日

先日ご紹介させて頂いた

先日ご紹介させて頂いた
建国の瑞玉芸

建白殿
と仮名しました。

下の画像が親

c0211318_14070668.jpg

こちらは
直系一番子です。

こちらの商品の価格は
¥ 1,000,000-
になります。
こちらの商品は、販売済みになりました。
ありがとうございました。

園主

c0211318_14070833.jpg

c0211318_14070988.jpg

c0211318_14071129.jpg

c0211318_14071265.jpg



# by 0130hide | 2018-12-17 13:54 | 販売済 蘭 美術鉢
2018年 12月 17日

極黄黄金色虎斑の

極黄黄金色虎斑の
切れ込みが素晴らしい品種

摩天楼
(まてんろう)

良く作り込んだ蘭です。
雰囲気から察するところ
日向猛虎の血が入っているのかも
知れませんね。

先日命名者さんから
お譲り頂きました。

外作場の自然作りですので
ガッチリしていて
葉幅のある
素晴らしい株です。

こちらの商品の価格は
¥125,000-
になります。

ご予約頂きました。
ありがとうございました。

園主

c0211318_13401514.jpg

c0211318_13401716.jpg

c0211318_13401964.jpg

c0211318_13402136.jpg

c0211318_13402398.jpg



# by 0130hide | 2018-12-17 13:40 | 販売済 蘭 美術鉢
2018年 12月 16日

東洋蘭の世界で

東洋蘭の世界で
柄物の歴史が一番古いのは
台湾から入って来た恵蘭である。
恵蘭を扱ってきた蘭屋さん達は
柄物に対しての造詣が深く
変化していく先読みが出来るから
仕事としても有利に展開していく。

約30年前から日本に入ってきた
韓国春蘭の柄物の時も
西日本の恵蘭屋さん達が
当時先手を取って活躍された。

花物中心だった東の春蘭屋さん達は
出遅れ感があった様な気がする。

さて前置きは此の位にして
今回はその恵蘭で云う処の

瑞玉芸
(富貴蘭界では三光中斑)
に芸が固まってきた
建国をご紹介させて頂く事にする。



c0211318_18044349.jpg

c0211318_18044512.jpg


青建国に一本だけ白縞の入った株を
五年前にお客様にお買い上げ頂いていた蘭が
この様な感じになった。

当園では
天然、実生を問わず
建国の白縞系は数多く扱ってきたが
単純な覆輪に芸が決まった物が多い。
この子の様な完璧な迄の瑞玉芸
三光中斑は初めてです。
しかも全体的に
剣葉で格好いいんです。

覆輪の外側に
紺覆輪を掛けると云う
大した違いが無い様に思うかもしてないが

こだわってやって来た者に取っては
この味が溜まりません。

白覆輪の方が綺麗だよ!
と思う方もいらっしゃると思いますが
好みの別れるところでしょうか

江戸銀さんの
金牡丹の三光中斑と共に
良い仕上がり方を
期待しているところ。

富貴蘭の柄物も
恵蘭の変化の歴史と比べても
負けず劣らず
又少し違う
懐が深い芸をする蘭が
出て来てくれてとても嬉しい。
来年もこれで行けそうダネ!
^_^


園主


c0211318_18044781.jpg

c0211318_18044995.jpg

c0211318_18045160.jpg
c0211318_18051280.jpg



# by 0130hide | 2018-12-16 18:03 | 蘭亭 コラム
2018年 12月 05日

近況報告


近況報告

最近の出来事

蘭の仕事はそっちのけで、

生け花と釣りばっかりしております。

c0211318_20320515.jpg

c0211318_20320627.jpg

明日は、東京で杭州寒蘭展があるので

蘭友に逢いに行ってきます。


c0211318_20405784.jpg








# by 0130hide | 2018-12-05 20:31
2018年 11月 13日

プロ仕様の提藍籠

プロ仕様の提藍籠
本日二点仕上がりましたので、
ご注文頂いたお客様に
発送させて頂きます。

右手の籠は、特注品です。
展示品等の株立ちでも
葉が当たらないように
とのご要望で
お作りさせて頂きました。

バランス良く
いい感じに仕上がりました。

c0211318_15122216.jpg

ショルダーベルト等を掛けられるように
ステンレスの環を付けてあります。
これから作る分には
全部この仕様でいこうと思います。


c0211318_15122363.jpg

こちらは、中サイズ
普通は、タスキのベルトはないのですが、
こちらは別注です。

c0211318_15130483.jpg

提藍籠の良いところは、
蓋がありますので
移動中に物を落としたりして
蘭を傷める事がない事です。

竹籠は
大分県の若手伝統工芸師さんに
お願いしておりますが
最近忙しいそうで
年間3つ位は製作可能です。
今からですと
約半年待ちになると思います。

園主




# by 0130hide | 2018-11-13 15:12 | 蘭亭 コラム
2018年 11月 10日

春蘭の中透けと


春蘭の中透けと

富貴蘭の中透けを

同じ棚で栽培し始めた。

湖亭と羆の光

どこがいいのか、わからないが
どちらの蘭も
魅力が深く素敵です。

好みと創造性の違いで
コレクション性も変わって来る

みんな同じでは、面白くありませんね。




c0211318_08490738.jpg

c0211318_08490827.jpg

c0211318_08490969.jpg

c0211318_08491077.jpg

c0211318_08491187.jpg



# by 0130hide | 2018-11-10 08:48 | 蘭亭 コラム
2018年 11月 09日

霜月


霜月

季節の掛け軸を外した。

野ばらの実枝を
古備前に投げ入れてみた。

台は李朝の教卓

ホームセンターで購入したシクラメンを
古伊万里に入れてみた。

クリスマスを意識した

少し先取り感のある居間

最近は、遊びばかり

夏休み、秋休み、
そしてもうすぐ冬休み・・・


c0211318_08275565.jpg

c0211318_08275653.jpg

c0211318_08275750.jpg

c0211318_08275772.jpg



# by 0130hide | 2018-11-09 08:27 | 蘭亭 コラム
2018年 08月 06日

毎日が休暇?


先日の九州宮崎での休暇は
日頃のおこないが良くないからか
台風に追い回されてきました。

五ケ瀬川に入るつもりだったのですが
増水1mとの情報で
昨年も行った球磨川
人吉まで

釣り果をあまり気にしないで
のんびりと過ごしてきました。
初日の夜は宮崎のお客様に
地鶏屋さんにご案内頂き
親分と蘭談義
ご馳走さまです!

c0211318_05494417.jpg

c0211318_05494547.jpg


2日目の朝は
早朝から青柳講師の
植え替え講習会


c0211318_05504686.jpg

大分の佐伯市の若手愛蘭人も
駆けつけてくれて
朝からテンション高です!


c0211318_05504732.jpg


最終日は
青島をプラプラ

c0211318_05542067.jpg

元サーファーの親分

c0211318_05542199.jpg

ランチは大淀川のほとりにある
釜揚げうどんの
重の井さんへ
30年振りに行ってきました。

巨人軍宮崎キャンプの折
長嶋さんもお気に入りだという
昔から有名なお店です。


c0211318_05542321.jpg

c0211318_05542363.jpg

c0211318_05542573.jpg


ということで
二泊三日で帰ってきました。
水掛けもあるのでこれ以上は休めません
仕事に対してストレスは
全然ないので私には
あまり長い休暇も必要ありません。

気の合う愛蘭家とご飯したり
お茶したり
仕事の様な趣味の様な
このスタイルは一生変わらないと
思います。

それでは残り少ない夏を
皆さまも、満喫してください。


園主
c0211318_06075562.jpg




# by 0130hide | 2018-08-06 05:42 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 29日

昨夜は、富貴蘭界の隠れスポット


昨夜は、富貴蘭界の隠れスポット
上野原江戸銀さん

富貴蘭だね!のMさんと

納涼の宴。

鮎の塩焼きを肴に

ゆっくりと和ませて頂きました。


c0211318_21161890.jpg
c0211318_21162074.jpg


M教授も絶賛してくださいました

金牡丹の三光中斑

大きくなるには

後5年かかるでしょうか。

辛抱あるのみで

御座います。

園主



# by 0130hide | 2018-07-29 21:16 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 29日

わたくし、特に

わたくし、特に
白い縞が好きです。
お客様栽培中の
白州
(夢幻白縞)

柔らかな色合いが
たまりません。


c0211318_08170505.jpg
c0211318_08184388.jpg

c0211318_08184403.jpg


こちらは
覆輪になった個体

色合い雰囲気がいいですね。

明日から仕事と釣りをかねて
九州入りします。
以前嫁がせた娘に会いに行きます。
これもまた
蘭商の楽しみの一つで
あります。

園主
c0211318_08170634.jpg
c0211318_08192382.jpg

c0211318_08192447.jpg



# by 0130hide | 2018-07-29 08:16 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 28日

横綱と朝顔と 三渓園にて


お客様から
横浜朝顔会の招待状を頂いたので
昨日、横浜三渓園に寄ってきました。
富貴蘭の花も良いですが
朝顔も風流で中々いい感じですね。

私も少しスマートだったら
パナマハットに着流しを羽織り
キセルでもふかしながら
浴衣姿のお姉さんと手を繋いで
洒落込みたい所ですが・・・
現実は中々難しい。

鮎釣りを一生懸命やって
今年こそ少し痩せないと
普通の帯では無理かなぁ
今のままでは関取見たいになってしまうでしょ?
横綱と言われないようにしないと。

花よりダンゴ
朝顔よりは、チャンコ鍋の似合う
園主より

Tさま、招待状ありがとう御座いました。
朝顔少し勉強してみます。


c0211318_07305270.gif
c0211318_07320504.gif



# by 0130hide | 2018-07-28 07:29 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 26日

暑さも一刻緩んだので

暑さも一刻緩んだので

植え替えしました。

水苔って酸化が早いので

植え替えた蘭は、

水持ちも良くなるし

直ぐにイキイキして来ます。

観ていて自分も気持ちいいですね。

c0211318_06561786.jpg
真夏ですが、

お好きな方々からは

色々と蘭のご注文頂いており

本日も東京までお届けに参ります。

園主

c0211318_07043948.jpg




# by 0130hide | 2018-07-26 06:55 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 23日

豆葉のスタンダード


豆葉のスタンダード

玉響
(たまゆら)

葉重16枚
柄上々
子の柄上々

ボリュームもあり
迫力が違います。

こちらの商品の価格は
¥335,000-
になります。

園主

涼しくなるまで
発送出来ませんので
ご理解の程よろしくお願い致します。



c0211318_16163905.jpg

c0211318_16164004.jpg

c0211318_16164125.jpg

c0211318_16164289.jpg

c0211318_16164379.jpg
c0211318_16165828.jpg

c0211318_16165984.jpg



# by 0130hide | 2018-07-23 16:16 | CLASSIC MODELS SALE
2018年 07月 19日

夏恒例の

夏恒例の
奥飛騨の高原川への遠征
鮎のご注文に対応すべく
青柳親分と頑張って来ました。

北アルプスの麓
綺麗な水に
心洗われるようです。


園主

c0211318_12054964.jpg

c0211318_12055061.jpg

c0211318_12055173.jpg

c0211318_12055290.jpg

c0211318_12055354.jpg
c0211318_12061640.jpg



# by 0130hide | 2018-07-19 12:05 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 15日

猛暑対策してくださいね。

猛暑対策してくださいね。
今年は異常な暑さです。

棚の環境にもよりますが
まずは、水ですね
多目にした方がいいです
そして風を沢山送ってあげましょう
素焼き鉢だと水分発散すると同時に
冷却効果もあります。

光線も弱めに
夏は市松50パーセントを
間隔をあけて3枚くらい
光線が弱めでも風が抜けていれば
型が悪くなったりはしませんので
大丈夫です。

園主

c0211318_09003869.jpg





# by 0130hide | 2018-07-15 11:36 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 13日

連休前の金曜日

連休前の金曜日
大入り状態の
上野の展示会

沢山の趣味家様に
ご来場頂きました。

東京は、35度の猛暑中
ありがとう御座いました!

園主


c0211318_13124733.jpg

c0211318_13134026.jpg

c0211318_13144268.jpg



# by 0130hide | 2018-07-13 13:11
2018年 07月 12日

明日から 上野入りです。

明日から 上野入りです。
東京は、35度の猛暑です。
お気をつけてお出かけください。

今回は、古鉢を販売させて
頂く事にしました。

ご注文の蘭中心に数点は
持って行かせて頂きます。

c0211318_20335933.jpg

c0211318_20360634.jpg

c0211318_20365414.jpg

c0211318_20502312.jpg



# by 0130hide | 2018-07-12 20:26 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 11日

堤藍の取っ手をお願いしている

堤藍の取っ手をお願いしている
富士市の
ストッチペットさんへ
行って来ました。

最近流行っている
レザークラフトの
教室もやっている
若くて器用な先生
佐野さんです。

ここまで独学だそうです。
凄いですね。

c0211318_15224093.jpg

今日は自分の提藍に、
ショルダーの取り付けを
お願いしてきました。

手前の提藍は、最近売り出し中の
若手蘭商
東京 ・酒田

酒田さんに頼まれて
ヒンジと取っ手を取り付ける
途中です。

なんとか、上野の展示会に
間に合いそうです。


c0211318_15224178.jpg

今時、古臭いと思う方も
いらっしゃると思いますが

商品を入れたときに蓋があると
物を落としたりして
蘭を痛める事が無いからです。

それから何が入っているのか
わからないところがいいですね。

籠の中に何が入っているんだろう
早く見せてよ!

どんなお宝が隠されているのか
気になりませんか?

きっとお客様方は、
蓋を開け
白い薄紙から
蘭が顔を出すその瞬間が
一番ドキドキするんだと
思うんですね。

竹の風合いも、歳を重ねるごと
いい感じになります。
一生物なので私も
大事に使っております。

古典園芸は
やっぱりこのスタイルがいいですね。

蘭が
新聞紙に包まれていたり
プラ鉢に入れられて
市場仕様の
パレットなんかに
入っているのを見ると
寒気がしてきます。

器や入れ物で
素晴らしい蘭が
粗末に見えてくるから、不思議です。

だから、その逆もあります。



c0211318_15224313.jpg

名前の通った一流の商人さんなら
それなりの見栄も張って頂きたいと思う
今日この頃であります。

c0211318_15224527.jpg

東京・酒田さんが
この提藍にどんな蘭を入れて
どんなお仕事をされるのか
期待しております!
頑張ってくださいませ!

フレー!フレー!酒田!

酒田さんこれからは
私だけに
こっそりと
籠の中を
覗かせてくださいね・・・

園主


c0211318_15224729.jpg



# by 0130hide | 2018-07-11 04:13 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 10日

古京楽

古京楽
短冊屋製
白胴富嶽雲竜図亀甲文万年青鉢

富貴蘭に合わせやすい
胴の太いタイプの万年青鉢です。

入荷して5日間だけ
趣味家気分を味わいました。
コレクター癖はないので
そろそろリリースです。

鉢合わせがお好きで
見識眼のある方が
いらっしゃるといいのですが・・・

こちらの商品の価格は
¥350,000-
になります。

詳細はお問い合わせくださいね。

園主
090-7614-1177まで

c0211318_06383777.jpg
c0211318_06401619.jpg
c0211318_06403440.jpg

c0211318_20525973.jpg

c0211318_20530372.jpg

c0211318_20530748.jpg



# by 0130hide | 2018-07-10 04:51
2018年 07月 09日

当園が数年前に


当園が数年前に
家庭画報に
掲載されたときの記事です。

この時代は、6対4で春蘭を扱っておりました。

この2カットの写真を撮るのに
東京からカメラマン編集者二人で来て
一日かかりでした。
さすがプロの仕事
綺麗な写真で評価が高いだけあるなぁと
この時は、感心しました。


短冊屋さんの古鉢は、
東京のじっちゃん所有のもの
お借りして蘭の開花株を入れました。

この雑誌のイメージを崩さないように
赤松やシダを添えて
寄せ植えも作りました。

なかなかいいでしょ?

なんとか
家庭画報さんの希望するレベルには
届いたかなぁと
思っております。

何しろ、
エルメスやカルテェ
日本の老舗や名店なんかと
肩を並べて記載されたわけですから

この時は、気合いを入れて
やったのを思い出します。

富貴蘭の世界も
世間に知らしめたいと日々思っております
NHKさんやらマガジンハウスさんやら
アプローチを試みて来ましたが
なかなか取り上げて頂けないのが
現状でございます。

愛蘭家さまが増えて
色んな方々と
楽しく歩めたら
最高だと思いますが
皆さまは、どう思われて
おられるでしょうか・・・


園主




c0211318_20062511.jpg

c0211318_20062746.jpg

c0211318_20062968.jpg

c0211318_20063296.jpg

c0211318_20063446.jpg



# by 0130hide | 2018-07-09 20:01 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 07日

来週末は


来週末は
上野の倶楽部で展示会です。

多分猛暑ですので
展示会終了後のビールは
最高だと思います。

我が園の即売品は
ネタ切れで、大したことないと思います。

期待はずれだと思うので
今から謝っておきましょうね。
ごめんなさい。

今から謝っておけば
少しは、気が楽に
準備にかかれます!

今夜は、鳥取の教授と呑んで
島根の展示会に連れて行って貰う予定でしたが
交通手段が無いので取り止めました。
残念です。



園主


c0211318_09510312.jpg



# by 0130hide | 2018-07-07 09:50 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 05日

紫宸殿を試しに使ってみた。

紫宸殿を試しに使ってみた。

古い鉢は
スタンダードな品種を引き立て
とてもいい雰囲気になると思う。

龍さんも、喜んでいる様子

活かし活かされ
お鉢と蘭さまの醸し出す
シンフォニー

新しい鉢では出せない雰囲気です。

商売は、しばらくそっちのけで

楽しませて頂く事にしようかしら・・・

園主



c0211318_15544161.jpg

c0211318_15544333.jpg

c0211318_15544485.jpg

c0211318_15544626.jpg



# by 0130hide | 2018-07-05 15:54 | 蘭亭 コラム
2018年 07月 04日

江戸後期の京楽万年青が

江戸後期の京楽万年青鉢が

入荷して来ました。

短冊屋さん系統がほとんどです。

胴の太くて
図柄が引き立つ
最高の飾り鉢になると思います。

時代乗りもいいですね。

これだけまとめての入荷は
一生に一度あるか無いか

一同に並べてみると
迫力があります。

京の職人さんたちは、
ええ仕事としはりますなぁ

園主

c0211318_12580824.jpg

c0211318_12581128.jpg

c0211318_12581395.jpg



# by 0130hide | 2018-07-04 12:56 | CLASSIC MODELS SALE