人気ブログランキング |

カテゴリ:蘭亭 コラム( 279 )


2019年 07月 24日

七夕に香る風と、天子たちの笑顔

九州のエンジェルたちは健やかに
育っております。

みんな元気そうだね!

子育てが上手いと、蘭もよく増える?

九州の若手愛蘭家Tさん家族
最近の様子です。

まさに、富貴蘭一家!
五人姉妹です。
可愛いでしょう?

七夕に、みんな何をお願いしたのかなぁ〜?

c0211318_06125556.jpg


G系の黒牡丹
イキイキ成長中でね!
c0211318_06125710.jpg


至楽は、紺通しの入った
極上個体

c0211318_06125719.jpg

割子2年目にして
早くも、子芽が二つ膨らみ出しました!
c0211318_06125850.jpg

不老白も
子が4つ出て来ました!

c0211318_06125982.jpg


藤井羆の縞からは、待望の本芸が!
もう言う事無しですね!

c0211318_06131398.jpg

蘭の子作りも、上手なTさん
コツは?
有機液肥を5000倍でやっているそうです。
ちなみに彼の名前も
ゆうき(優貴)・・・笑
これ偶然でしょうか?

彼の住んでいる大分県のS市は、
人口減少が進む日本の中で
子育て支援として
税金の免除や
養育費の支援等の政策を
実施しているそうです。
なので、子供が5人いても
蘭を楽しみながら
充分生活が成り立つとか

地方自治体として
立派な政策だと思います。
霞ヶ関の役人達にも聞かせてやりたい!
これからは、地方の時代ですよ!

優貴君、有機肥料をやって
コレクション
ジャンジャン増やしてね!
沢山増えたら、
少しずつ有望品種に
ステップアップしていきましょうね〜

園主





by 0130hide | 2019-07-24 06:09 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 23日

栽培環境で

栽培環境で
表情が変わるの知ってました?

画像2枚は、風通しの良い棚
光線強で作った熊

c0211318_20375917.jpg

c0211318_20370220.jpg


棚が変わって三年後が
こちらです。
ガッチリ締まって肉厚になった後に
柄が冴えてきたので
凄みのある羆に仕上がりました。


c0211318_20370349.jpg

c0211318_20370475.jpg

園芸ジャパンの広告に使わせて頂きました
Y県在住のお客様の蘭です。
先日、羆の二鉢目を収めに行った折
スマホに収めて来た画像です。

それぞれの品種の持っている特徴を
いかに引き出してあげるか
奥の深い趣味だと思います。
人間の感性も、左右してきますね。
だから楽しいんですかね〜
二杯目の熊のビフォーアフターは
また後日、
2〜3年後くらいにご紹介させて頂きます。

羆栽培の秘訣等は、園主携帯迄
090-7614-1177




by 0130hide | 2019-07-23 04:35 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 15日

ザ・ビッグ至楽


ザ・ビッグ至楽
お客様確認用  参考画像

先日、上野の倶楽部にて
ご予約頂きました。

日本一、地味で
日本一、間口が広く
日本一、作りやすい
素材個体です。

この品種
当園初入荷は30年前
未登録時代で当時の現存鉢数2株

当時は葉肉も薄く
派手で根の伸びない作りにくそうな蘭でした。
購入希望の地元のお客様には
高額ですし栽培が難しいから、
辞めといた方がイイと
あえてお断りした思い出が
懐かしいですね。

永い歳月の間に、良くここ迄
進化してくれたと思います。
縞の木が覆輪になりやすいとか、
地味な木が派手になって行くパターンは
多いい事ですが、

この娘の様に
白く派手な散り斑に紺通しが出て来たり
地味な木になるパターンは
経験上あまり無かったと思います。

以前、この蘭の評価は
何百万も出して購入したのに
10年間栽培しても同じ姿
全然増えへん!でしたが、

最近では、少し事情が違うようです。


c0211318_06102415.jpg

c0211318_06111594.jpg

c0211318_06102828.jpg


当園お客様が
栽培中の地味至楽達です。
こんな柄ですと、泥根も交じり
普通に栽培出来ます。

30年前は、
お得意様には、おススメしませんでしたが
こんなタイプの個体ですと
安心してお作り頂けると
確信しております。

園主



c0211318_06434386.jpg

c0211318_06434512.jpg

c0211318_06434897.jpg

c0211318_06443915.jpg

c0211318_06435255.jpg



by 0130hide | 2019-07-15 06:09 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 14日

花展ー上野

花展ー上野

ご来場いただきまして、
ありがとう御座いました。

今年は、涼しくて
良かったです。

園主



c0211318_21441189.jpg

c0211318_21441377.jpg

c0211318_21441688.jpg

c0211318_21441981.jpg

c0211318_21442212.jpg
c0211318_21453029.jpg

c0211318_21444467.jpg

c0211318_21444700.jpg

c0211318_21444956.jpg

c0211318_21445222.jpg
c0211318_21460261.jpg

c0211318_21451616.jpg

c0211318_21451882.jpg

c0211318_21452195.jpg

c0211318_21452468.jpg
c0211318_21463210.jpg

c0211318_21454642.jpg

c0211318_21454817.jpg

c0211318_21455028.jpg



by 0130hide | 2019-07-14 21:43 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 11日

上野グリーン倶楽部の展示会

上野グリーン倶楽部の展示会
準備中です。

皆さまのお越しを心より、
お待ち申し上げております。
今年は、企画係の東京酒田さんが
色々な催しを考えてくれたので
期間中、楽しんで頂けましたら
幸いでございます。

明日は、倶楽部にて
趣味家様の出品も受け付け
承りますので
奮ってご参加くださいませ。

それでは土曜日に上野で
お会いしましょう。

展示会の詳細等は
園主携帯迄
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com


c0211318_20015439.jpg



by 0130hide | 2019-07-11 07:01 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 10日

クオリティー オブ  ライフ

クオリティー オブ  ライフ
生活の質を、さらに高めませんか

生活の中に植物を養う時間があるなんて
とっても贅沢な人生だと思います。

お茶やお花も、そうですね
一時、自分を振り返って
心に余裕も生まれてくる。

朝早く起きて水をあげたり
肥料をあげたり、汚れた鉢を洗ってあげたり
手をかけてあげると、かけただけ返ってくる
植物も答えてくれます。

蘭と会話も、してみてください。
水が欲しいとか、まだ要らないとか
もっと陽に当たりたい子もいれば
日陰で涼みたい子も
多分ー鉢ー鉢
語りかけてくる事も違いがあるでしょう。

貴方のクオリティーオブライフ
そんな蘭との会話から
始まるかもしれません・・・

本日は、東京の都心で
盆栽や風蘭を養いながら
クオリティーオブライフを
楽しんでいらっしゃる、Iさんの
コレクションから〜

白州
(夢幻の白縞)
参考品です。



c0211318_15362883.jpg

c0211318_15363109.jpg



c0211318_00351146.jpg

c0211318_00354374.jpg

c0211318_00354505.jpg
c0211318_10581600.jpg



by 0130hide | 2019-07-10 05:35 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 08日

昨日訪問させて頂いた

昨日訪問させて頂いた
N さん家の殿様カエル?

極上のシマシマは、
若草色、一色の雨蛙から出世した
殿様カエルと呼びたいくらい美しいですね。

素晴らしいコンディション
最近は、ハイポやメリット等の
化学肥料の液肥はやめて
マグアンプだけで栽培されている様です。

それでも十分に出来ています。
もちろん活力剤も使っていないとか
風の抜けるハウスで水はたっぷり
植え替えはちゃんとやる
そんなんで富貴は十分出来ます。

可愛いがり過ぎると
液肥はだんだん濃くなっていくのが
大半の趣味家さんの常

活力剤とかにこだわり過ぎて
薬付けの木になってしまう。
そんな蘭は、棚が変わると作りにくいので
敬遠されます。

Nさんの様な自然で
無理のない栽培をオススメ
ご提案させて頂きたいと思います。

しかし見惚れてしまう
カエルくんですね〜

園主


c0211318_07190598.jpg

c0211318_07194836.jpg



by 0130hide | 2019-07-08 07:18 | 蘭亭 コラム
2019年 07月 05日

Tさん家の美味しいそうな蘭達

Tさん家の、美味しいそうな蘭達

建国殿の変化種
ここまで変わってきたら、
羆を抜いて、令和の五十鈴川と
言ってもイイかもしれないですね。
Tさんは、運がいいのか
覆輪ぽい親から中透けの子が!
白牡丹の芽みたいに美しか〜


c0211318_08091936.jpg


c0211318_07424853.jpg


不老白
まだ小さいですけどしっかり良い芸を
してくれております。
正に大江丸の白縞の雰囲気
品の良いピンクの根も
最高なんですね。
これも先日販売した源平柄の親から出た
最上柄の子
これもまた、運がいい!

c0211318_07425071.jpg

一年ぶりに再会した
白砂青松

半端無い美しさ
自然界が作り出した神秘ですね。

黄玉殿÷至楽=白砂青松

こんな方程式でイメージ出来ますでしょうか?

この世界の王道を
全てやり尽くした愛蘭家が
辿り着く境地
それがこの蘭の実力かもしれません。

このスキの無い品の良さに
心を奪われ、
どっぷりと引き込まれて行きそうです。

川漁師に転職して
趣味家になったら
私もこんな娘(蘭)を養ってみたいな〜
Tさんがうらやましいです。

山紫陽花の咲く
伊豆の山間
          黒潮の流れる海を見ながら・・・

園主


c0211318_07432968.jpg

c0211318_07433136.jpg

c0211318_07433212.jpg



by 0130hide | 2019-07-05 05:33 | 蘭亭 コラム
2019年 06月 18日

隠し砦

隠し砦

永く仕事をしておりますと
他の業者さんの出入りの無い
隠し棚も何件か出来てきます。

お客様と云うよりは、栽培家さま
希少な蘭を予め作って頂き
増殖後、お譲り頂く
栽培家さまに入る情報は、
私だけです。
作り屋さんは、世間の情報を気にする事無く
蘭を良く作る事だけに専念します。
そのくらいの信念が無いと
商品になる様な蘭が増える所まで
たどり着けないんですね。
私は年に数回、
ご機嫌うかがいと
育てて頂いている蘭の様子を見て回ります。
そこではアドバイスと
これから先の作戦も話し合います。

                春、新芽の時期は、売り物が無くて
                            流通量も少なく
                         品薄になりますので
喉から手が出るくらいなのですが
今は、手を出しません。
自主規制をかけておきませんと
芽の仕上がった秋の稲刈りが
出来なくなります。

将来性の有る蘭は、
できるだけ、自分のテリトリー内
ファミリー的な仲間の所をグルグルして
その後、世の中に出して行く
私なりの戦略のひとつです。
出世しない蘭を納めると自分の首を
締める事にもなります。


しかし自分の考えている
そのサークルから出て行かれる方も
いらっしゃるので
引き留めたりはしません。

富貴の場合は、いつまで株にならない!と
お叱りも時々受けますが、
お客様も増殖を期待されると
まんざらでも無さそうに見えますが
自分の勘違いかなぁ〜

黒澤映画で
七人の侍というのがありましたが
サムライは
お百姓さんには
かなわなかったですね・・


園主



画像の蘭は

娘子 (アガシ)
黄花素心 望月
チャボ中透け 湖亭




c0211318_11474679.jpg

c0211318_11474929.jpg

c0211318_11481271.jpg

c0211318_11475497.jpg

c0211318_11475734.jpg




by 0130hide | 2019-06-18 07:30 | 蘭亭 コラム
2019年 06月 17日

世界の車窓から〜

世界の車窓から〜

昨日は、大阪まで
蘭をお届けして来ました。

堺のオークション参加後、和歌山のお客様の
御棚拝見し、大阪泊。
一人寂しく、行きつけの居酒屋で
一杯ひっかけて
常宿に入って熟睡。
そういえば、先週も大阪に来ていました。
先々週は、会津にいたし
何処の住人だかわからない様な生活です。

今日はこれから福井まで
お客様の御棚の様子を見に行ってきます。
本日中に帰宅して
明日は千葉に行かなくてはいけないし。
その後は、地元静岡の御棚へ
そして来週また大阪に戻ってきます。

同じ行商の
車寅次郎さんよりは、
真面目に仕事してるかなぁ

旅の途中
園には、ほとんど居ない
園主より



c0211318_07464036.jpg



by 0130hide | 2019-06-17 07:46 | 蘭亭 コラム