カテゴリ:蘭亭 コラム( 212 )


2012年 05月 30日

SAMURAI NO 庭

大会の後、ブログの更新、少々サボリ気味・・・・では無いか!?とお客様に叱咤され、

翌々棚を見ると、我が娘達は大会の前後に嫁に行ってしまったので、棚はガラガラ状態。

これではイカンと思い、仕入れの為の行商に出掛けておりました。


お客様の蘭舎で、蘭談義&世間話・・・

増えた蘭を譲って頂き、食事を頂き、お酒も頂き・・・

これって仕事なのか、遊びなのか・・・・


園に帰ると、庭の雑木はすっかり生い茂り、草取りに追われる日々でございます・・・


今週末は、仁川(インチョン)で韓国の全国大会・・・ですが

最近は、新鮮な新物の蘭が少ないので、今年は国内にも眼を向けてやっていこうかと思います。


ブログ上で・・・・・・・以前から有る登録品等は、CLASSIC MODELS。

・・・・・・・未登録品は、NEW MODELS。

             とカテゴリーを分けました。


              宜しくお願い致します。

                  園主




c0211318_1023361.jpg


by 0130hide | 2012-05-30 10:56 | 蘭亭 コラム
2012年 05月 21日

大阪の夜


新大阪チサンホテルで行われた全国大会は、盛況に終わりました。

バッチリ、レポートするつもりが、忙しさのあまり、写真を撮り忘れまして

ご覧頂ける画像が1枚もありません。

大会前後に、仕事を沢山させて頂いたので

ブログのアップも半月以上振り、

ご心配をお掛けして、申し訳ありません。

新しい蘭の入荷もございます。

順次、アップさせて頂きますので・・・。

下の画像は、大会の夜。

高知と福井のお客様と会食した、みのう茶寮さんでのショットです。

盆栽界では有名な方、矢内さんの経営されているお店です。

庭と盆栽、料理と演出が素晴らしい素敵なお店でした。

魯山人、意識してるんですか?と私が聞くと

『ワシはそんなこと思ってへんけど、世間の人はそう思ってはるようですわ』

とご主人。

しかし、表の暖簾はメチャクチャ意識してると云うか、

美食倶楽部って、そのものじゃないでしょうか・・・・。

私の主観ですが・・・。















c0211318_18491430.jpg
c0211318_1849165.jpg


by 0130hide | 2012-05-21 19:21 | 蘭亭 コラム
2012年 04月 18日

三種三葉        

三種三葉、こんな4文字熟語があったかは、定かでは無いが・・・


本羆・・・・子供の出芽。

やっぱり抜けがいい。

御客さまのところで5年間、子が柄を追うことの無かったこの木。

愛想つかされたわけでは無いが、1回嫁いだのに出戻ってきた木。

いきなり良い柄の子を出して、ビックリ。

まったく気まぐれな品種である。


ので、嬉しさも5倍位はある。

羆、5年前の姿


c0211318_17155292.jpg






1本立ちが韓国で、最初200万位していたこの木。

5年は栽培しているか・・・・

やっとこさ、気勢がついてきたか

見られる様になるには、あと2年ていうところか。

スローライフを楽しむなら、こんな蘭と同居するのがいいかも・・・・。

昨年の状態


c0211318_17153551.jpg





昔、憧れた鳳玉(九州平戸産)

バブル以前、青でも180万した。

軸の太さと葉肉が、この木のウリ。

25歳の頃、北九州のHさんのところから仕入れたことを思い出す。

今は、その木に縞が入ったものがある。

25年も前には、考えもつかなかった。

柄の追いは、金兜並み。

早く、柄の揃った株を作りたいものである。


c0211318_17151640.jpg


by 0130hide | 2012-04-18 17:41 | 蘭亭 コラム
2012年 03月 14日

植え替えのシーズン


約100鉢は、植え替えしました。

後、100は、ぼちぼちやっていきます。

今年はセッコクの花物も真面目に植え替え。

みんな機嫌良さそうです。

これから、新芽と新根の出てくるのが楽しみです。

今年からは、有機質の肥料を中心にやっていこうと思っています。

c0211318_1405074.jpg
c0211318_1403449.jpg


春蘭の植え替えも、桜の花が咲くまでに終わらせないといけません。

c0211318_1542072.jpg



苔の付いた鉢は、漂白剤に一晩浸けてから、洗います。

その後、1日干してから使います。
c0211318_15402.jpg


by 0130hide | 2012-03-14 01:59 | 蘭亭 コラム
2011年 12月 31日

新年のご挨拶

c0211318_23333787.jpg


by 0130hide | 2011-12-31 23:34 | 蘭亭 コラム
2011年 12月 22日

*東京タワー展望台から、今年を振り返る*

友を東京タワーにご案内

250m、特別展望台から江戸を見渡してみました。

出っこみ、引っこみ様々なビル群。

遠くに見えるのは、スカイツリー。

上には上が出来るものです。

まるで蘭界のよう。

自分は今、何合目なのかわかりませんが、

それは世間様が評価してくれること。

ひたすら、上を目指します。

今年も色んな新しい方と出会い、色んなことを学ばせて頂きました。

最近は若いお客様も多く、年下の方とのお付き合いも増えてきています。

私も、もう若手の業者でもなくなってきたと云うことですか。

昔のように、歳上の方々に甘えて商売させていただくことが少なくなりました。

老いては子に従え、ではないですが、素直に何でも受け入れていかないと駄目ですね。

人はお互い鏡と言いますし、目の前の方の意見が自分の答え。

来年は、もっと素直に生きましょう。

東京タワーでスカイツリーを観て、悟って参りました。


c0211318_017366.jpg




こちらは、お台場、レインボーブリッジ、東京湾が観えます。

世界は広いです。

目の前ばかり見ていても駄目ですね。

c0211318_0161342.jpg


by 0130hide | 2011-12-22 01:06 | 蘭亭 コラム
2011年 12月 02日

*熊鷹*  *綾の幻*      後日アップ致します。

本日は、南伊豆方面から3人のお客様が来園されました。

早々、来年の植え替え用の水苔を取りにいらっしゃいました。

内お二人は、元コックさんと板前さんで、釣りの名人です。

コックさんは奄美中心に栽培されていらっしゃいます。

柄のいい、熊鷹と綾の幻が少し増えたので持ってきて頂きました。

もう一人の方は初来園でしたが、なんと春の植え替えでは12kgの水苔を使うとのこと。

約2000鉢栽培されているそうです。

地元なのに、全然知らなかったです。

富貴蘭の好きな方は、隠れた処に沢山いらっしゃるんですね。

やっぱり歴史的にロングセラーなんですね、業界自体が。

私の見聞など、高々30年。

まだまだ、ヒヨコのようです。

                     園主

by 0130hide | 2011-12-02 19:49 | 蘭亭 コラム
2011年 11月 24日

親分が来園


山の紅葉も深まり、今日は、富士山にも雪が積もりました。

本日は、山梨の親分が来園されました。

山梨の親分には、仕事以外にも、色々お世話になっている人生の先輩。

親分は、私と違い働き者なので、まとまった休みが年に3日しかありません。

以前は、鮎の遠征釣りに、ここ最近は三年連続で韓国ツアーにご一緒させて頂いております。

韓国ツアーといっても、蘭園巡りですが。

休みはいつも8月の初旬です、この時期はかなりハードなツアーになります。

温室内は30度以上、長時間いると頭がクラクラしてきます。

韓国の業者さんたちも、私たちに付き合うのも大変そうです。

と云う訳で、来年度のツアーも本日決定しました。

まだ先の、長い話ですが…。


親分はかなりお目が高い方で、

東海園と四国◯草園の相談役みたいな存在。

四国◯草園さんの忘年会も親分のお店で毎年やられています。



親分のお店

山梨県上野原市にある美味しいお鮨のお店です。

江戸銀 上野原店 です。

山菜取り、キノコ取り、魚取りが趣味ですので釣りたて、取りたて作りたてがサービスで

出してくれることもしばしば。

ワサビ田も持っていらしゃるので何時も香りのいい山葵で戴けます。 

by 0130hide | 2011-11-24 23:58 | 蘭亭 コラム
2011年 11月 22日

*  コラム  その10      新世紀 *

業界は今、思わぬところで広がりをみせている。




先日新企画から発売された富貴蘭図鑑2万部が完売し、

バックオーダーを抱えるも対応出来ない状態。

これは、日本富貴蘭会会員の約20倍の見えない愛蘭家がいらっしゃると云うこと。





外国人が関心を持ち始め、最近海外への輸出が伸びています。

主にアメリカの西海岸、中国、韓国、台湾 etc.

また、東南アジアのある国の、王族の方のオーダーが入ってきたと云うお話も御座います。




登録品種の価格がここ4〜5年安定していること。

絶対値に増殖してくる蘭ですから、これは新しく始めた趣味者が増えている証。





今まであまり普及していない地域のお客さまが増えて来ている。

主に北陸地方、九州全域、東北地方。




他の古典園芸を趣味にされていた方々が、富貴蘭会に入ってきていること。

これは、韓国でもよく見られるケース、

韓国の富貴蘭の愛好家その殆どが、以前は春蘭をやってきた方が多い。





鉢屋さんからの情報として、

栽培用富貴蘭の鉢の売り上げが特に伸びている。




園芸雑誌では年間を通して、富貴蘭の特集ページがメインで掲載され続けていること。

富貴蘭を扱う業者さんの広告も増えてきている。




年の若い趣味者さんが増えたこと

これは、ネットオークションやブログの影響が大。

今までの古くさいイメージから、若い方が入りやすい世界感があります。


                        以上で御座います。

by 0130hide | 2011-11-22 00:31 | 蘭亭 コラム
2011年 11月 19日

* 24年度新登録 *         大観

園名で登録するはずが、実名になっていました。

本部に問い合わせましたが、今回はこれでお願い と言うので。

次回は園名にしますとのこと


登録を園名でした歴史は約20年前

紅孔雀の時。

常磐園さん 実幸園さん 天王植木さんだったそうです。


ともかく一段落つきました。

来年度は、匂威を登録予定しております。

紫電龍(古朝鮮)あたりの木も、どなたかにお願いしたいのですが、、、。


c0211318_23373962.jpg


by 0130hide | 2011-11-19 07:00 | 蘭亭 コラム