人気ブログランキング |

カテゴリ:CLASSIC MODELS SALE( 27 )


2020年 05月 01日

金牡丹や建国殿あたりの

金牡丹や建国殿あたりの
純国産品種の発根は、一番遅め
やっぱり5月に入ってからになってしまいます。

大型になる金牡丹は
墨が少ない
でも、風通しの良く
光線の強い棚で、数年栽培すると
墨が多くなって来てコチコチに
締まった木になって行くんですね。
自分の所で栽培環境を幾つか作るって
大変ですのでこう云う事には
気がつけないです。
系統だと判断する方が殆どです。

本日ご紹介の蘭は三本子付きの
大型になる金牡丹です。
少し黒牡丹ぽい縞の走っているところもあります。
兄弟木は黄縞、白縞も出している
クオリティー度高い個体です。

こちらの商品の価格は
¥350,000-になります。
商品の詳細については、園主携帯まで
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com




金牡丹や建国殿あたりの_c0211318_08113278.jpg

金牡丹や建国殿あたりの_c0211318_08113317.jpg
金牡丹や建国殿あたりの_c0211318_08163353.jpg

金牡丹や建国殿あたりの_c0211318_08163437.jpg

金牡丹や建国殿あたりの_c0211318_08163554.jpg



by 0130hide | 2020-05-01 08:11 | CLASSIC MODELS SALE
2020年 04月 09日

不老白

不老白

マンションで栽培中の不老白の元親株です。
初入荷から約10年作りました、
当園のお客様方が頑張ってくれました。

私が最初にこの蘭に出会った頃は、
オリジナル豊明殿の
実生が出てから間もない頃でしたので
価格下落が起きていて
皆さんショックで、
人気が落ち込んでいた時期でした。
原種豊明殿から白縞が出ていた
珍しい個体でしたが
和歌山大会の参考品コーナーで
注目もされず寂しく佇んでいた蘭でした。
懐かしい事です。
後日
参考出品の豊明殿白縞を交渉
商談成立後
仲良しのお客様に納め
その後も同じ様に
自分だけ出入り出来る御棚優先で
納めて来た次第です。
10年経過して
柄の継続性もそこそこ
価格の安定感もそこそこ
やっと最近
東海園オリジナルブランドとして
認めて頂けた様な気がします。

この親株も素晴らしく柄が揃ったものですが
全国各地のお客様の所では
栽培環境が少しずつ違いますので
不老白もいろんな表情を見せてくれます。
御棚拝見の際は、私も
楽しませて頂いております。


不老白_c0211318_14112115.jpg

不老白_c0211318_14112202.jpg

不老白_c0211318_14112412.jpg

不老白_c0211318_14112698.jpg

ここからは各地のお客様の
コレクションです。
色んな表情があってとても面白いです。

良い蘭になってくれております。
私がセレクトした蘭を育てて頂き
共に人気を支えてくださったお客様方には
感謝の言葉しかありません、
現代的に言うとシェアって感じですかね〜
インスタ映えも‥‥
『ありがとうございました。』

園主


不老白_c0211318_14112769.jpg
不老白_c0211318_14115216.jpg

不老白_c0211318_14301681.jpg

不老白_c0211318_14301867.jpg

不老白_c0211318_14301993.jpg



by 0130hide | 2020-04-09 06:07 | CLASSIC MODELS SALE
2020年 04月 07日

銀嶺の美術株

銀嶺の美術株

良くここまで柄が揃ったものだと
関心しました。👏
拍手ものです。

高知県産でルビー根も出してくれるこの品種は
端正な中立葉で、品格を感じる。

そう、芸西産の蘭は、大きく無いのがいい
最近騒がれている友禅や至楽の様に
品のいい容姿に好感が持てる。

蘭は、産地によって葉姿が違う
宮崎の綾産、島根産、三重産、和歌山産と
色々あるが、品の良さでは、島根と高知の
芸西、芸東辺りがいいのでは?
それぞれ、好みと云うのは分かれるものだが
さて、貴方はどの産地の蘭が
お好きかしら?
ルビー根が出て来るのが
今から待ち遠しいですね〜

こちらの商品の価格は、
¥120,000-になります。
お問い合わせ等は、園主携帯迄
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com


銀嶺の美術株_c0211318_13240300.jpg

銀嶺の美術株_c0211318_13240563.jpg

銀嶺の美術株_c0211318_13240629.jpg

銀嶺の美術株_c0211318_13240806.jpg

銀嶺の美術株_c0211318_13241088.jpg
銀嶺の美術株_c0211318_13243288.jpg



by 0130hide | 2020-04-07 06:10 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 12月 11日

長寿楽

長寿楽

その昔、
兵庫県城崎で蘭を栽培されていた木瀬さん
生前、愛知の藤井さんから譲り受けた羆を
大事に作っておられましたが
残念ながら10年栽培しても、
柄のいい子は一本も出てきませんでした。
その代わり
無地の子は沢山取れたんですね。
その一つを私が譲り受け
趣味者に、販売。

その棚で何年か栽培後に
この様な中斑芸が出来たと云う
ストーリーが、長寿楽になります。

羆の無地から出来た事は
間違いありませんが
柄と根の色的には建国と同等です。

こう云う紛らわしい事って
蘭界には沢山ありますので
以後整理が必要かもしれませんね。

ナンバー付きの建国なんかの件でも
栽培環境の違いや
栽培家さんの激しい思い込みも
と云うパターンもありますれば
一度きっちりさせて行かないと
いけないでしょう。

見解の違いもありますので、
統一は無理かもしれませんが
追々、ブログにて私流になりますが
解説させていただきますね。

さてこちらの中斑の建国
富士錦の中斑〜鳳
大江丸の中斑〜帝
なんかと同じ様な芸になります。

芸に、派手さはありませんが、
建国の縞とは違い
柄が中心に寄っている芸ですので
ほぼ100%ルビー根です。
柄狂いも少なく
株になって行くと思われます。

こちらの商品の価格は
¥350,000-になります。
お問い合わせ等は、園主携帯迄
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com

最近海外のお客様からの
お問い合わせも増えてきました。
海外発送は出来ませんの
申し訳ありません。

韓国内に限り、静蘭舎韓国店さんを
通じてのお取引は承りますので
お問い合わせください。

世間的には、日韓関係が上手く行かないと云う
ニュース等飛び交っておりますが
政治的レベルの話で
富貴蘭界、春蘭界共に
あまり関係無い話です。
各国蘭界の業者さん同士は
昔からの人間関係もあり
韓国や中国、台湾等
相変わらず、仲良くお付き合いが続いて
おりますので、その点、
心配はありません。
この様な件で
数名のお客様から
質問等もございましたので
此処に一筆、
記させて頂きます。

 園主


長寿楽_c0211318_17325287.jpg

長寿楽_c0211318_17362115.jpg

長寿楽_c0211318_17325772.jpg



by 0130hide | 2019-12-11 17:32 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 10月 31日

親が黒牡丹NO.1

親が黒牡丹NO.1
子は金牡丹の縞

NO.1なので木全体
葉幅があってガッチリした雰囲気

親の左側は、まだ黒牡丹縞状態
右サイドは殆ど金牡丹状態

子も親に負けないボリュームがあり
金牡丹状態ですが
黄縞が入っおります。
こんな進化の過程を観察しながら
栽培するのも中々おもしろいですね。

個体自体年寄りでは無さそうなので
これからまだまだ増殖してくれそうです。
棚入れしても、
末永くお楽しみ頂ける
蘭だと思います。
愛嬌の良い株立にして頂けると
幸いで御座います。

こちらの商品の価格は、
¥355,000になります。
この蘭の詳細、お問い合わせ等は
園主携帯迄お願い致します。
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com


親が黒牡丹NO.1_c0211318_07350139.jpg

親が黒牡丹NO.1_c0211318_07322331.jpg

親が黒牡丹NO.1_c0211318_07322443.jpg

親が黒牡丹NO.1_c0211318_07350422.jpg

親が黒牡丹NO.1_c0211318_07322481.jpg
親が黒牡丹NO.1_c0211318_07324187.jpg

親が黒牡丹NO.1_c0211318_07324285.jpg



by 0130hide | 2019-10-31 05:32 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 07月 07日

名鑑の最上段 

名鑑の最上段 

京の都に纏わる命名品種二点

その一 、清涼殿

大阪桃山台に居を構えられていた
宮本先生が命名された蘭
富貴蘭の中では
黄玉殿と並び特に
品のいい色の覆輪種

先生は当時、
大学で美術を教えられていた。
古美術にも造詣が深く
私も鉢の事やら、焼き物全般にわたり
色々と教わった思い出が懐かしい。

流石は美術の先生
蘭の雰囲気にベストマッチの命名でしたね。

この様な後世に残る蘭を
残してくれた事に感謝致します。
先生、ありがとう御座いました。

さて、本日の二点を栽培されていたのは
赤城山の麓で
アルマーニや三宅一生等有名ブランドに
デザインした生地を卸す仕事をされている
若手の愛蘭家さん
この方も古美術好きの変わり者さん
蘭の栽培もこだわっていて
とにかく締まっている
下の画像で根の本数を
見て頂けると解ると思いますが
割子ではないんですね
何年間も作り込んで小さくした様です。

何年かに一度くらいは
稲刈りに行きたい私にとっては
少々物足らないサイズ
もう少し緩めて作って
頂けないでしょうかと提案させて頂き
連れて帰ってきました。


名鑑の最上段 _c0211318_04563618.jpg

名鑑の最上段 _c0211318_04563752.jpg

名鑑の最上段 _c0211318_04563854.jpg

その二、金閣

故藤井会長さんのところにあった頃は
金城覆輪となっていたが
いつの間に金閣と改名され
登録された品種
矮性と思われているが
良く育った株の間口は15cmくらいにはなる。
子吹きがいい為に親自体が中々大きくなり難い

コンパクトな葉姿に
ルビー根も出してくれるので
マニアの間では支持され続けている。
こちらもかなりの年数作り込まれている個体
小さな割には葉肉もしっかりとしております。
これからの事を考えて
親を大きくするには、
子をちぎるしか無いが、
そんなの可哀想だし
中々出来るものではないんですね。

以上二点
それぞれ、時間をかけて栽培された蘭ですので
小さいながらも、
紺地はしっかり葉肉の厚い状態です。

清涼殿の価格  ご予約済み
金閣の価格  ご予約済み
になります。

お問い合わせ等は、園主携帯迄
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com



名鑑の最上段 _c0211318_05032841.jpg

名鑑の最上段 _c0211318_05032809.jpg

名鑑の最上段 _c0211318_05032911.jpg



by 0130hide | 2019-07-07 05:52 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 06月 14日

短冊屋の二点

短冊屋の二点

おはようございます。
今朝は、お軸を
初夏を感じるのぼり鮎に替えました。

本日は、古い鉢のご紹介です。
合わせた蘭は、サイズが分かりやすい様に
金牡丹の大型です。

短冊屋の二点_c0211318_04274170.jpg

万年青鉢の3.5寸と風蘭鉢の3.3寸
足元が絞れている万年青鉢も富貴蘭に
良く似合っております。

短冊屋の二点_c0211318_04272637.jpg

凌ぎ文様に雪あられ
白菊が浮いている
古典的な図
静寂な空気感を漂わせております。


短冊屋の二点_c0211318_04274486.jpg

短冊屋の二点_c0211318_04272828.jpg

白菊の絵付けは
非常に丁寧な仕事をしていて
感心しますね。
上手い職人さんの仕事でしょう。

短冊屋の二点_c0211318_04274685.jpg



こちらは、スタンダードな感じの
短冊屋

京楽の古い鉢には、特に古典的な蘭が
映りがいいですね。

豆葉の縞や奄美系ですと
何故か違和感を覚えます。


短冊屋の二点_c0211318_04275303.jpg

古い鉢は、縄縁が威張っていなくて
品があります。


短冊屋の二点_c0211318_04275485.jpg

素朴な鉢の絵図は、
主役の蘭を引き立ててくれます。
シックリと、いい味わいです。

短冊屋の二点_c0211318_04275590.jpg

因みに香炉は
短冊屋さんと同じ京都の
古清水焼き

古い卓は
第1回目の東京ドームの折
席飾りで使用する目的で
青山の古美術店で見つけた李朝です。

こちらの商品の価格は
短冊屋万年青鉢  ¥165,000-
短冊屋富貴蘭鉢  ¥150,000-
になります。

こちらの商品の詳細は
園主携帯迄、090-7614-1177
samuraittt@gmail.com





短冊屋の二点_c0211318_04275642.jpg



by 0130hide | 2019-06-14 05:18 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 05月 26日

不老白

不老白

源平柄
ご予約済みになります。


不老白_c0211318_23042766.jpg

不老白_c0211318_23042876.jpg


不老白
柄落ち
¥35,000-


不老白_c0211318_23042957.jpg


不老白
柄落ち

¥45,000-
不老白_c0211318_23043092.jpg


今日は、この3点
あまり期待し過ぎないでください。
夢を買って頂けましたら、幸いです。
園主  梅原
携帯  090-7614-1177



by 0130hide | 2019-05-26 07:05 | CLASSIC MODELS SALE
2019年 05月 19日

花観月


花観月

花衣の覆輪
20年近く前に当園にて
花衣の縞から天葉が
覆輪に変化した経緯の蘭です。
嫁に出した後
登録もされ、出世してくれました。

斑切れの綺麗な虎をだす事が
栽培のポイントですが
まだまだ研究の余地があり
その栽培方法は確立されておりません。
以前、美咲園さんで作っておられた
花観月は素晴らしかったですが、
今は富貴蘭専門誌でしか
見る事が出来ません。

この個体は、天葉から二枚目の葉先に
少し傷があります。
棚が変わった天葉の時に
一時的に伸びな止んだ時のものです。
強い光線を受け焼けたものでは
無いので、心配無いと思います。

覆輪の紺地もそこそこ良い感じ
出物も少ない蘭ですので
綺麗に作り直して頂けると趣味家さまに
嫁に出したいと思います。

こちらの商品の価格は
¥400,000-
になります。

お問い合わせ等は、園主携帯迄
090-7614-1177
samuraittt@gmail.com






花観月_c0211318_08274028.jpg

花観月_c0211318_08274118.jpg

花観月_c0211318_08274262.jpg

花観月_c0211318_08274326.jpg

花観月_c0211318_08274445.jpg



by 0130hide | 2019-05-19 07:19 | CLASSIC MODELS SALE
2018年 07月 23日

豆葉のスタンダード


豆葉のスタンダード

玉響
(たまゆら)

葉重16枚
柄上々
子の柄上々

ボリュームもあり
迫力が違います。

こちらの商品の価格は
¥335,000-
になります。

園主

涼しくなるまで
発送出来ませんので
ご理解の程よろしくお願い致します。



豆葉のスタンダード_c0211318_16163905.jpg

豆葉のスタンダード_c0211318_16164004.jpg

豆葉のスタンダード_c0211318_16164125.jpg

豆葉のスタンダード_c0211318_16164289.jpg

豆葉のスタンダード_c0211318_16164379.jpg
豆葉のスタンダード_c0211318_16165828.jpg

豆葉のスタンダード_c0211318_16165984.jpg



by 0130hide | 2018-07-23 16:16 | CLASSIC MODELS SALE