<   2017年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 24日

伊豆の沖磯で・・・

寒メジナ釣り

今日は、天気も良く
一人で行って来ました。

初夏から秋9月までは
鮎を追っかけていたので

地元での磯は
久しぶりです。

何時もは、山梨の親分か
地元下田のお客様と行くのですが・・

瀬渡し船には15名位の釣り師が
一緒でした。

まだ魚が小さくて35cm位でした。
塩焼きや煮付けには良いサイズ

鮎釣りもメジナ釣りも
20代からやってきた趣味ですが
奥が深く
名人の境地までは中々辿り着けません。

なので、当分
卒業は出来ないでしょうね。

園主

c0211318_18052240.gif



by 0130hide | 2017-12-24 18:04 | 伊豆の国
2017年 12月 22日

建国殿芽変わり

オリジナル建国殿縞から
富貴殿色の覆輪に変化した
一品物になります。

子も紺覆を掛けて
出てきましたので
親同様の芸に落ち着いてくれそうです。

親の下葉はまだ縞を
残しております。
もちろん墨もしっかり入っております。

建白冠と云われる
雪白色の覆輪は、
実生やオリジナルからの変化で
今迄に、数鉢ご紹介させて頂きましたが

今回の蘭は
富貴殿特有、品のいい乳白色で
大覆輪になります。

富貴蘭の中で覆輪から大覆輪に変化した
品種ですと

羆覆輪〜大冠
大八州〜八州の月
等がありますね。

話が少しとびますが、
国産春蘭で不動丸という
銘品が御座います
それを彷彿させてくれる様な
雰囲気があります。

新時代をリードしてくれる様な
いい顔をしておりますね。

建国ファミリーを
コレクションの皆さま
御棚の新しい家族として
迎えてみては
如何でしょうか・・・

こちらの商品の価格は、
¥350,000-
になります。


園主

c0211318_06432813.jpg

c0211318_06432917.jpg

c0211318_06433129.jpg

c0211318_06433221.jpg

c0211318_06433378.jpg



by 0130hide | 2017-12-22 07:43 | NEW MODELS SALE
2017年 12月 20日

白牡丹 子芽付き

私みたいに、
少し痩せてますが
抜けの良い柄です。(笑)

来春になれば
伸びて来るだろう
子芽が一つあります。

葉先に一箇所スリップスの後が残って
おります。
作には問題無しと見て
仕入れて来ました。

作の掛かる木だと思って
自分で作るつもりでしたが
 
金牡丹 黒牡丹だけで無く
ステージアップの為
栽培してみたいと云う方が
おりましたら
お譲りします。

こちらの商品の価格は、
¥550,000-
になります。

ご予約頂きました。

園主


c0211318_15210610.jpg

c0211318_15210899.jpg

c0211318_15211072.jpg

c0211318_15211242.jpg



by 0130hide | 2017-12-20 15:20 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 12月 18日

羆の光

三光中斑タイプ
6本立ちです。

よく出回っている中透けタイプでは
ありません。

秋田の兄貴のところでも
良く出来て葉幅のあるのを
拝見しましたが
中々素晴らしい品種だと思います。

ノーマル羆の光と比べてますと
倍の葉幅があります。
葉重ねも良いようです。

画像でも分かると思いますが
ガッチリしていて見応えが
違いますね。

地味に見える小さな子供も
ご心配無く
青にはなりません。
この品種の特徴で
5〜6枚に成長しますと
全て柄が載って来ます。
それから
青軸の木ですので
丈夫で作りやすいですね。

あまり出回っていないので
このタイプに対しての見識の無い方が
殆どではないでしょうか。


こちらの商品の価格は
¥200,000-になります。

ご予約頂きました。
ありがとう御座いました。

美術株を作られたい方に
お薦めの蘭になります。

園主


c0211318_09243108.jpg

c0211318_09243374.jpg

c0211318_09243899.jpg

c0211318_09244209.jpg

c0211318_09244490.jpg



by 0130hide | 2017-12-18 09:24 | 販売済 蘭 美術鉢
2017年 12月 17日

地元お客様の至極コレクション

年末に向かい
水苔のご注文等
頂いている今日此の頃

地元のお客様から
植え替え前の栽培品の
画像を頂きました。

今迄100鉢くらい栽培されて
おりましたが
裾物を減らして
今は40鉢
その中の至極コレクションです。
金牡丹櫛目縞が2杯
至楽は2本子付き
建国殿縞
建白冠
建国芽変わり
白牡丹
不老白
萩宝扇

生育鉢は、30円の素焼きですが
中身は、極上品 ばかりですね。

私もそうですが
植え替えが面倒な程欲張って
沢山持つよりも
裾物は次の世代の可愛いがってくれる方々に
託して
本当に好きな物だけを
育ててみるのも良いと思います。
愛着があると手放すのも
難しいものですけどね。

私も同じ様なスタイルで来ているので
当園のお客様方も
なんか似てくるみたいです。

良いものが増え出すと
増え子を出して
次の良いものも
手に入れやすいですからね。

園主が棚に来ると
子供をもって行くので
いつまで経っても
株にならないと
お叱りを受けますが
良い蘭を
探してきている私も
中々大変なんですよ。

園主


c0211318_10564593.jpg



by 0130hide | 2017-12-17 10:56 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 15日

おはようございます。

昨夜、伊豆に帰ってきました。
蘭舎内は、0℃
富貴蘭ベッドの
温度計を見たら、5℃

伊豆も海岸線は、暖かいのですが
当園のある伊豆の国市は
富士山、箱根、天城山、香貫山に
囲まれている盆地なので
夏は暑く冬は冷え込みのきつい処なのです。

伊豆の海岸線には、
風蘭も自生出来る環境ですが
今は、乱獲の為に
命がけで行く様な所にしか
自生しておりません。

蘭の栽培は、出来るだけ人間の手を加えず
自然に出来ればそれが最高ですね。
手を沢山出したい所ですが・・・

あまり考え過ぎて
色々すると
造り物の雰囲気が出てしまいます。
つまるところ
皆さま自然作りに戻って行く様です。

今朝も、朝早くから
五柳会五島支部のメンバーさんから
朝焼けのビーチの画像が届きました。
自生地にお住まいの方
羨ましい限りです。

園主

c0211318_09373949.jpg



by 0130hide | 2017-12-15 09:37 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 14日

二日目は、植え替え教室から

五島での2日目は、
富貴蘭の植え替え教室

この地には風蘭が自生しているので
栽培環境は最高ですね。

地元の岬
左尾の鼻で取れた山採りを
一鉢頂きました。
以前見た平戸産の蘭に似ておりました。
中々カッコいいものです。

島の人気もの
サラちゃんです。
c0211318_10083371.jpg

Nさまと
仕事の合間に、磯に渡り
グレ釣りです。

九州ではクロと言います。
伊豆では、メジナとかクシロ
関西では、グレ
地方によって呼び方が違います。

c0211318_10095330.jpg


c0211318_10095676.jpg

この地方の郷土料理
ハコフグの味噌あえホイール焼き
肝の油と味噌とネギ
初めて頂きましたが
酒の肴に最高でした。
c0211318_10095813.jpg

私のリクエストで奥様が作ってくれた
伊勢海老の味噌汁
豪華ですね。
c0211318_10100195.jpg

ルアーマンの
Nさま
今日は10年振りの磯釣りに
お付き合い頂きました。

渡船の手配から
餌の準備
何から何迄
お世話になりました。
ありがとう御座いました。

c0211318_10100466.jpg

日本は島国ですが
離島はまた格別にいいものですね。

私の知らない文化を勉強出来て
楽しかったです。

機会がありましたら
皆さまも是非、訪れて見てください。
心の底に溜まって居た
見えないストレス迄
綺麗に浄化してくれる島ですよ。

旅サムライ


c0211318_10104734.jpg



by 0130hide | 2017-12-14 03:39 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 13日

御棚拝見 イン五島列島


東海園お客様の中で
酒と釣りの数寄者で
五柳会と云う
(LINEサークル)
をやっております。
普段は、みじかで起きた事を
あーでもない、こーでもないと
皆さま呟いております。
このSNSの良いところは
普段会えない全国のお客様同士
横の繋がりが、出来る事です。

趣味家〜商人という
縦の繋がりだけでは
面白くありませんからね

お客様同士仲良く
蘭を楽しむ事が出来たらいいと
思って2年前からやっております。
釣りや食事会
蘭以外のプライベートを
気の合う仲間と楽しむのも
一向です。


今日は五柳会メンバーの一人
N様お住まいの
五島列島に来ております。

もちろん
蘭の御棚を拝見と
栽培指導等が
目的ですが、
チョットその前に
本日は、
グレ釣りに連れて行って頂きます。

昨夜は、地元の伊勢海老尽くし
奥様の手料理で、
ご馳走になりました。

至れりつくせり
恐悦至極に
存じます。

旅先にて
園主



c0211318_06283115.gif



by 0130hide | 2017-12-13 05:27 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 11日

五柳


五柳の万年青鉢です。
久し振りに入荷しましたが
園に持ち帰る前に
商談済みに
少しは、楽しませて頂きたかったが
これだけは、しょうがあるまい。

しかしいつ見ても素晴らしい
江戸後期に焼かれた作品だが
こうゆう魂の入った絵付けを見てしまうと
現代のものが、オモチャに見てしまう。

ましてや、プラスチックの鉢に
入れられている蘭を見ると
可愛そうで見て居られない。


古典園芸を趣味とするなら
本物を見て勉強して
この世界の本質を
見直して頂きたいと思う。

好きになって購入した大事な蘭を
少し増えたら、ちぎってヤフオク〜
そんな実利ばかりを考えている方には
本物の世界には、
一生辿りつけないのでは
あるまいか?

江戸時代の旦那集に
見ていられても、
恥ずかしくない数寄者、商人に
成ろうではないか。

繊細で真面目に描いた
芸術的な作品を見て居ると
こちらの背筋も
ピリっとしてしまい
襟を正さなくてはと
思ってしまうのだった。

園主


c0211318_12532751.gif



by 0130hide | 2017-12-11 07:53 | 蘭亭 コラム
2017年 12月 10日

竹本蘭鉢


氷裂青磁亀甲雲鶴蘭画文下方

明治の陶工 竹本隼太の蘭鉢
釉薬の味を楽しむ竹本には珍しく
絵付けの入った逸品です。

繊細で品の良い亀甲雲鶴と
春蘭の花の絵付け

金彩にて王者の香と
描かれております。

こちらの商品は
お問い合わせください。

ご予約済みになりました。
ありがとう御座いました。

園主

c0211318_10472527.gif



by 0130hide | 2017-12-10 10:46 | 販売済 蘭 美術鉢