2011年 09月 18日

コラム その5  *朝顔の絵日記*

コラムと称して、言いたいことを勝手に書き綴ったが、少々ネタ切れ。
何か良いネタは無いかと、グーグルで「富貴蘭」と検索をかけてみた。

業者のホームページは飛ばし、趣味者と思われるブログを覗いてみる。

栽培日記の様なものが多かった。
とても面白い。
小学生の時に、朝顔の種を撒いて、観察絵日記をつけていた、あの頃を思い出し、懐かしく、童心に戻った感覚だった。

蘭を手に入れ、それが数年に渡り、大きく育って行く画像が、パラパラと展開して確認出来るサイトもあり、参考になる。

おもわずサイトの蘭が欲しくなってしまった、何故だろうか。こんな1本立ちを買って、大事にしてあげると半年後はこうなります。

そして3年後はこんなに素晴らしくなると、画像で見せられると、成長の遅いフウランも、こんなに増えるのと説得力がある。

柄の良く成るもの、派手に成って天葉が枯れると思ったら、下から子が一気に吹き出した。

ホント楽しい。

自分のブログと比較した、完敗である。

先日も高知の後輩に言われた『業者が売ろうとして書いているのと、趣味者の視点で書いているのでは、説得力が違うよ。趣味者が見た時は、同じ趣味者でも、自分よりレベルのちょっと高い人の書いたブログのほうが、共感を得られるでしょう。』

ナルホド。あの時の彼の発言を、今日やっと本気で納得し、心から受け入れた自分がいる。

愛蘭家の方々、大いに富貴蘭の楽しみ、又、その楽しみ方を多くの方々に分けてあげてください。
楽しいブログ、これからも宜しくお願いします。

最近のめざましい富貴蘭人気は、多くのブロガー様方に支えられていたんですね。やっぱり、お客さまは、神さまで御座います。

追伸 公開するかしないかは別として、ご自分のコレクションを栽培記録として、ブログに綴るのもいいものです。

やってみてはいかがでしょうか。

毎日見ていても少しも増えない蘭が、画像に残して振り返ってみると、違いがわかって面白いですよ。

# by 0130hide | 2011-09-18 02:13 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 16日

大会のお知らせ   静岡富貴蘭会美術品評大会

来週の月曜日19日 静岡ツインメッセ北館で開催されます。近県の方、振るって参加ください。宜しくお願い致します。
c0211318_6524788.jpg
至楽


# by 0130hide | 2011-09-16 06:52 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 15日

匂威 (においおどし)

図鑑に載った元親木です。
間口30cm。鉢は3、5寸の常滑の透かし鉢。

徳之島産天然種の白覆輪、縞から覆輪に変化。奄美系の覆輪では最大級の間口があり、同一品種が無く、一目でそれと解る。

大観に続く第二団の奄美の有望品として、近い将来登録予定しております。

栽培しやすく1年で4枚の葉を展開する。
詰り、当たりから2年で1本立ちとして、株分けすることが可能な蘭。

人気品種に成ることは必至。

韓国には当社が2本輸出し、海のむこうでも大人気。
逆輸入する予定も叶わず、私も予約待ち状態。

全体総数は大観の10分の1程度、紺地の良い系統の4割は当園のお客様方が栽培してくれています。
c0211318_17245646.jpg


# by 0130hide | 2011-09-15 19:50 | お棚拝見
2011年 09月 15日

尾張青海波紋輪花縁鉢  

富貴蘭写真集(日本伝統園芸協会発刊)に載っている鉢です。縁に1カ所コツがあります。
c0211318_0313249.jpg


# by 0130hide | 2011-09-15 00:32 | 古美術鉢
2011年 09月 15日

翆華殿の黄縞 

入荷予定していた割子は、本日、商談済みになりました。

ありがとうございました。

星宿海を凌ぐ芸と、韓国で噂の蘭、初めて日本に渡来しました。

富貴蘭界の将来を担う貴重な素材として、今後の成長が楽しみな1鉢です。

c0211318_014651.jpg


# by 0130hide | 2011-09-15 00:11 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 09月 14日

古瀬戸 武蔵野図唐草縁染め付け竹葉足蘭鉢  

富貴蘭写真集(日本伝統園芸協会発刊)で紹介されました古鉢、そのものです。

美術株を入れるには持ってこいのサイズです。

とっても品の良い図柄、足の作りも洒落ています。

時代乗りも良い、無傷の完品で御座います。


c0211318_1954339.jpg


# by 0130hide | 2011-09-14 19:07 | 古美術鉢
2011年 09月 13日

コラム その4  *御用聞き*

私の仕事のスタイル、基本的に、御用聞き型行商。

堤藍籠に何鉢かの蘭を入れて、お得意様の所に伺う、古いタイプの蘭の商人。

最近はインターネット、メール等便利な物も有り、おおいに利用させて貰っているが、ネットオークション等はその窓口の一つとして考えている。

なのでこれに依存してしまってはいけないと思っている。

オークション開催中は、蘭数寄な多くの方々に、観て頂ける手段として大変有効。現代では、この武器を使わない手はない。
しかし基本は忘れてはならないと、何時も自分に言い聞かす。

ここ数年、この新しい武器の御蔭で、沢山の新しい出会いを頂いた。

最近は、煩わしいと思われるのか、手持ちでお届けしたいと連絡すると断られることもあるし、是非来てくれと言われたり、お客様の要望もさまざま。

相手の顔を見ないで物を売る程、詰まらない商売は無いと、私は思うのだが。

以前、名古屋に本社の在る、某大手ラーメンチェーン店の会長さん(春蘭、万年青、富貴蘭等栽培)に、こんな話を伺ったことがある。

最近各店舗で売り上げのが下がっている現状を見て「1号店で自分が腕を振るっていた時は、お客さまが行列だった。

当時は濃いめのスープ、油を多めに、麺は固め、やわらかくしてと一杯のラーメンに、お客様の要望に全て答えていた。

いまはそこまで細かい要望に答えられないので、満足なサービスが出来ていない。

商売も広げすぎて眼が行き届か無くなってしまった。
それと会社の若い役員に、自分(創業者)の意思が伝わらない。」嘆いておられたのを思い出す。

お客様の要望を良く伺うこと、御用聞きの基本ですね。

あぁ、それに美味しい新メニューも開発していかないと、すぐに飽きられてしまいます。

当園も、いい味を出し続けていかないと駄目ですね。

# by 0130hide | 2011-09-13 00:07 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 08日

コラム その3  *反逆者*

日本で産まれて、日本人。

盆栽、山野草では無く、何故蘭なのか?

植物数寄なら色んな選択があったはず。

何故どうして蘭でなければならないのか、蘭でなければ自分が満足しないのか、真剣に考えたことがある。

正統派、本筋の物に対しての反逆、逆らって生きたいと云う、そんな変わり者の血が潜んでいる様な気がする。

例えばお茶の世界で振り返る。

本筋でいけば表千家、裏千家等のお抹茶の世界。

それに対してお煎茶の世界がある。

何時の時代も本道に行く人と、それに逆らい、逆向きに進む人が居る様な気がしてならない。

人と違うところにプライドを持ち、変わっていることに、喜びさえおぼえる。

いわゆる変人なのだ、と思う。

変人同士集まると、どれだけ変人なのかと競い出し、それが加速して行く。

蘭の好みも、その人、その人の変人ぶりで変わってくる。

基本的にそんな世界なのだ。

そんな世界で、そのまた逆、普通に大衆的に戻ろうとする人もいて、観察していると、とても面白い。

自分は世界で1番の変人で、1番の道楽者でいたいと思う。

私は、そんな一面を持った蘭の行商です。

# by 0130hide | 2011-09-08 23:25 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 07日

コラム その2  *初心*

各蘭界でお世話になり30年が経ちます。

元々18の時に富貴蘭と接してはいたのですが、当時はまだ葉あたり幾らの時代。そんな価格表が存在していました。

今の富貴蘭界と比べれば10分の1の愛好者しか居なかったでしょう。
古典園芸界で日の目を見るちょっと前の話です。

当園先代の親父が、観音竹を商っていて、その取引先が大阪の御堂筋、大丸にお店を出されていました。

富貴蘭の注文を貰ったのですが、親父も私も、富貴蘭の富の字も知らず、浜松の天王植木、斉藤さんを訪ね、東出や玉金剛、西出都、金孔雀等の初級品を分けて頂き、注文に間に合わせました。

これが富貴蘭の仕事の始まりでした。

20歳の頃、安城市で日本富貴蘭会の大会が開催される情報を聞き、初めて一人で出向いていったこともありました。

大会のセリで、1本立ち大江丸縞が出て、15万円の声を掛け、1万円差の16万で競り負けた記憶があります。

あの時は、本当に悔しい思いをしました。

知識も自信も相場感もないので当たり前ですが、自分の中では、あの時競り負けた大江丸縞が、今でも最高の木になっています。

# by 0130hide | 2011-09-07 23:24 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 05日

コラム その1  *主観*

図鑑の広告にも書きました、18歳から(現在48歳です。)この業界を観て来ましたが、今の富貴蘭界は、まさに最盛期を迎えていると思います。

初めて韓国に蘭を見に行ったのは25の時、当時ビニールハウスだらけだった町が、今はオフィスビル、地価は何十倍にもなっているでしょう。

蘭屋さんは郊外にみな移っていきました。

30年前の業界は大阪池田の常磐園さん、浜松の天王植木さんが、トップを争っていました。

趣味者のトップは初代会長の藤井清七さんでした。

大阪方面には古い趣味者さんの大棚が沢山ありました。
工藤さん、角谷さん、宮本先生、城崎の木瀬さん、佐藤さん。また静岡県、愛知県にも古いお客さまが沢山いらして、色んなことを教えて頂きました。

その頃から振り返りますと、人も流通している蘭の品種も、まるっきり様変わりしております。

結果、当時人気の金牡丹の黄縞を欲しくて、大阪の角谷さんを訪問していたのが、現在は変わった奄美はないかと韓国に探しに行く。

羆を見たければ、藤井さん。

巧く交渉が成り立たず、日本海の城崎まで車を飛ばし木瀬さん、佐藤さんにお願いしたり。

現在は、豆葉の縞の新しいものはないかと韓国に飛ぶ。

20代毎月関西に出向いていたのが、最近は毎月韓国です。

今の富貴蘭界には30年前では考えられない様な新品種が続々と出て来ており、まさに最盛期。

江戸時代の将軍さんが見たらさぞ、よだれを垂らす様な蘭が、目白押しに発表されて来ています。

最近、他の古典園芸界の業者さん、お客さまに富貴蘭界の様子を聞かれます

。お答えする時はこう言っています。

「20〜30年はイケマス、それだけのネタが沢山ありますから。規模で春蘭界と比べると、100分の1位ですが、業界が小さいだけ、100倍の業界に成っていく可能性があります。それと比較的、歳の若いお客さまが多いいことです。」

これが春蘭界にも身を置き、30年間、日本と韓国を行き来してきました今の、私の主観で御座います。

200年近い歴史の中で、30年間携わっただけの若造の戯言ですので、聞き流して頂ければと思います。   園主敬白

# by 0130hide | 2011-09-05 01:05 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 03日

奄美大覆輪

c0211318_2358898.jpg
c0211318_23575892.jpg
c0211318_23574848.jpg


# by 0130hide | 2011-09-03 23:59 | 奄美系未登録品種
2011年 09月 03日

当園お客様 Kさまの蘭  桃山香(とうさんか)之覆輪

散り斑の豆葉から覆輪に変化し易い品種です。締めて作るとこんな感じになります。
富貴蘭図鑑の写真が余りにもみすぼらしいので、参考になればと思いアップしました。図鑑(P30参照)には無銘で出ています。
c0211318_1753413.jpg
c0211318_17532133.jpg


# by 0130hide | 2011-09-03 17:59 | お棚拝見
2011年 09月 02日

奄美白覆輪  販売済み ありがとうございました。

本当は白覆輪なんですが、光線が強くて天恵化?しています。白に戻ると思いますが、葉幅の有る覆輪で、大型のだらしのない木型にはなりません。子は西出芸で出て来て100%継続します。画像をアップする前に本日、売約になりましたが、念のためお買い上げ頂いたFさまの為にちゃんとした画像をお届け致します。ありがとうございました。
c0211318_0402576.jpg
c0211318_0401411.jpg
c0211318_0514693.jpg


# by 0130hide | 2011-09-02 00:50 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 09月 01日

伊勢矮鶏白縞 

登録品の伊勢矮鶏の縞(聖代)ではなく本伊勢矮鶏の芽変わり品です。実生ではありません。
柄の質と色、根の色等から比較すると都羽二重とにております。結果、継続性は良いです。又覆輪にも決まり易い性質を合わせ持った蘭と云えるでしょう。現存数10鉢以内の極めて数の少ない品種で御座います。少々地味ですが、子にも縞は継続しております。この木、半分は最上柄。真に派手柄が通っていませんので、期待出来る種親に成ると思います。葉幅は大鷹丸の縞の倍あり、端正で良い姿をしています。
c0211318_025711.jpg
c0211318_234212100.jpg
c0211318_2342370.jpg
c0211318_23413167.jpg
c0211318_23412117.jpg
c0211318_23411123.jpg
c0211318_2341152.jpg


# by 0130hide | 2011-09-01 23:57 | 豆葉の縞系
2011年 09月 01日

御挨拶 大観登録によせて     長月吉日

c0211318_1743331.jpg


9月に入り、止まっていた蘭の根も動きだしました。
人間も食欲を取り戻す時期。

蘭にも栄養のある水を与えてみようかと思います。

涼しくなり、らんの流通も活発になってきました。

来週は名鑑の編成と新登録の受付と審査。

当園では大観の登録を予定しております。

いつもでしたら、お客様におまかせしていることですが、「たまには東海園でもしたほうが良いよ」と云われ腰をあげました。

この大観、最初に扱ったのは10年近く前です。
愛知県のお棚で出会い、一目みて惚れ込みました。

登録品の慶賀を覆輪にしたイメージ。
湖東錦を遥かに凌ぐ芸。

葉姿、葉肉も良いし、何より新葉の立ちの色が象牙色で素晴らしいかったです。

株ごと東京上野の展示会に持ち込みました。

最初に眼を付けられた商人さんが井内勇氏、次が森岡武史氏。東西、目利きのお二方です。

特に井内氏は丸ごと譲って貰えないかと云う要望でした。
さすが富貴蘭界の東の横綱、四国山草園の園主さんです。

1本立ちをお二方にお譲りしました。

そんないきさつから大観の人気は始まり、今にいたります。

ここ5年の間に韓国に渡っていた数鉢の大観、そのほとんども日本に持ち帰り、お客さまの所で栽培して頂いております。

私がらんを見て判断する一つの大事な要素として、如何に多くの愛蘭家の方々の支持を仰げて、ロングセラーに成りうるかと云うことを1番大事に考えます。

私の主観に、この蘭はピッタリハマっております。

そして、ここ10年間のこの蘭の動きも、人為的操作なしに、ロングセラーそのものでした。

登録後も多くの愛蘭家の目に触れ、この蘭と親しく接して頂けることを願う次第です。 

                                      園主敬白

# by 0130hide | 2011-09-01 10:43 | 蘭亭 コラム
2011年 09月 01日

三蝶咲きの縞

三蝶咲きの縞、参考の画像。興味の有る方は、お問い合わせください。3年間は継続しているそうです。
c0211318_6191287.jpg


# by 0130hide | 2011-09-01 06:19 | お棚拝見
2011年 08月 31日

花纏 上野の展示会で撮影

c0211318_1041192.jpg
c0211318_0225748.jpg


# by 0130hide | 2011-08-31 10:04 | 特級品
2011年 08月 31日

以前当園で販売した、某お客さまの蘭 3点

海風(うみかぜ)奄美の白覆輪
c0211318_948275.jpg
金剛冠
c0211318_9475352.jpg
c0211318_9474359.jpg
金牡丹黄縞
c0211318_9473163.jpg


# by 0130hide | 2011-08-31 09:52 | お棚拝見
2011年 08月 31日

神威(カムイ) 東海の西出芸 

最近発売しました新企画、富貴蘭図鑑に載っている非常にレアな蘭。
当園では既に、お客様に2鉢納めております。花が咲いていたので参考にアップしました。実生の心配もありませんので、15年位先には登録したい蘭です。。
c0211318_9333855.jpg
c0211318_9332926.jpg
c0211318_9332110.jpg


# by 0130hide | 2011-08-31 09:42 | お棚拝見
2011年 08月 31日

幻日 新企画、富貴蘭図鑑参照してみてください。

幻日の元親です。右の子は販売済みです。左の子は、来春分譲予定です。詳細はお問い合わせください。親木は現在、交渉商談中です。縞木の1本立ちの在庫も御座います。合わさてお問い合わせくださいませ。
c0211318_9284817.jpg


# by 0130hide | 2011-08-31 09:29 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 31日

太極仙 2本子付き  販売済み ありがとう御座いました。

大型の白縞です。根は太いルビーも出します。昨年、韓国で登録済み。初心者の愛蘭家の方でも栽培はしやすい品種。現存数5鉢、10本位です。
c0211318_9135469.jpg
c0211318_9134298.jpg
c0211318_9133464.jpg
親木の参考画像です。右の子は白の良い覆輪に成りそうです。親木の間口は25cm以上あります。展示会ではよく映える蘭ですね。現品は素晴らしいです。こちらは販売済みになりました。ありがとうございました。
c0211318_9132232.jpg
c0211318_9131233.jpg
c0211318_6224872.jpg


# by 0130hide | 2011-08-31 09:22 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 10日

最近人気の古朝鮮 >>>>> 日本名  紫電龍

約3年ほど前、韓国から輸入して、数人のお客様に買って頂いている木です。この木で割子から3年目です。やっと力が乗ってきた感じです。葉が固いせいでしょうか、成長はゆっくりしています。この木に黄縞が出たら他の富貴蘭はいらないくらい。墨、豆葉、黄縞、ルビー根の4芸品、芽変わりしてくれることを切に願いたくなります。以前から渋芸の蘭は、日本より韓国での人気の高かったです。建国殿、吟風など早くから韓国の趣味者の方々は目を付けていたことには関心します。墨の芸と云うのは富貴蘭独特の物です。これを美とみるか、汚れと見るかで価値観が大きく変わってきます。強く墨が入りますと、殆どの品種は矮性化してきます。吟風の矮性に縞の入ったものなどが最近珍重されております。墨が強くなると縞が入りにくくなり、墨が甘くなると木も大型になり縞も入り易くなる。金牡丹なども、これと同じ原理だと私は解釈しております。話は元に戻りますが、この古朝鮮と云う木、枯れた感じで使い込み感のある、古い瑠璃高麗、高麗青磁など探して、合せてみたいものです。    園主敬白
c0211318_1746930.jpg
c0211318_17462978.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 18:29 | お棚拝見
2011年 08月 10日

白牡丹 子が上芸品 親は縞当り1つ 販売済み

c0211318_1750839.jpg
c0211318_17495915.jpg
c0211318_17494510.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:50 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 10日

出芽の美しい大型金牡丹  販売済み 

c0211318_17464976.jpg
c0211318_17464072.jpg
c0211318_17463014.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:47 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 10日

都鳥   ちょっとした美術株 商談済みです。Yさま、ありがとうございました。

c0211318_17442860.jpg
c0211318_17442063.jpg
c0211318_17441096.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:44 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 10日

参考品 韓国のお客様   翆華殿の縞

後冴えで良い味出しています。
c0211318_17392386.jpg
c0211318_17391437.jpg
c0211318_173958.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:39 | お棚拝見
2011年 08月 10日

参考品 価格等はお問い合わせください。

豆葉白牡丹芸
c0211318_1730282.jpg
大波青海の縞変わり
c0211318_17293242.jpg
奄美の西出芸
c0211318_1728187.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:35 | お棚拝見
2011年 08月 10日

入荷予定品 古朝鮮の子、月末に割る予定です。

ご予約済み ありがとうございました。
c0211318_17233185.jpg
c0211318_17232244.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:25 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 10日

入荷予定品 奄美の白覆輪     

親木入荷いたしました。売約済み  F様、ありがとうございました。
c0211318_17165596.jpg
c0211318_1716458.jpg


# by 0130hide | 2011-08-10 17:19 | 販売済 蘭 美術鉢
2011年 08月 05日

自然と野生蘭の新企画から富貴蘭写真集 8月15日発売

これは当園の広告
c0211318_12594488.jpg


# by 0130hide | 2011-08-05 13:00 | 蘭亭 コラム